太陽の女神 月の巫女姫⑤

「まあ照(てる)にも弟がいるの?」
「そうなのよ。大伯。」
斎宮の池のほとりで照と大伯は仲良く話していた。
当初こそ、お互いに照姫 大伯姫もしくは都の姫と呼んでいたが、葉が緑から黄色になる頃には呼び捨てになっていた。
大伯には耳慣れない地方の言葉も多かったけれど、彼女はやはりこの地方一帯を治める氏族の頂点に立つ姫らしく、父の代わりに神事への名代を務めた話を聞かされていた。
お互いに対等な同い年の同性の友人に飢えていたのかもしれない。
明るく賑やかな照と物静かで理性的な大伯-。
似たような境遇だが性格が違うにも係わらず否 違うからこそ、だろうか、二人はとても馬が合った。
そして本日は兄弟の話になったのである。

「一人はまあ貴女に似て物静かでいいんだけど…いや女ならともかく、男があそこまで静かというのもどうかしら?」
言いながら首を傾げる照姫。
妖艶な美貌の割に、言動がさばさばした姫であった。
「まあ。それはいいんじゃないしら?静かなのが好きなのでしょうし。で他にも弟さんがいるという事なの?」
彼女の口ぶりからして、もう一人か二人弟がいそうである。
大伯自身の異母弟は草壁皇子を筆頭に数多くいるが、母方で暮らすこの時代 あまり弟といった感じはしない。
むしろ結婚相手候補である。
故に同母弟は大津一人の彼女にとっては兄弟が多いというのは、羨ましい事だった。
「ええ、末に弟がいるのだけれど、これがもう手が掛かるというか、やんちゃというべきか もうっ!!」
「ふふっ。」
苦労させられているのか、ぷりぷり怒る照が何だか可笑しくて笑ってしまった。
「笑い事じゃないんだから!!あの子の悪戯ときたら 飲み物の壺に蛇入れるわ 皆がよく通る道に穴掘るわでもうっ!!」
どうやら相当な暴れん坊らしい。
「ふふっ。大津も…私の弟もそうよ。かなり元気。まだ小さい時馬に乗りたいって聞かなくて危うく蹴られるとこだったわ。」
「男の子って体力有り余っているわよね。」
「確かにね。」
「あれで双子ってのが信じられないのよね~。」
「え?弟さん達 双子なの?」
「そうよ。そっくりな顔して片方は書物読んですっごく静か 声掛けなきゃ一回も外出ないじゃないかって感じ。
で片割れは探さなくても居場所が分かるくらい大抵騒動の中心にいるのよね。
顔同じだから、性格が違い過ぎて、見れば見る程不思議。」
「へえ。」
美しく明朗な姉である照、物静かで知性派な弟と元気過ぎるくらい元気な末弟-。
(何だか微笑ましい。大津も元気かしら。)
(明日文でも書こう。)
大伯の顔から何か察したのだろう、照は敢えて明るくこう言った。
「ねえ?都の弟さんや知り合いにこの地方の美味しい物送ってあげたら?」
「そうね。」
紅葉の季節、美しい姫二人が寄り添い語り合う-。
それはとても穏やかな日々の一幕であった-。

文と干した果物を箱に納めながら、この地へ越してきてからの日々を振り返る大伯は、笑みを浮かべていた。
(最初、此処に来た時は寂しかったけれど…照もいるし 慣れてきたわね…)
権謀術数渦巻く都での日々より、素朴な伊勢の地の人々 美しい山と海、神に仕える清涼な土地の方が大伯には合っていた。
(大津に会えないことだけが淋しいし、心配だけれど…)
その心配は的を得ていた。
静かに暮らす姉とは対照的に、皇太子(ひつぎのみこ)の座を巡って微かだが少しずつ少しずつ、大津皇子は周囲の思惑に巻き込まれつつあった-。
**************************************************
後書 今回は『姉弟(キョウダイ)』です。
照と大伯は共に長女で弟がいるという事が明らかになりました。
そしてお互いにやんちゃな弟について語り合い仲良くなっていきます。

太陽の女神 月の巫女姫④

皇女が伊勢の地へ下向して来てから早数ヶ月経った。
大伯はすっかりこの土地の生活に慣れていた。
(最近では、祈りの最中に風がそよぐのをより感じる。小鳥の微かな囀りさえも近くで聞こえる。)
清浄な土地でのお務めは、彼女の感覚をより鋭く、精神を透明にしていた。
「風に湿り気を感じる-。明日は雨ですね。この祭事は屋内での準備をなさい。」
「承りました。」
伊勢は気候も良いし、近くの海の景色は美しくて、食べ物も美味しい。
元々自然や静寂を好む彼女にとって嬉しい事だった。
そんな風に平和に日常が過ぎていった或る日の事、転機が訪れる-。

夏に晴天が続き、神宮の周りを囲む木立の陰を彼女は珍しく伴も連れず一人でそぞろ歩きしていた。
(日光で木の葉が、緑が色鮮やかで美しいこと。・・大津は元気かしら・・。)
気が抜けると心はどうしても最愛の弟へ向う。
そうして都の方角へ視線を見遣った際、其処に一人の女性を視界に入れて眼を疑った。
(さっきまであそこには誰もいなかったはず・・。近づいてくる人の気配もなかったわ。)
しかもこの祈り場の周辺は見知らぬ者が入れないように警備されているはずだ。
大伯とて全ての舎人や下働きの者の顔を全て覚えているわけではない。だが・・・。
(こんなに美しい人、一目見たら忘れるわけないわ。)
かの女性は都で数多くの美女を見てきた皇女をして忘れられない程の容姿の持ち主だったのである。
鳥の濡場色の豊かな黒髪、透明でありながら健康さをうかがわせる頬、整った顔立ちに似合う紅い唇。
(華やかで明るくて・・まるで太陽のよう・・。何処の姫君かしら?)
大伯がそう考えたのには訳がある。
まず謎の女性は容貌もさることながら、その衣装の質。
皇族として生まれ育った彼女の眼からしても極上の部類に入る。
おまけに雰囲気が明らかに人に傅くものではない。むしろ反対のそれだ。
雷光のような眼差しに産まれながらにして皇族の姫君として敬られて育った彼女が呑まれそうになった。
以上の事から皇女は、地元の有力豪族の姫君なのでは、と考察したのである。
この時代、後の世と違って、天皇の名は絶大ではない。
形式上は頭を下げていても、実際に治めているのはその土地の有力豪族であり
その氏族の方が、実地では遥かに力を持っている事などよくある事だった。
おもむろに謎の美女は近づいてきて、にこっと微笑んだ。
笑顔もやはりぱっと周りを明るくするような陽気なもので、印象が美女から美少女に変わり幼くなった。
それにより大伯の緊張が一気に解けた。

「初めまして。私は照(てる)。貴女が都から赴任してきたって云う大伯皇女ね?」
「ええ。初めまして。そうです。」

これが後に10年以上の付き合いになる彼女達の最初の出会いであった。

**************************************************
後書 実に5年以上ぶりの更新です(・。・;
ま、待ってる方大変にお待たせ致しました
照と会った大伯皇女の運命の続きを書いていきたいを思っています。

秘められた言の葉

2012.03.14 08:12|CLAMP
3月14日ホワイトデイの当日、小鳩は卒業したばかりの高校の友人2人とファミレスでランチをしていた。
「ねね小鳩ちゃん、それ初めて見るネックレスね~。新しいし」と言ったのは理知的な顔立ちの早苗。
「あ、はい!藤本さ・・じゃなくて清和さんがくれたんです。今朝あの、ホワイトデイだからって。」
「うわーいいな、高そうね シルバー?プラチナ?付いてる石はダイヤ?」
宝石の価値を気にしているのはかなり派手な怜奈。
「さあ?小鳩良く分からないです。」
小鳩にとっては貴金属が何とか付いてる宝石が何かという事はあまり重要ではなかった。
重要なのは、夫となった清和さんがくれたという事。
それだけで彼女にとっては宝物になった。
「しかし、結婚したって聞いた時はびっくりしたけど、ラブラブで何よりだね~。」
「そうそう。もう驚いたし!」
「は、はい。すみません。」
「いや、別に責めてるわけじゃないし。」
ややこしいから、卒業までは黙っておいた方がいい-という清和の助言通り、小鳩は何も言わず卒業式直後に
友人達に打ち明けたのだった。
その時の驚き具合といったら、かなりのものだった。
「「ちょっと見せて~。」」
「あ、はい。」
外して二人に見せる。
「これ鳩だね。」
「あ、本当だ。」
そのネックレスは小さい鳩のモチーフ。目にダイヤモンド、そして羽の端に緑、紫、赤の宝石が付いてる
デザインだった。
「そっか小鳩ちゃんの名前にちなんであるのね~旦那様やるう~。」
「ええ!?そうなんですか!?可愛い鳥さんだとばかり!?」
顔真っ赤にして驚く小鳩。
((気づいてなかったの))
二人して呆れる。小鳩はこういうことに鈍い。
「愛されてるわねえ~。」
「うん、うん」
その後ひとしきり、新婚生活はどうだと冷やかされて楽しい時間は過ぎていった。

「じゃあ、小鳩行きますね。楽しかった~また!!」
嬉しそうに微笑みながら大きく腕を振って小鳩だけ店を後にした。
最初から昼だけという約束だったので、早苗も怜奈も笑顔で見送る。
そして彼女の姿が完全に見えなくなった頃。
後ろの席に声を掛けた。
「という訳だから諦めたら?木内君」
「うん。もう無理じゃない?」
「るせっ!」
そこに居たのは高校時代のクラスメイト・木内。酷く打ちひしがれた顔をしている。
彼はずっと小鳩が好きで卒業式に告白しようと思っていたのである。
しかしまさかの「結婚しました」発言によって出鼻をくじかれていた。
いきなり過ぎて、諦められなかった。
彼女自身が後見人みたいな事を言っていたので、藤本の事はただの兄代わりだと思っていたのだ。
同じく急な話過ぎて、お人好しな小鳩を心配している二人に頼み、本当に彼女は結婚して幸せなのか、
騙されてないのかをそれとなく確認してもらったのだ。
もしも、不幸せなら、自分にもまだチャンスがあるとも思った。
「そりゃ、10以上も年の離れた人と高校卒業した途端、結婚なんて
遺産目当てじゃないかって心配したけど、全然違うみたいだし。」
「だよね~。何より小鳩っちが幸せそうだし。」
「・・分かんねえだろ、まだ」
「だってあんな高価なネックレスがチョコのお返しだよ?大事にされてるじゃん!」
「ただ金があるだけかもしれないだろ!」ふてくされてく木内。
「それだけじゃないわよ。」と一人感心したような早苗。
「え?何?早苗他にも何か気付いたの?」
「あれね、アンティークジュエリーよ、きっと。・・やるわね。」
「何だ??それ?」
「え?何それ?」
「あのね、鳩は小さくて小鳩ちゃん自身を示してるでしょ!?」
「うん。そうだね」
「だから後は宝石なの。」
「「?」」
早苗は傍らのナプキンを取り出し、ボールペンで何やら書きだした。
Diamond
Emerald
Amethyst
Ruby

「これ、さっきのネックレスについてた宝石だよね。」
「うん。これのね、頭文字を繋げてみて。」
「「頭文字??」」
「そう、つまりDiamondはD、EmeraldはE、AmethystはA,RubyはR」
「あ~!!DEARになるよ。」
「そうそれにモチーフ併せるとね」
「えええ~!」

Dear 小鳩
~愛する小鳩へ~
宝石に秘められた言の葉。

「しかも、小鳩ちゃん自身には何にも言ってないところが、また。」

夜の水族館 ~リクエスト小説~

2012.02.10 01:42|CLAMP
彼が来ない。

今日は藤本さんとの初デートの日。
昨日から、うきうきわくわくして仕方なくて、何度も服を選んだ。
頑張ってお洒落もした。
よく遅刻する自覚もある小鳩だが、デートにしては少し遅い14時待ち合わせというのもあって、時間通りに来たのだ。
なのに肝心の彼が来ない。

約束の時間から30分過ぎた頃、小鳩はさすがに不安になってきていた。
「どうしたんでしょう・・?」
うっかりの小鳩自身ならともかく真面目で几帳面な彼が事前に連絡もなしに遅刻など考えられない。
「急ぎのお仕事、でしょうか・・?」
いや緊急な案件であっても彼は連絡をくれる人だ。
電話しても留守電サービスに繋がるばかり。
メールして連絡を待つことにした。
待ち合わせの公園のベンチに腰掛けて項垂れる。
(…藤本さんに何かあったとかじゃないですよね?)
(事故とか…。)
(小鳩、とても楽しみにしてきたんですけどね…。)
彼への心配と楽しみにしてきた事が無しになりそうな落胆感が混ぜ合わせになって、ひどく
泣きたくなる。
2時間経っても連絡がつかず、でも彼が来るかもしれないという思いから
帰ることもできず、夕方の公園で遂に、小鳩の眼からぽろぽろと涙が溢れ出た。
(どうしましょう…。)

その時携帯電話が鳴った。
表示された着信は藤本清和。思わず反射的に電話に出ていた。
「…は、はい!もしもし、小鳩です!!」
「お前何やってるんだ!?」
「え、約束通り公園にいます。藤本さんこそ・・」
どうして約束通り来てくれないのか、問いかけようとしたのだが、彼の声に遮られる。
「明日だろう!?」
「え?」
「出掛けるのは明日の22日だろうが!」
「だって来週の日曜日って・・!」
慌ててスケジュール帳を捲りながら答えると、22日は確かに日曜日。
しかし手元のスケジュール帳には21日の欄にデートの記載。
・・・どうやら書き間違えたらしい。そしてその曜日間違いにも気付かなかった。
「今日が土曜日だろう?ったく」呆れた様な藤本の声が響く。
「そ、そのようです・・。とほほ」
「で、お前まだ公園にいるのか?」
「は、はい。すいません。」
「よく待ってたな。」ほんの少し藤本の声が優しくなった、様な気がした。
「はい。もしかして藤本さんが遅れてくるかも、って思って。」
「お前じゃあるまいし。」
「うっ。」御尤もな突っ込みに唸るしかない。
「…それで涙声なのか」
その小さな小さな呟きは、彼女の耳には届かなかった。
「え?」
「いや、何でもない。…じゃあドジなお前の為に、これから遊びに行くか。」
「あの、でもお仕事は…!?」
「今終わった。明日行くはずだった水族館前に17時までに来られるな?」
今16時過ぎ。水族館はここから電車で30分のところにある。
駅までの歩きの時間を考えても小鳩は行ける。
「は、はい!行けます!!」
「あの、でも水族館もう閉まってしまうんじゃ・・!」
約束している水族館に小鳩は小学校の遠足で行ったことがあった。
閉館時間は17時だったはず。

「ああ、大丈夫だ。今あそこの水族館、夜間営業してるから」
「え?そうなんですか?藤本さんよくご存知ですね。」
「まあな。じゃあ、俺もこれから向かうから。」
明るくなった彼女の声に安堵しながら、電話を切る。
再会してからこっち色んなドジを見続けてきたが、今回「日にち間違い」という項目が新たに加わった。
(しかし、外出前に聞いた話が意外なところで役に立ったな。)
昼休みにアシスタント事務の女性数人が話していた、最近流行の夜間営業。
会社帰りの社会人やカップルなど大人をターゲットにした、美術館や水族館でのナイト営業。
通常の入場料より少し安めな料金設定があったり、夜ならではの催しをしたりして客を取り込もうという
施設側の集客アイディアらしい。
その話の中に明日行く予定だった水族館の名前もあったので、記憶に残っていた。
(確か夜ならではの生態を見るという名目で懐中電灯片手に回るとか言ってたな・・。)

「ナイト☆アクアリウムへようこそ!!」
結局17時過ぎに無事合流した二人。
その際にお約束の二人のやり取りがあったのは言うまでもなかったりする。
ナイト☆アクアリウムという名前で、催されているのは
水槽照明はもちろん、魚名板から観覧通路の明かりまで消えて、文字どおり真っ暗な水族館。
その中を観客は入口で1人に1本ずつ渡されるLED懐中電灯を片手に、自分自身で水槽を探しながら観覧する
という方法だ。
夜の魚の生態も見られるし、昼と違う雰囲気も新鮮だ。
スリルを味わえるという点でもなかなか良い。
がそこは、小鳩。
「藤本さん藤本さん!あそこのお魚さん光ってます~♪ っきゃあ!?」
「おい、大丈夫か!?」
「ひゃ、はい。ありがとうございます~。」
そう明るい昼間でさえ、何もない所で躓く彼女がそんな暗さの中、ドジしないわけなかったのである。
「・・・何度やるんだ?」
かれこれ10回以上は転びそうになる彼女をすんでのところで助け起こしてる気がする。
「今度は気をつけます!!」
「その台詞も何度目だ?」
「うう・・藤本さんはいじわるです~!」
「きりがないな。」
そう言うなり藤本は小鳩の肩を寄せた。
あまり人前で手を繋いだり接触するのを苦手としている彼の珍しい行動に、彼女は眼を丸くする。
「・・・・今日は特別だからな。」
わざとぶっきらぼうに言う藤本の横顔が少し赤いのは気のせいだろうか。
彼らしい言い草と優しさに、小鳩は嬉しくてたまらなくなってしまった。
頬が緩むのを抑えられない。
「はい!!」
そう言いながら小鳩は自分から藤本に寄り添っていった。
(小鳩、幸せです!)
******************************************************************************************************
2周年企画リクエスト小説
ツンデレラ様の「藤こばで初デートor初デートの約束に至るまで」です。

ツンデレラ様へ
本当にお待たせいたしました~。><
どうぞ、楽しんで下さいませw
お気に召したら、お持ち帰りして頂いてOKです*^^*
何でしたら、この続き書いて頂いても・・・!!(←図々しいから)

初詣の願いと祈り

2012.01.13 11:39|CLAMP
「おい、もう出掛けるぞ。」
身支度を整えた藤本が小鳩に声を掛ける。
本日は元旦。
二人が夫婦になってから初めての「初詣」になる。
「あ、はい!っきゃあ!」
「おい 危ない!!・・・ったく、マフラーちゃんと巻いとけ。」
例によって自分の長いマフラーで躓きすっ転びそうになる彼女を
慣れた仕草でフォローする藤本である。
そんな恒例のやりとりを正月から交わしながら、近所の神社へやってきた。
近辺では大きい部類に属するこの神社は、さすがに正月の午前中は混んでいる。
体の小さい彼女は人混みに圧倒されそうになる
けれど、はぐれない様に、何とか藤本に必死でついていくが段々きつくなってきた。
そうしたら彼は無言で腕を引っ張ってくれた。
「・・・危ないからな。」
普段は照れて人前で触れてくれない彼が示す、この優しさに自然に笑顔になる。
「はい!!」ぱあと花が咲くように笑う小鳩を見て、藤本もつられて微笑んだ。

賽銭を投げ、パンパンと手を合わせ、願い事を頭に思い浮かべる。
しかし脳裏によぎったのは去年の元旦の事だった。
去年の元旦もこの神社に参拝した。
藤本さんの前で少しでも綺麗になりたくて、振袖を着たがよく躓くし、歩き方がよく分からなくて
階段の多いこの神社で足を痛めてしまった。
結局藤本が背負ってくれての帰宅になってしまった。
(今年こそ藤本さんの迷惑にならないようにしなければ・・!)
そこでつらつら思いだしながら、はてと思う。
(そう言えばあの時は何をお願いしたのでしょうか?)
あの時は確か・・。

『藤本さんのお嫁さんになれますように』


(そうでした。小鳩の願いは叶ったんです。)
神様 神様 ありがとうございます。
小鳩の願い 世界で一番好きな人のお嫁さんになること。
そして彼の傍にずっといることは叶いました。
ありがとうございます。


そして願いが叶ったと自覚したと同時に仮初めの肉体と記憶で奮闘していた時の事を思い出していた。
「いおりょぎさん・・。」
事情をすべて把握し、ずっと彼女の心配をしてくれていた彼にこの幸せを伝えたい。

神様 神様
今年のお願いは・・
『いおりょぎさんに会えますように』

叶った願いに感謝を これからの願いに祈りを捧げる-。
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

30代OLが歴史・節約・日頃・二次小説のことを書き綴っています。 コメント大歓迎★ ですが、宣伝や本文に何も関係ないもの もしくは激しく不愉快、コピペ等、そういった類は、私の判断により 誠に勝手ながら削除の方向です。楽しく語りたいです♪ 二次創作小説もありますが、このサイトは個人作成のものであり、原作者・出版社とは一切関係がありません。私なりの解釈を加えた二次小説もございますので自己責任でご覧になって下さい。

雪月花桜

Author:雪月花桜
タイトル通り歴史大好きな女がブログしてます。
歴史を元にした小説なんかも大好きでそれらについても語ったり、短編なんか書いてみたいです。
現在それ以外でも二次小説をupしておりますし、OLなりの節約・日々の徒然を語っています。

カテゴリ

最新記事

FC2カウンター

最新コメント

シンプルアーカイブ

検索フォーム

リンク

当サイトはリンクフリーです。 リンクして頂けたら喜んで伺いますw

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる