ロシア旅行⑱赤の広場 聖ワシリー寺院と国立歴史博物館

2017.09.10 10:48|歴史
クレムリンを出た後は赤の広場。
ソ連時代の象徴のような此処ですが、実は赤の広場の”赤”は社会主義とは関係なく、ロシア語の”赤い”が古代スラブ語では”美しい”という意味でした。
つまり本来の意味は美しい広場という意味。

イワン雷帝によって建てられた、ひときわ綺麗な聖ワシリー寺院。
赤の広場 聖ワシリー寺院2

聖堂前に建てられている青銅像は、モスクワをポーランド軍から解放した英雄、ミーニン(何と商人)とポジャルスキー(スーズダリ公)です。
赤の広場 聖ワシリー寺院1

面して建つのはモスクワを代表する国立歴史博物館。
何だかチョコレートケーキのような感じ(笑)
チョコレートの美味しいロシアらしい建物かも(^O^)
赤の広場 国立歴史博物館

ビザがいるし、半日掛かりだしですが、天候に恵まれ中々良い旅でした~(*^▽^*)
これにてロシア観光編は一旦完了でございます。
読んで頂きありがございましたm(__)m

ロシア旅行⑰クレムリン ウスペンスキ-大聖堂他

2017.09.09 21:40|歴史
クレムリンの中央に立つ大聖堂 ウスペンスキ-大聖堂でございます(≧▽≦)
クレムリン ウスペンスキ-大聖堂 正面

ウスペンスキ-大聖堂は、このフレスコ画が非常に綺麗で見応え充分です。私好み~°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°
中のシャンデリアも豪華です。ナポレオン軍が盗み出した300kgの金と5トンの銀を奪い返して作ったと言われているとか。
クレムリン ウスペンスキ-大聖堂

イワン大帝の鐘楼
昔、モスクワの中でも最も高い建物だったそう。
イワン大帝時代、この建物より高い建築物を建ててはいけなかったんだとか。
クレムリン イワン大帝の鐘楼

元老院(ロシア連邦大統領府)です。
かつてはレーニンも住んでいたとか。今は大統領が此処で仕事をしている時は旗が掲げられるそう。
クレムリン 元老院(ロシア連邦大統領府)

ロシア旅行⑯クレムリン 武器庫とダイヤモンド庫

2017.09.08 12:38|歴史
モスクワ最大の観光名所。
ロシアの政治・宗教・文化の中心でもあるクレムリンでございますヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪
こちらも空港ばりの手荷物検査をクリアし(ロシアって美術館とか宮殿こういうの多い 行っているのが世界遺産ばかりだから? しかもA4サイズ以下の鞄でないといけない リュックは不可)し歩いていくと、出発点となるトロイツカヤ塔がそびえ立っています。
クレムリンの望楼の中では最も高い塔だけあっても見上げるx2.
クレムリン トロイツカヤ塔

予約時間があるので、「写真撮影は後で!」というガイドさんに連れられ足早に、最初は武器庫とダイヤモンド庫へ。
クレムリン 武器庫

此処は写真撮影NGなので皆様にお見せ出来ないのが残念なのですが、武器庫と言う名の博物館で沢山の歴史的価値のある金や銀器のコレクションや武器・武具のコレクション、衣装、王冠などのコレクションがありまして、歴史好きにはものすごく見応えありました(≧▽≦)

宮廷馬車が幾つも展示してあったのですが、かの派手好きなエリザヴェータ女帝のがやはり一番華麗で女性的で私も好きでしたww
アンナ女帝の王冠がもう宝石びっちり(他のも、似たりよったりですけど(笑))で肩凝りそう(所詮庶民の感想)とか思ったり
ロマノフの玉座も絢爛豪華だけど堅そうだなと思ってしまいました(正直過ぎ)
エカテリーナ2世の戴冠式ドレスもあって、(´ー`*)ウンウンでした。

ダイヤモンド庫は更に兵士が脇にあるゲートをくぐり抜け(何度もセキュリティがありますね💦)、入ったらインゴッドの塊やダイヤモンドの加工過程や有名な世界一大きなダイヤモンド オルロフがありました。何と2kgで190ctですΣ(・ω・ノ)ノ!
このオルロフ ムガール帝国で発見され王子がその所有者であったと伝えられています。
その後紆余曲折あり色んな人の手を渡り、エカテリーナ2世の愛人 オルロフが女帝の愛情を取り戻そうと彼女に贈ったと伝えられいます。
王錫に付いていたのですが・・世界最大という謳い文句に期待し過ぎたのが意外と小さく感じてしまいました(;´∀`)
それよりも他のロマノフ王朝の至宝や巨大なサファイアを使った首飾り、コロンビアのエメラルド・トパーズ等の装飾品の方が綺麗で豪華で見応えとインパクトがありました。

出口にも兵士がおり、少しでも大きい声で喋ると注意される+一定時間にならないと扉を開けてくれないという徹底ぶり(;´Д`)
身が引き締まりました ええ。
でも目の保養にはなりましたのでお勧めです°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆
˖°

ロシア旅行⑭ノヴォディッチ女子修道院

2017.09.06 22:52|歴史
世界遺産であるノヴォディッチ女子修道院。
近所に暮らしていたチャイコフスキーがこの湖を見てかの有名な『白鳥の湖』の構想を練ったと言われている場所です。
2日前、サンクトペテルブルクで、ロシアバレエ 白鳥の湖を至近距離で鑑賞したばかりだった私としてはちょっと感慨深い。
白鳥の湖1

可愛い像www
白鳥の湖2

ロシア旅行⑬セルギエフ・ポサード

2017.09.05 22:24|歴史
サンクトペテルブルクから高速列車『サプサン号』で約4時間でモスクワに到着~ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪
Super Expressって謳ったけど、全然Superじゃなかった日本の急行レベルでした。
新しく綺麗な座席は新幹線を彷彿とさせて想像よりも快適でしたがww
(ただ本数の少なさには(゚Д゚;))
この日は移動に費やされ、次の日もちょっと遠出。
モスクワから北東70km行った場所にある宗教都市:セルギエフ・ポサードです。 

雰囲気のある入り口。
セルギエフ ポサード1

無駄に格好いい 土産物屋さん(笑)
セルギエフ ポサード2

三位一体。
セルギエフポサード

ウスペンスキ-大聖堂。
セルギエフポサード ウスペンスキ-大聖堂

聖人が叙されている。
セルギエフポサード5

中世 城塞都市に迷い込んだかのような気分になりました。
敷地の広さ、城壁、建物、内部の装飾がそう思わせる雰囲気に満ち満ちていました。
もう少しいたかった!!モスクワで渋滞にならなければ・・・><
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

30代OLが歴史・節約・日頃・二次小説のことを書き綴っています。 コメント大歓迎★ ですが、宣伝や本文に何も関係ないもの もしくは激しく不愉快、コピペ等、そういった類は、私の判断により 誠に勝手ながら削除の方向です。楽しく語りたいです♪ 二次創作小説もありますが、このサイトは個人作成のものであり、原作者・出版社とは一切関係がありません。私なりの解釈を加えた二次小説もございますので自己責任でご覧になって下さい。

雪月花桜

Author:雪月花桜
タイトル通り歴史大好きな女がブログしてます。
歴史を元にした小説なんかも大好きでそれらについても語ったり、短編なんか書いてみたいです。
現在それ以外でも二次小説をupしておりますし、OLなりの節約・日々の徒然を語っています。

カテゴリ

最新記事

FC2カウンター

最新コメント

シンプルアーカイブ

検索フォーム

リンク

当サイトはリンクフリーです。 リンクして頂けたら喜んで伺いますw

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる