太陽の女神 月の巫女姫⑦~再会~

「お久し振りです。姉上。」
弟:大津との再会は突然だった。
朱鳥元年9月 父が崩御したと伊勢にいる彼女の耳に届いた頃、前触れもなくやってきた。
「大津…!!!貴方どうして!?」
天皇の葬儀が延々と続いている大事なこの時期に、身内でさえ来てはならぬこの神聖な地に参るとは…!!!
皇太子ではなかったといえ若くして政治にも参加している皇子がやるべき事ではない。
けれど。
「会いたかっただけです。姉上に会いたかっただけなのです。」
何かを飲み込んだような顔でそう返す弟にそれ以上は責めるような言葉は言えない。
「そう。何年ぶりなのかしら。大きくなって。顔をよく見せて…。お祖父様に似てきましたね、大津。」
「自分では然程と思わないのですが、そうですか?」
「ええ。」
「…姉上こそ、微かに覚えている母上にそっくりです。」
弟の様子から察するに都は、大伯皇女が想像するよりも切羽詰まっているらしい。
有馬皇子、大友皇子-!
権力争いに敗れ殺されたり自死したかつての皇族の名前が浮かんでは消えていく-。
旅疲れもあるだろうからまた明日話を聞こうと思い、取りあえず秘かに用意させた寝所に弟を案内してから夜の斎宮をひっそり歩く。
「文読んだわ。」
篝火に照らされた黒髪が艶やかな照姫が其処に待っていた。
「いつもながら見事ね。」
この十数年 斎宮を警備する舎人や下働きの者にすら存在を気取られず、いつもこっそり来ては帰っていく。
(こんなに艶やかな美女なのに、存在感を消してしまえるなんて、凄いとしかいいようがないわね。
体術でも嗜んでいるのかしら?)
「ごめんなさいね。こんな夜半に呼び出して。」
「いえ、いいのよ。大体分かっているから。天皇の崩御よね?」
「ええ。」
「より正確に言うならそれによる政治状況の変化。情報は仕入れてきたわ。」
流石この辺り一帯を取り仕切る一族の長姫。
「結論から言うとかなり不穏な空気よ。周りの豪族は以前の乱と同じくどちらに味方するかで紛糾しているわね。」
草壁皇子が皇太子となり、一応は決着した後継者争いだった。
だが血統的に同等の大津が朝廷の政治に参加した事により、その皇位継承が半ば白紙化した事を意味していて皇后側がかなり警戒し、臣下や地方も固唾を飲んで成り行きを見守っているらしい。
「そんな事に…。」項垂れるしかない彼女である。
「「似ているわね。」」二人の声が重なった。
皇女の思考は過去に巡る。
かつて壬申の大乱の際に、味方が集まらなかった父は当初かなり苦戦した。
真っ先に指示してくれたのが、この伊勢だったのである。
その後、彼の軍勢は一気に数万に膨れ上がり、その勝利へと繋がった。
すなわち、壬申の乱の勝利は伊勢神宮のご加護であったのだと信じられ、それ故に大伯皇女自身が斎王としてお仕えする事になったのだ。
権力争いで追われた皇子が伊勢の地へ。
神の加護を我が方に引き入れようとしている-!?
(確かに私は伊勢の斎王。でもそんな権限はない。)
今の斎宮は朝廷側の人間で固められているし、大伯自身の霊力も然程高い方ではない。
(大津は助けを求めているのかもしれない。出来るなら助けてやりたい。でも何もしてやれない。)
しかも此処に来たことが却って反意ありと見做されても可笑しくない。
祖父譲りの政治力を持つ、最高権力者の皇后が其れを見逃すだろうか-!?
(保護者であった父上はもういない。)
「あの時と情勢が違う。父は吉野に逃れる前、長年朝廷で働いてきた実績があった。だから伊勢の豪族が味方してくれた。でも…。」
父が政治への参加を認めたならば、大津には才覚はあるのだろう。
だが時が圧倒的に足りない。何かを為すには、信用を築くには絶対的に必要なものが弟には与えられていなかった。
「ああ、そちらの”似ている”なのね。」
「え?照は違う事を思い浮かべたの?」
「私が思い浮かべたのは、小碓皇子よ。」
「?」
「倭建命(やまとたけるのみこと)の方が通りがいいかしらね。」
随分昔の話をすると疑問を顔に浮かべた皇女に照姫は語り出す。

西征から還ってすぐに、軍兵の補充もないまま今度は東征を命じられた倭建命(やまとたけるのみこと)が
失意のまま、五十鈴川(いすずがわ)のほとりにある磯宮(いそのみや)に住まう叔母・倭姫命(やまとひめのみこと)の元を訪ねた。
「父上は私が死んだらよいと思っておいでなのか。」
身体も心もぼろぼろになり、嘆く若い甥の気持ちを思うと倭姫の胸はきりりと痛んだ。
(兄上も酷な事をなさる。老いた自身に取って代われられると思うてか。)
彼女はせめて、皇子の身を守る為にと、神宝・草薙剣(くさなぎのたち)を手ずから与えてくれたのだった。
霊力を込めたそれは火攻めにあった時、見事に役に立って、持ち主を救ってくれた。

「ね?最高権力者に睨まれた優秀な皇子。身内の斎王に助けを求めてくる-。第三皇子ってとこまで同じだと因縁めいてるわね。」「確かに…。でも随分昔の話、良く知っているわね。」
大伯は伊勢へ赴く斎王として口頭で教えられたが、皇族でも知らない人がいる歴史 である。
(その内、歴史書として編纂したいと父上は仰っていたけれど。)
「あら何言っているの?私が知らないわけないじゃない?」
あっけらかんと言い放つ照。
確かにこの地方を治める一族の姫なら語り継がれていても可笑しくない。むしろ自然ですらある。
「特に倭姫は、宇陀(うだ)近江、美濃を巡り、最後に伊勢の国に磯宮…今の斎宮を建てた行動力のある姫様じゃない?私好きよ。」
「本当に良く知っているわね。」皇女はほとほと感心した。
「話を戻すわね。似ているでしょう。…救いを求めてきたのね。」
だがそうやって窮地を脱したかの皇子でさえも、結局は父帝の無理な要求に病没している。
(どうしよう。都の様子が肌で分からないにせよ、暗い未来しか見えない…!!!)
「でも私には何の力もない…!!!母上さえ生きて下さっていたら…!!!」
無力さに思わず今まで口にしなかった事を言う。
そう、姉弟の母 大田皇女は皇后の同母姉。
生きてさえいたら、皇后になり、その所生の大津の立太子はほぼ確実。
「どうしたらいいの…!!!」
「話を聴いてあげる事よ。」
「でも!」
「小碓皇子もね、別に倭姫に兵士を貸して欲しいとかそういう理由で訪れたんじゃないわ。
ただ魂の叫び つまり、嘆きや怒りを誰かに聴いて欲しかったのよ。
そういう意味での”助け”を求めているのだと思うわ。」
「それかただ身内の顔が見たい 声が聞きたいって言うだけかもしれないわ。
それだけで安心するもの。」
実質的な助けは出来なくとも精神的支えになる事は出来るという照に励ましに明日沢山話を聴いてあげようと深く頷く大伯であった。

**************************************************
後書 今回一気に時間が進み、天武天皇崩御です。
そして色々溜まりかねて、斎王の姉の元に行ってしまう大津皇子でした。
それとリンクして悲劇の皇子s編でもあります。
拍手やコメント頂けるととても励みになりますヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

太陽の女神 月の巫女姫⑥~婚姻~

都からの便りにはいつもと違う事が書いてあった。
「大津が妻を…。」
「浮かない顔ね。可愛い弟が妻問いして淋しい?」
何でもない事のように、大伯の顔を覗き込む照は、明るく問いかける。
だがその眼差しには自身に対する気遣いを感じた大伯はふっと微笑んだ。
ここ数年の付き合いで、春は花、夏には海や湖、秋は紅葉、冬は雪山で一緒に楽しんだ二人は気付けば親友になっていた。
「いいえ。あの子が大人になる一歩だもの。…いえ少し淋しいかしら…。」
(たった一人の同母弟がね。)
物理的に離れているのもあるが、通常ならば姉の自分が先に夫を迎えているはずだったので余計寂寥感を感じてしまう。
あの小さかったあの子が、的な母にも似た想いもある。
「いずれは通る道だしね。って大伯、まだ心配そうな顔している!大丈夫よ。皆やっている事なんだから。」
「お相手は誰なの?って言われても私、分からないかも。」華やかに笑いながら言う照。
「山辺皇女。私の叔母よ。」
「また浮かない顔してない?何か問題でもあるの?その姫様。」
「いいえ、ないと思うわ…本人には。というより然程知らないの。」
山辺皇女の父は祖父帝だが、母は蘇我常陸娘。
同じ蘇我一族であるが蘇我倉山田石川麻呂を祖父に持つ彼女とは系統が違う為、季節毎の行事くらいでしか会った事はない。
「”本人には”ないって…周りにはあるの?母親とか?」
(流石、照。鋭いわね。)
母を亡くして一族の長姫として、色々任されている彼女は大伯と似たような政治感覚を持っていた。
「祖父よ。」
「祖父?母方の?」率直に疑問をぶつけてみる。
「ええ。蘇我赤兄。祖父の元で左大臣にまでなったのだけれど、父が即位する時の争乱で流罪になったわ。」
「あらら。まあ叔父と甥が争うとそういう事もあるわよね。」
皇族の権力争いは、結局身内同士なので敗れた側だけでなく、勝者側であろうとも縁戚が犠牲になったりすることも珍しくない。
「それくらいなら、まあ残念だけどよくある事じゃない?せっかくだったらその壬申の乱で功績のあったしっかりした皇族か豪族の娘が良かったでしょうけど。」
「そうね。ただ蘇我赤兄って私達の祖父が没落したお蔭で、出世した面があって…叔母様である皇后が嫌っているのよね。」
(皇后が嫌っている一族の姫を妃にして大丈夫かしら?)彼女の心配は其れである。
「頭の良い女性に嫌われるタイプの策略家、とか?」
「らしいわ。照って凄い直感鋭いわよね~。巫女姫みたい。」
「あら斎王に言われるなんて。」


その数カ月後-。
大津とほぼ同時期に皇后の一人息子である異母弟 草壁皇子は阿閇皇女、異母兄 高市皇子はその同母姉の御名部皇女を娶ったと都からの知らせが斎宮内に届いていた。
後継者として有力な三人の皇子の結婚が決まったとの事で神への報告と言祝ぎをしながら、大伯は思案の海を漂っていた。
(阿閇皇女は、母が蘇我倉山田石川麻呂の娘、姪娘で蘇我一族の中でも同系統。美しくて賢くて叔母様のお気に入り-。)
十市皇女と共に伊勢神宮に参拝した時のかの皇女を思い出しながら、思考を続ける。
母方の縁が強い 中でも最もお気に入りの娘を自身の息子に、味方にしたい高市皇子には、その姉を娶せる。
引き換え、大津は同じ皇女とはいえ、流罪になった蘇我赤兄の孫娘が妃。
おまけに、生母の常陸娘も病気がちと聞き、後見がないも同然である。
(皇后はこの婚姻によって将来に備えているのではないのかしら…。)
あの深慮遠謀な叔母のやる事全てを見抜けるわけではないが、嫌な予感が拭えない。
”姉上に似ています”
文の一文を思い浮かべる。
大津は今回の婚姻がそのような影響を及ぼしている事に気付いていない。
(味方を得れなかったのは痛いけれど…却ってこれで敵対する意思はないと思ってくれたらいいのだけれど、そんなに上手くいくかしら。)
大伯の嫌な予感はその夜、なかなか脳裏を離れてくれなかった。

-そして残念ながらその予感は時を経て、的中する事になる-。
**************************************************
後書 今回はお題が『婚姻』です。
自身に相応しい身分と好みだけで妻を決めた大津皇子と将来的な勢力図を考えて最もライバルになり得る高市皇子を自分の陣営に引き込んだ鵜野皇后。
歴史小説っぽくなってきました~( ´艸`)
大伯皇女が終わらないと歴代斎王のお話が書けないので、ちょっと頑張りたいです💦


太陽の女神 月の巫女姫⑤~姉弟~

「まあ照(てる)にも弟がいるの?」
「そうなのよ。大伯。」
斎宮の池のほとりで照と大伯は仲良く話していた。
当初こそ、お互いに照姫 大伯姫もしくは都の姫と呼んでいたが、葉が緑から黄色になる頃には呼び捨てになっていた。
大伯には耳慣れない地方の言葉も多かったけれど、彼女はやはりこの地方一帯を治める氏族の頂点に立つ姫らしく、父の代わりに神事への名代を務めた話を聞かされていた。
お互いに対等な同い年の同性の友人に飢えていたのかもしれない。
明るく賑やかな照と物静かで理性的な大伯-。
似たような境遇だが性格が違うにも係わらず否 違うからこそ、だろうか、二人はとても馬が合った。
そして本日は兄弟の話になったのである。

「一人はまあ貴女に似て物静かでいいんだけど…いや女ならともかく、男があそこまで静かというのもどうかしら?」
言いながら首を傾げる照姫。
妖艶な美貌の割に、言動がさばさばした姫であった。
「まあ。それはいいんじゃないしら?静かなのが好きなのでしょうし。で他にも弟さんがいるという事なの?」
彼女の口ぶりからして、もう一人か二人弟がいそうである。
大伯自身の異母弟は草壁皇子を筆頭に数多くいるが、母方で暮らすこの時代 あまり弟といった感じはしない。
むしろ結婚相手候補である。
故に同母弟は大津一人の彼女にとっては兄弟が多いというのは、羨ましい事だった。
「ええ、末に弟がいるのだけれど、これがもう手が掛かるというか、やんちゃというべきか もうっ!!」
「ふふっ。」
苦労させられているのか、ぷりぷり怒る照が何だか可笑しくて笑ってしまった。
「笑い事じゃないんだから!!あの子の悪戯ときたら 飲み物の壺に蛇入れるわ 皆がよく通る道に穴掘るわでもうっ!!」
どうやら相当な暴れん坊らしい。
「ふふっ。大津も…私の弟もそうよ。かなり元気。まだ小さい時馬に乗りたいって聞かなくて危うく蹴られるとこだったわ。」
「男の子って体力有り余っているわよね。」
「確かにね。」
「あれで双子ってのが信じられないのよね~。」
「え?弟さん達 双子なの?」
「そうよ。そっくりな顔して片方は書物読んですっごく静か 声掛けなきゃ一回も外出ないじゃないかって感じ。
で片割れは探さなくても居場所が分かるくらい大抵騒動の中心にいるのよね。
顔同じだから、性格が違い過ぎて、見れば見る程不思議。」
「へえ。」
美しく明朗な姉である照、物静かで知性派な弟と元気過ぎるくらい元気な末弟-。
(何だか微笑ましい。大津も元気かしら。)
(明日文でも書こう。)
大伯の顔から何か察したのだろう、照は敢えて明るくこう言った。
「ねえ?都の弟さんや知り合いにこの地方の美味しい物送ってあげたら?」
「そうね。」
紅葉の季節、美しい姫二人が寄り添い語り合う-。
それはとても穏やかな日々の一幕であった-。

