マリーアントワネット展 <ヴェルサイユ 宮殿 監修>

東京の森アーツセンターギャラリーで開催していたマリーアントワネット展へも行ってきました~(*´▽`*)
何と平日なのに70分待ちorz スマホ持ってて良かった ゲームで時間潰し(笑)
後に90分待ちにまで膨れ上がってた💦
すごい人気(゚Д゚;)

さて、音声ガイド 木村佳乃 が現代の私たちとマリー・アントワネットの時代を橋渡し。
マリー・アントワネット役に女優 花總まり。そして、語り役、フェルセン役ほかには、声優 平川大輔と豪華キャスト☆彡
親友に宝塚大好き子が一人いるのですが、まさにリアル宝塚!!
聞かせてあげたかった・・!!お、お土産買ってこう うん(;^ω^)

写真撮影禁止ですので、写真ありませんが、絵やコレクションに加え宮廷のしきたり説明があってかなりリアル。
出産も公開とか、えええ~みたいな慣習がありました。
漆器コレクションもありました。母親の女帝からの遺品でも漆器を受け継いだそう。
日本人としては嬉しいヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪
一番感心したのが手紙です。フェルゼン宛てや最後の手紙 義妹宛てのとかありました。
あのベルばらにも書かれていた手紙の原文が此処に・・!!Σ(・ω・ノ)ノ!って感じです。


最大の見所は、マリー・アントワネットのプライベート空間、「プチ・アパルトマン」を、 王妃が実際に使った家具や同時代の浴槽などとともに原寸大で再現した展示。写真OKな唯一の場所 寝室です↓
ヴェルサイユ宮殿以外で、この規模の空間再現がなされるのは、史上初の試みとか。
マリーアントワネット展示 1
マリーアントワネット展示 2
マリーアントワネット展示 3

<おまけ> 観終わって 52Fから東京の眺めでほっと一息(*´▽`*)
52F 森アーツセンターギャラリー

赤坂離宮⑤~衛舎~

正門から本館へと向かうエリア 広い!そしてやっぱり松がたくさーんΣ(・ω・ノ)ノ!
赤坂離宮 正面


正門から本館へと向かう左右(東西方向)に建つ旧衛士詰所。写真は西衛舎。
シンメトリーで双方とも23.3×6.4m、地上1階地下1階、寄棟造り、スレート葺き。
これも何と国宝指定(゚Д゚;)
西衛舎

これにて赤坂迎賓館の記事は終了~。
いやリッチな空間で非常に楽しかったです♪
東の間や和風別館(予約必須 抽選)とかも観たかったな~と思いつつも、大・満・足(≧▽≦)

赤坂離宮④~主庭と噴水~

主庭は全面砂利敷きであり、中央には噴水池や花壇が設けられている。
大統領や女王など国賓級の人の植樹したものがあったり、沢山の松が植えられている。
絵になる噴水と花壇をupしてみたり♪
赤坂離宮 噴水

赤坂離宮 庭

赤坂離宮③~朝日の間と羽衣の間~

欧州産の各種大理石がふんだんに用いられた階段とホール<中央階段・2階大ホール>(ここも豪華(゚Д゚;) 特に大理石を磨いた鏡張り?って言うのがめちゃ綺麗)を通り過ぎて、入るのは本日2/14まで特別公開している朝日の間です。
都内にお住いの方なら今日まで見れますよっ ダッシュ(笑) この後改修工事するので、当分見られなくなります。

***朝日の間(あさひ-の-ま)***
名称は天井に描かれた「朝日を背にして女神が香車(チャリオット)を走らせている姿」の絵に由来します。
周囲の16本の円柱はノルウェー産の大理石。
室内は古典主義様式であり、壁には京都西陣の金華山織の美術織物が張られています。
広さは約200平米ある。国・公賓用のサロンとして使われ、ここで表敬訪問や首脳会談などの行事が行われている。

朝日の間 


-----------------------------------------------------------------
ここも見応充分!!というよりずっと金襴豪華な物見ていると感覚が麻痺してくる不思議さ(笑)
床には紫色を基調とした桜花がの緞通が敷かれています。
これが何と1億円(゚Д゚;)だそうな。


***羽衣の間(はごろも-の-ま)***
名称は天井に謡曲の「羽衣」の景趣を描いた300平方メートルの曲面画法による大壁画があることに由来している。
室内は朝日の間と同様、古典主義様式。
正面の中2階には、オーケストラボックスがある。
これは、羽衣の間が舞踏会場として設計されたからである。
迎賓館の中で最も大きいシャンデリア(重量800キログラム)がある。
この部屋は、雨天の際に歓迎行事を行ったり、また、晩餐会の招待客に食前酒や食後酒が供されるところである。
羽衣の間


-----------------------------------------------------------------
そろそろお腹いっぱいになってきました(爆
「こういうお部屋一部屋でもあったら、優雅な気分になれるんだろうな~」と呟いたら
通りすがりのおば様に「掃除が大変よ。」って最もなツッコミを頂いた(;^ω^)
確かに・・!!というか何処もかしこも美術品やら金細工やらで、掃除するのも技が要りそうな気がしてならない。
ここも上ばかり見る(笑)

でも美術好き 建物好き 執事の館みたいに優雅な気分になれるの好き な私にとっては、とても楽しい時間でしたヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪
まだ一般公開やっているので、赤坂迎賓館 是非ともお勧めです°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

赤坂離宮②~彩鸞の間と花鳥の間~

赤坂迎賓館 中でございます(*^▽^*)
写真は撮影禁止なので無念ながら、ガイドブック写真とその説明を少しコンパクトにして説明(笑)
そして回った順番忘れてしまい、順不同です(⌒▽⌒)アハハ! 多分 up順かと思うのですが・・。

***彩鸞の間(さいらん-の-ま)*** *此処が最初だっていうのは覚えてます。
名称は左右の大きな鏡の上と、ねずみ色の大理石で作られた暖炉の両脇に、「鸞」と呼ばれる架空の鳥をデザインした金色の浮き彫りがあることに由来している。そして、10枚の鏡が部屋を広く見せています。
室内は19世紀初頭 フランスで流行したアンピール様式であり、白い天井と壁は金箔が施された石膏の浮彫りで装飾されている。
この部屋は、表敬訪問のために訪れた来客が最初に案内される控えの間として使用されたり、晩餐会の招待客が国・公賓に謁見したり、条約・協定の調印式や国・公賓とのインタビュー等に使用されている。
-----------------------------------------------------------------
実際に色んな国との調印式等の様子の写真が飾ってありました。
もう、豪華絢爛で度肝抜かれます(笑)

彩鸞の間(さいらん-の-ま)

***花鳥の間(かちょう-の-ま)***
名称は天井に描かれた36枚の絵や、欄間に張られたゴブラン織風綴織、壁面に飾られた濤川惣助作の『七宝花鳥図三十額』に
花や鳥の絵が描かれていることに由来している。
室内はアンリー2世様式であり、腰壁は茶褐色のジオン材を板張りしており、重厚な雰囲気を醸し出している。
この部屋は、主に国・公賓主催の公式晩餐会が催される大食堂であり、最大約130名の席が設けられている。
第12回主要国首脳会議(G7)はこの「花鳥の間」で実施されました。
---------------------------------------------------------------
花鳥の間

この『七宝花鳥図三十額』がですね、もう凄いんです。
日本画にガラスコーティングしたか額縁に入れてあるようにしか見えないのに、なんと七宝とわΣ(・ω・ノ)ノ!
シャンデリアも迎賓館の中で一番重く見応えありました。
その重さ何と、1125KG 1トン以上(゚Д゚;)
うん、素敵だけど、今地震起きたら下敷きになるわねと密かに考えたり(∩´∀`)∩
しかも、絵もシャンデリアも天井にあるので、皆して上見るという光景に(笑)
sidetitleプロフィールsidetitle
30代OLが歴史・節約・日頃・二次小説のことを書き綴っています。 コメント大歓迎★ ですが、宣伝や本文に何も関係ないもの もしくは激しく不愉快、コピペ等、そういった類は、私の判断により 誠に勝手ながら削除の方向です。楽しく語りたいです♪ 二次創作小説もありますが、このサイトは個人作成のものであり、原作者・出版社とは一切関係がありません。私なりの解釈を加えた二次小説もございますので自己責任でご覧になって下さい。

Author:雪月花桜
タイトル通り歴史大好きな女がブログしてます。
歴史を元にした小説なんかも大好きでそれらについても語ったり、短編なんか書いてみたいです。
現在それ以外でもコナン・CLAMP・彩雲国、天河などの二次小説をupしておりますし、OLなりの節約・日々の徒然を語っています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleお勧めサイトwsidetitle
私がいつも使用しているお勧めポイントサイト☆
マクロミルへ登録
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle
BLOGの感想・連絡はコメント欄が返信早いですが、こちらでも受け付けております。 お仕事も募集中です(≧▽≦)

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleリンクsidetitle
当サイトはリンクフリーです。 リンクして頂けたら喜んで伺いますw
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleランキングリンクsidetitle
参加している人気ブログランキングです。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