文と干した果物を箱に納めながら、この地へ越してきてからの日々を振り返る大伯は、笑みを浮かべていた。
(最初、此処に来た時は寂しかったけれど…照もいるし 慣れてきたわね…)
権謀術数渦巻く都での日々より、素朴な伊勢の地の人々 美しい山と海、神に仕える清涼な土地の方が大伯には合っていた。
(大津に会えないことだけが淋しいし、心配だけれど…)
その心配は的を得ていた。
静かに暮らす姉とは対照的に、皇太子(ひつぎのみこ)の座を巡って微かだが少しずつ少しずつ、大津皇子は周囲の思惑に巻き込まれつつあった-。
**************************************************
後書 今回は『姉弟(キョウダイ)』です。
照と大伯は共に長女で弟がいるという事が明らかになりました。
そしてお互いにやんちゃな弟について語り合い仲良くなっていきます。

太陽の女神 月の巫女姫④~照姫~

皇女が伊勢の地へ下向して来てから早数ヶ月経った。
大伯はすっかりこの土地の生活に慣れていた。
(最近では、祈りの最中に風がそよぐのをより感じる。小鳥の微かな囀りさえも近くで聞こえる。)
清浄な土地でのお務めは、彼女の感覚をより鋭く、精神を透明にしていた。
「風に湿り気を感じる-。明日は雨ですね。この祭事は屋内での準備をなさい。」
「承りました。」
伊勢は気候も良いし、近くの海の景色は美しくて、食べ物も美味しい。
元々自然や静寂を好む彼女にとって嬉しい事だった。
そんな風に平和に日常が過ぎていった或る日の事、転機が訪れる-。

夏に晴天が続き、神宮の周りを囲む木立の陰を彼女は珍しく伴も連れず一人でそぞろ歩きしていた。
(日光で木の葉が、緑が色鮮やかで美しいこと。・・大津は元気かしら・・。)
気が抜けると心はどうしても最愛の弟へ向う。
そうして都の方角へ視線を見遣った際、其処に一人の女性を視界に入れて眼を疑った。
(さっきまであそこには誰もいなかったはず・・。近づいてくる人の気配もなかったわ。)
しかもこの祈り場の周辺は見知らぬ者が入れないように警備されているはずだ。
大伯とて全ての舎人や下働きの者の顔を全て覚えているわけではない。だが・・・。
(こんなに美しい人、一目見たら忘れるわけないわ。)
かの女性は都で数多くの美女を見てきた皇女をして忘れられない程の容姿の持ち主だったのである。
鳥の濡場色の豊かな黒髪、透明でありながら健康さをうかがわせる頬、整った顔立ちに似合う紅い唇。
(華やかで明るくて・・まるで太陽のよう・・。何処の姫君かしら?)
大伯がそう考えたのには訳がある。
まず謎の女性は容貌もさることながら、その衣装の質。
皇族として生まれ育った彼女の眼からしても極上の部類に入る。
おまけに雰囲気が明らかに人に傅くものではない。むしろ反対のそれだ。
雷光のような眼差しに産まれながらにして皇族の姫君として敬られて育った彼女が呑まれそうになった。
以上の事から皇女は、地元の有力豪族の姫君なのでは、と考察したのである。
この時代、後の世と違って、天皇の名は絶大ではない。
形式上は頭を下げていても、実際に治めているのはその土地の有力豪族であり
その氏族の方が、実地では遥かに力を持っている事などよくある事だった。
おもむろに謎の美女は近づいてきて、にこっと微笑んだ。
笑顔もやはりぱっと周りを明るくするような陽気なもので、印象が美女から美少女に変わり幼くなった。
それにより大伯の緊張が一気に解けた。

「初めまして。私は照(てる)。貴女が都から赴任してきたって云う大伯皇女ね?」
「ええ。初めまして。そうです。」

これが後に10年以上の付き合いになる彼女達の最初の出会いであった。

**************************************************
後書 実に5年以上ぶりの更新です(・。・;
ま、待ってる方大変にお待たせ致しました
照と会った大伯皇女の運命の続きを書いていきたいを思っています。

太陽の女神 月の巫女姫③~下向~

「私は斎宮として、伊勢へ赴く事になりました。」
「そんな!姉上!!」
弟・大津は悲鳴のような声を挙げる。姉が父帝に呼ばれたと聞き、てっきり縁談かと思った彼だが、事実はそれよりも悪かった。
「大津。」声を荒げるなと暗に含ませた声音でそれでも優しく話しかける。
その声にぐっと黙る大津皇子。
大伯はその間に背後に立つ侍女に目配せして、人払いをさせた。
「大津。よく聞いて。私はこれから遠い地へ行かねばならない。
もう貴方を守ってあげられない。だから、父上にも叔母上にも批判的な態度を取っては駄目。
お祖父様に可愛がれていた貴方の存在はとても危ういの。」
「危うい?何故です?私は父を天皇、母を皇女に持つ皇子ですよ」
自身の血筋の尊さを知る皇子は分からないと表情をする。
「血筋がこの上なく良いからこそ、権力に近い。権力に近いという事はそれにまつわる争いごとに
巻き込まれるのよ。」
「それは分かっておりますが・・。」
不服そうな顔。きっと弟は真の意味で理解していまい。
納得はしているが、自分がそんな事に巻き込まれないだろうという自負と自尊心が垣間見える。
大伯皇女は両親を天皇に持つ祖父と父を想う。
血筋で言えば、生涯安泰と見える二人。
だが彼女が知るだけでも、二人は政治的にとても危ない橋を何度も渡ってきている。
権力の為に他の皇子を殺し、力を握る為に戦争をし、豪族たちを従える為に様々な駆け引きをした。
皇女である自分には知らされぬ事も多々あったであろう事を彼女は薄々と察していた。
それほどの世界なのだ。
尚、悪い事に大津は祖父帝に可愛がれており、そして未だ成長期であるものの容姿も似通い初めていた。
祖父帝の築いた都を滅ぼす事によって成り立った現政権においてそれがどれほど危うい事なのか。
(まだ時間はある。)
「まだ伊勢へ行くには時間があります。支度もあるし、都のすぐ側で数ヶ月潔斎せねばなりませんから。」
(その間に貴方に色々教えておかなければ)
「本当ですか?ではまだしばらくお会いできるのですね。」
「ええ。」

数ヶ月後。
大伯は伊勢へと向かう輿の上に居た。
「姉上、道中気をつけて」
「ええ。大津そなたも体には気をつけてね。」
別れの挨拶をする姉弟。
(私はこの数ヶ月で全て教えられただろうか)
13歳の苦労知らずの皇女の政治的知識、世渡りなど実際は役に立たないかもしれぬ。
それでもあの健康でいつも自信に輝いている弟が愛しい。守りたい。
そしてその自信故にこそ、危なっかしくて仕方がない。
今まで我慢や忍耐といった事がほとんどなく育っている。
たまに必要ある時は、姉である自分が抑えてきた。
(私が居なくても、きちんと耐えるべきは耐えるのよ。大津)
祈るような気持ちで、彼女は輿から都の方向を見続けた。
一抹の不安を抱えながら。



10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

30代OLが歴史・節約・日頃・二次小説のことを書き綴っています。 コメント大歓迎★ ですが、宣伝や本文に何も関係ないもの もしくは激しく不愉快、コピペ等、そういった類は、私の判断により 誠に勝手ながら削除の方向です。楽しく語りたいです♪ 二次創作小説もありますが、このサイトは個人作成のものであり、原作者・出版社とは一切関係がありません。私なりの解釈を加えた二次小説もございますので自己責任でご覧になって下さい。

雪月花桜

Author:雪月花桜
タイトル通り歴史大好きな女がブログしてます。
歴史を元にした小説なんかも大好きでそれらについても語ったり、短編なんか書いてみたいです。
現在それ以外でも二次小説をupしておりますし、OLなりの節約・日々の徒然を語っています。

カテゴリ

最新記事

FC2カウンター

最新コメント

シンプルアーカイブ

検索フォーム

リンク

当サイトはリンクフリーです。 リンクして頂けたら喜んで伺いますw

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる