蘭ちゃんは「待て」が出来ない~万里様ご提供~妄想小話①

2017.02.05 00:00|ゲスト様小話&コラボ小話
2/2に提案しましたコメント欄で繰り広げられた 妄想小話集 第1弾をUP致します。
賛同者が多かったので(^^♪
下記注意書きを読んでからお楽しみ下さい(((o(*゚▽゚*)o)))
*******注意書き******
ヒロインには優しくありません。厳しめです。蘭ちゃん派、新蘭派の方は此処で周り右願います。
尚、他人様の作品であるという事で無断転載や引用、誹謗中傷は御止め願います。
また同じ理由で予告なく、掲載を取り下げるやもしれない事予め通知致します。
今現在最も可能性が高いのは期間限定アップにしようかという事・・。様子見しながらやっていきます。


***********************************

「原作の告白放置のまま時が過ぎたら」の設定です。
ポイントは、
・「蘭にフラれた」と本当に思っちゃう新一
・「ヘタな事言ってみろ、あいつは今よりもっと俺に会いたくなっちまうじゃねーか…」が現実に
・「私悪くないもん!」と自分の悪事を暴露しまくる電波少女蘭
・善意で蘭の心を滅多打ちにする幸せ新志
・赤の他人に肩代わりさせてた債務をトイチの利息で支払う事になる英理さん
この設定での万里様ご提供の小説です。

少しだけ締めの部分できりよくする為に加筆させて頂きました。
蘭ちゃん派、新蘭派の方は此処で周り右願います。


注意書き読みましたね??   それではどうぞ(^O^)



************************************



コナンはロンドンでの告白直後、組織で動きがあり、すぐに毛利探偵事務所を出る。
その為、蘭が返事をしない理由が分からない。
何度か連絡を取ったにもかかわらず、蘭は告白の返事をする気配はなく、それどころか帰ってこない事への文句が酷くなる一方。
実は蘭は告白されただけでもう新一と恋人同然だと思い込み、恋人なのに事件にかまけて帰ってこない新一に不満が強くなっていたのだ。
そんなことは夢にも思わない新一は、返事をしないどころか態度がキツくなった蘭に困惑し、不信感が募っていく。

組織壊滅後、解毒剤で高校生の身体に戻った新一。
事後処理の合間に暇が出来て、半ば義務感で蘭に会いに行こうとするが、幸か不幸か蘭は園子と旅行中だった。ちょうどサッカー部の友人からメールが届き、そちらに顔を出すことに。
サッカー部とマネージャーの集まりで、新一は蘭との事を聞かれる。蘭の不可解な態度への不信と不満が我慢の限界だった新一は、部の友人に相談。友人達は満場一致で「告白して数ヶ月も返事がないのは、『おことわり』の意思表示」との結論。
特に同じように幼馴染がいた友人からの、
「俺が他の女子と遊ぶと明らかに焼きもち妬くから絶対いけると思ったのに、いざ告白したら『それはブラコン心理みたいなもので、○○のことは大好きだけど恋人とかは絶対無理ゴメン』ってフラれたんだよ~!工藤も同じ境遇だったんだな」
という話は説得力があり、そういうことかと諦念と共に納得する新一。
友人は新一を元気づけようと、「今から工藤の失恋パーティー開催!!」とおどけて宣言。話を聴いていなかった参加者達にも知れ渡ってしまう。
失恋話など言いふらすつもりはなかった新一は事の成り行きに唖然とするが、知られても問題はないかと思い直し、友人と楽しく騒ぐことにする。
失恋したにもかかわらず、新一は悲しみよりも、蘭の不可解な態度の謎が解けたことでスッキリと気持ちが晴れていた。

公認カップル扱いだった新一と蘭が実はフリーだったと解って盛り上る一部。特にマネージャーの女子達は憧れの新一の特別だった蘭を羨んでおり、その蘭が新一をフった事は格好のゴシップで、噂は瞬く間に広がっていく。
噂、特に悪いものは物は本人に直接確認される事はまずなく、そういったゴシップに疎い蘭は勿論、ゴシップに敏感な園子も蘭と仲が良い事で話が伝わるのは遅かった。
学校中に「蘭が新一をフった」と知れ渡った頃にようやく園子から噂の事を聞き、仰天する蘭。否定したいが、相手は噂という不特定多数で実態の無いもの。学校中の人間一人一人に言い訳して回るわけにもいかない。
しかも悪いことに、蘭の行動自体は噂と全く違いないものであり、クラスメイトに釈明した際も、
「え?でも告白の返事しなかったんでしょ?」
「それってお断りだよね?」
と皆の理解など得られるはずもなかった。
自分が悪いとは夢にも思っていない蘭は、ムキになって更に詳しく告白の状況を説明。
「何か泣き落としで無理やりコクらせたって感じ。」
「直前まで追いかけてたのに何で逃げ出すの?ワケわかんない」
「告白の返事はしないのにどうでもいいことでは連絡するって嫌がらせ?」
「返事もしてないのになんで恋人ってことになるの?そんなのフラれたと思うに決まってるじゃん」
「探偵だからって人の気持ち全てが分かるわけないじゃん。エスパーじゃないんだから」
「むしろ、告白無視しといてほんとは好きって方がタチ悪くない?今さら何?って感じだよね。」
「フッたけど惜しくなったとか最悪」
と、言い訳すればするほど墓穴を掘ることに。
皮肉にも、蘭が自分を弁護しようと躍起になったことで、「蘭が新一の告白を無視、こっぴどくふった」という噂に悪化してしまった。
蘭を応援していた園子ですら弁護出来ず、むしろ「早く返事しないと新一君、フラれたと思っちゃうよ」と的確なアドバイスをしていたこともあり、自分の忠告を無視した蘭に失望感すら抱いていた。
いつものごとく新一に助けを求めようにも、新一は電話番号を変えており、蘭に連絡手段はなかった。
間もなくして、新一は元の身体に戻った志保を連れて高校に復帰することに。
新一は復学直前に連絡したサッカー部の友人から、「蘭が新一をこっぴどくフったと噂になり学校中の空気がどことなくギスギスしている」と話される。「心配するな、俺が何とかするから!」と明るく答える新一。
復学の日に会った蘭は新一に、「変な噂流れてるけど、もう大丈夫だから」と言われ、蘭はこれで新一と恋人になれる、やっぱり新一は自分の気持ちを分かってくれた、と喜ぶ。
しかし次に新一から告げられた言葉は、
「俺、もう恋人が出来たから!お前に告白断られたことは全然気にしてないよ。つかその事が今の彼女との馴れ初めでさ、むしろふってくれて感謝してるし(笑)」
と蘭の予想外過ぎるものだった。
余りのことに言葉もなく固まる蘭に気付かず、新一は周囲と会話を続けていく。
「フラれたとこを彼女が慰めてくれてさ、勿論それだけじゃないんだけど、それがきっかけでいい感じになって」
「だから俺は全然気にしてない。むしろ周りに気にされると迷惑。」
「つか、俺と蘭って本当にただの幼馴染以上の関係なかったし。彼女と恋人になって分かったけど、蘭への気持ちは子供の勘違いみたいなもんで、断ってくれて本当に良かったよ」
「俺ら、今超ラブラブだから」
当然、恋人とは志保のこと。二人は組織との戦いを乗り越え、想いを通じ合わせたのだった。
この宣言と、新一の明るく幸せな様子に、蘭を責める空気だった周囲はすぐに落ち着きを取り戻す。新志のお似合いカップルぶりに、蘭の「フッてない」主張を直接聞いていた女子達も、「工藤君と宮野さんに水をさすのも悪いしね。毛利さんについては黙ってよう」と、あの矛盾した言動は無視することにした。


新一としては、「蘭は自分の告白をきっかけに、恋愛感情と幼馴染への執着をはき違えていたことに気付く。新一を誤解させた事が後ろめたくて面と向かって断ることが出来ず、無視する形になってしまい、周囲から非難され気まずい思いをしている」、という前提。なので蘭の前で明るく恋人の話をすることで、蘭の罪悪感を軽くし、且つ周囲の蘭への悪印象を払拭する狙いだった。自分の宣言が蘭を奈落の底へと突き落としたなどと欠片も思っておらず、完全なる善意での行動だった。
自分は新一をフったつもりなんかない、と誤解を解きたい蘭だが、それをしてしまうと、学校中から白い目で見られていた状態に逆戻りしてしまう事も分かっていて、蘭は何も言えなくなってしまった。
諦めきれないが自分が悪者になるのも嫌な蘭は、新志と友人として付き合う(ふりをして新一が戻ってくるのを待つ)ことになる。
新一との繋がりを確保したい&側にいればまた私を好きになってくれるはず!との根拠不明の自信から新志カップルの友人を演じる蘭ちゃん。
しかし新志は蘭をいい友人とみなして「一滴の水バレンタイン編」のごときラブラブカップルっぷりを遠慮な見せつける!

「蘭、この雑誌のフサエブランド特集の中で、何か良いと思うものあるか?」
「え~?何々、私に?(新一が自分からこんな高級品くれるなんて初めて!!やっぱり私の事を…)」
「あはは、んなわけないだろ(笑)(ヾノ・∀・`) 志保へのサプライズプレゼントなんだ。付き合って半年記念ってやつ。こんなことするの恥ずかしいって思ってたのに、恋人出来ると人生観変わるな~。最近父さんと母さんの気持ちが分かるよ」
「…ソウデスカ(゜◇゜)」
とか

「新一、志保さんと喧嘩したんだって?(ワクワク(^w^))」
「いや~、つい外でキスしちゃって…人前では志保が恥ずかしがるんだけど、あんまり可愛いから我慢できなくってさあ」
「…ソウデスカ(゜◇゜)」
とか

「志保さん、それレーズン?新一嫌いよ?(そんなことも知らないの?フフン)」
「そうなのよ。それで偏食を直そうとして料理にいれたら『志保の料理なら美味しく感じる!』とか言ってあっさり食べて。それ以外の時はやっぱり食べないんだけどね。」
「…ソウデスカ(゜◇゜)」
とか!

それでも新志が別れるのをひたすら待つためだけに友人として付き合いを続けては惚気られ見せ付けられ、意識的な倫理観は有るために新志の前ではキレられず、園子や小五郎に不満爆発する蘭ちゃん。
「そんなに惚気られるのが辛いなら、新一と距離を置きなさい。(自分から近づいていって勝手に傷付いて、それを宥めさせられるこっちはいい加減迷惑)」とうんざり諭されるも、
「だって側に居ないといつ新一が志保さんと別れるかわからないじゃない‼」
(あのラブラブカップルを目の当たりにして「別れる」なんて可能性を数%でも期待できるってどういう思考回路…)
と、呆れられます(笑)

更にここから、英理さん自業自得展開へ。
小五郎は「恋愛の悩みなら女親の方が話し相手として良いだろう。鈴木の嬢ちゃんを煩わせるのもいい加減悪いしな」と英理さんに任せる。
最初は同情的で「母親として何でも蘭の力になるわ」と意気込む英理さんと、それに喜ぶ蘭。
しかし、これまで蘭の「良い子」な面しか見ていなかった英理は、この安請け合いを後悔することになる。
あまりにも蘭が同じ話を繰り返すわ、
その内容の身勝手さに間違いを諌めようとすると逆ギレするわ、
真夜中でも仕事中でもこちらの都合を考えずに愚痴電話してくるわ、
出なければ「どうして出ないのよ!?仕事仕事って、私のこと何だと思ってるのよ⁉母親なら私の心の中くらい分かりなさいよ‼」と怒鳴りちらすわ、
あげく来客中でも事務所に押し掛け、依頼人の男性を浮気相手と決めつけ空手で追い出そうとする始末。
秘書にも「このままでは噂が広まって依頼が来なくなるのも時間の問題です。娘さんに毅然とした対応を出来ないなら、辞めさせていただきます」と言われてしまう。
仕事にも生活にも支障をきたし困り果てる英理さん。蘭は蘭で自分の思い通りに相手してくれない英理に不満を募らすばかりで反省するはずもない。
蘭は新一を失い、園子とも疎遠になった事で、ストレスをもてあまし、「力になる」と言った母親を発散の標的としてしまったのだ。それには深層心理にある長年ネグレクトしてきた母親への鬱憤も含まれて、正にサンドバッグ状態。
「24時間いつでも連絡とるなんて物理的に不可能なんだけど…蘭の要望100%叶えられないと、蘭を大事にしてないと思われるなんて…あのヒステリーでは正論言っても火に油ね。蘭がこんなに思い込み激しくて自己中心的だったなんて、17年間母親やってて知らなかったわ。夫や新一君は、いつもこんな蘭の相手をしてくれてたのね…」と、ようやく自分が今までどれだけ娘のことを周囲に押し付けてきたかを実感する英理さんなのでした。
英理は今まで新一君が蘭のためにしてきた苦労を味わって、へとへとになったのであった-。
しかしこれは苦労のほんの一部に過ぎない事を、後に英理は小五郎共々思い知ることになる。


コメント

うける~

なにこれ~おもしろいよ~
特に蘭の顔文字!(≧▽≦)
ソウデスカ(゜◇゜)
これ最高~
まさに目が点になるですね。蘭の下心とは反対にいちゃ(。・ω・。)ノ♡ラブ度が増していく新志!いいぞ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

今晩は。「…ソウデスカ(゜◇゜)」 可愛いですねv

新一が相談した友人のように
「新一には恋愛感情はないけどなんでも言う事聞いて奢ってくれる優しい幼馴染。新一に恋人?なんて冗談じゃない。新一もこれからできる彼氏も私の物」も怖いですね。
無意識撃退見事です( *´艸`)

そういえば、原作で事件巻き込まれ病院へ担ぎ込まれた秘書を気にせず毛利夫妻映画デートしてましたが…うん目の前の事しかきにしないのって血筋かな?なら治りませんね(←ネタバレだったら失礼します)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

楽しむのが1番!

tomoyan 様

こんばんは☆彡
コメントありがとうございます。

うけて頂き何よりです(^^♪
楽しいですよね~
ソウデスカ(゜◇゜) が最高ですよね~

ええ、蘭の下心とは反対にいちゃ(。・ω・。)ノ♡ラブ度が増していく新志!
しかも新一としては蘭への批難を躱す為に、全くの善意で惚気ます!!(笑)
「俺らラブラブだから!!」
「蘭が振ってくれた御蔭だから!」とガンガン 蘭ちゃんのライフを削っていくのでした(≧▽≦)

引き続き お楽しみ下さいませヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

最高頂きました°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

黒藤真保様

こんばんは☆彡
コメントありがとうございます。
蘭の反応が面白い!!とのお言葉 嬉しいです。

<蘭が嫌味(レーズンの話)で言っても、あっさりと逆転勝ちで蘭に勝ち目なし。
<喧嘩したと聞いて仲が悪くなったと期待したのに、惚気話。
ね~何をやっても というより何もしてなくて全て
蘭の思いと何もかもが正反対に動く というか 足掻けば足掻くほど一人堕ちていく底無し沼♪

最高とのお言葉頂きましたよ!!万里様!!
やっぱり執筆を・・(そっと差し出す 紙とペン 万里様宛(笑))

<ホント、英理も新一の苦労を自覚して、蘭の見方が変わればいいなぁ。
<子供が何歳の時まで有効か…
ですよね~

引き続き お楽しみ下さいませヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

こちらこそ御礼を申し上げます。

万里様

こんにちは!
いえいえ、そんなお礼なんて・・(恐縮)
むしろこちらが御礼申し上げます<m(__)m>

そして温かく配慮に満ち満ちたお言葉、ありがとうございます。

それではまたW

「…ソウデスカ(゜◇゜)」  大好評

水葵様

こんにちは!
コメントありがとうございます。
「…ソウデスカ(゜◇゜)」  大好評で嬉しい限り(笑)

<「新一には恋愛感情はないけどなんでも言う事聞いて奢ってくれ<る優しい幼馴染。新一に恋人?なんて冗談じゃない。新一もこ<れからできる彼氏も私の物」
怖い~Σ( ̄□ ̄|||)
ええ、無意識撃退しました(笑)

<原作で事件巻き込まれ病院へ担ぎ込まれた秘書を
<気にせず毛利夫妻映画デートしてましたが…
<うん目の前の事しかきにしないのって血筋かな?なら
<治りませんね(←ネタバレだったら失礼します)
あれ?そんな作品ありましたっけ??
秘書・・。うーん 宜しければ、何巻か教えて頂けますでしょうか?

それではまたW

多分

紅玉様

こんにちは!
いつもコメントありがとうございます。
妄想小話、楽しんで頂けてこちらこそ、嬉しい限り。

感想、もうその通り(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪と読ませていただきました。
特にここら辺心底同意!!
<英理さんは自業自得で苦労してますね。
<散々文句を言ってた「探偵」という職業の2人が蘭のお守りをしていたんです。
<その2人に、英理さんが敵うはずはありません。
<英理さん、今までのツケが回ってきただけですので心行くまで心身ともに蘭のサンドバッグになって下さいね。

さてお問い合わせして頂いた件です。
万里様の小説ですので、断言はしかねますが、
質問の”設定にある「赤の他人に肩代わりさせてた債務をトイチの利息で支払う事になる英理さん」”
は『更にここから、英理さん自業自得展開へ』から下の文章を指すと存じます。
これじゃ足りない!と思いましたら、脳内補完or創作活動して頂ければと思います。

それではまたW

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あなた方は神ですかー!?  頂きました(笑)

あおい様

こんにちは!
こちらこそコメントありがとうございます!
これからも更新しますよね~お楽しみに♪

一気読み出来るって嬉しいですよね。
おお。遂に万里様と私に「あなたが神か」タグが✌('ω'✌ )三✌('ω')✌三( ✌'ω')✌

”「万里様 共同小話に絶賛のタグ頂いてますよ~( ^)o(^ )”

皆様に大好評な万里様の作品です。
それではまたW

情報ありがとうございました(((o(*゚▽゚*)o)))

水葵様

こんにちは!
そうなのですね。
どおりで読んだ記憶ないはずです(笑)
情報ありがとうございました(((o(*゚▽゚*)o)))

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

やっぱり大好評な「…ソウデスカ(゜◇゜)」 (笑)

夢様

こんばんは☆彡
いつもコメントありがとうございます♪
妄想小話楽しんで頂けて何よりです。
皆様 お上手でヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

そしてやっぱり大好評な「…ソウデスカ(゜◇゜)」 (笑)

ええ、新一やコナンが受けていた時間や都合を考えない電話や会いたい攻撃を受けてしまった英理さんは自業自得な今になって新一の寛大さを噛みしめている事でしょう。

また是非 いらしてお楽しみ下さいませヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

二話の感想ありがとうございました。

まろん様

こんにちは!
長文感想ありがとうございました。
妄想小話集楽しんで頂けたようで何よりのお言葉です。

”どれもとても面白かったです。 ”ですってヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪
万里様 エルリア様 nami様 紅玉様 誉め言葉が続々と集まっております(/・ω・)/

ええ、帝丹高校の皆さんが新一君と蘭ちゃんの間にあった縺れた(赤い)糸をすっぱりと断ち切ってくれましたよ!ヾ(=^▽^=)ノ

そうなんです!!
ムキになって更に自らの首を自分で絞める蘭ちゃん
正論と言う刃が再び蘭ちゃんを襲うのが絵に描いたような自業自得で(* ̄m ̄)  

誤解(ではない)を解こうとしながらも内心では新一君に悪態をついてそう・・。蘭って一体orzでも否定出来ません。
<「どうして私がいないときに帰ってくるの!?∑( ̄皿 ̄;; ンガァーーー!!!」
<「そのうえみんなに変な誤解させて!!ρ(`D´#)もぉぉっ!」
<「ちょっと返事をしてないぐらいで不貞腐れてこんな嫌がらせをするなんて!!∑( ̄皿 ̄;; ムッキー!!」
<「そんなに返事をしてほしいなら私が帰ってくるまで待っていなさいよ!!!(#`皿´) ムキーーーー!」
<「次会ったらボコボコにしてやるんだから!!!!覚えてなさいよ!!新一イイイィィィィ!!!!!凸(゚皿゚メ) ウラァァアア!!」
台詞と何より絵文字が可愛くですカワ(・∀・)イイ!!


本当、帝丹高校全体でファインプレー!最後は鮮やかに新一君ゴーーーーーーーール!!!! ですね
確かに あ、ゴールキーパー蘭 立ち尽くす様が浮かぶz2
どうしよう・・。エルリア様や万里様と同じく その通りx100ばっかりになってしまう(;^ω^)
しかも面白いから公開したくなっちゃうコメント(笑)

<「私に振られたと勘違いしてそのショックで他の女に現を抜かしているだけで、本心では私を好きなはず。宮野さんは私の代わりに過ぎない。
<私が傍にいればまた私の所に戻ってくるはず」と考えているようにも感じます。
うわぁナチュラルに嫌な女・・でもこれを悪意なくやるのが彼女ですよねぇ(しみじみ)

そして大好評の「…ソウデスカ(゜◇゜)」×3!!(爆
皆様にうけていますよ!万里様!!
笑えて可愛いですよね(^^♪

*****************
蘭ちゃんは急には止まれないの感想もあります。
此処は大部分は雪月花桜が書きました。

実はこれ”舞踏会の招待状、魔法使い、王子様のお迎えとかを待っていたのかも?どれも来なかったみたいだけど。”
の逆バージョン リアル灰かぶりのままの蘭デレラです ヾ(@°▽°@)ノ
美しく着飾る工藤一家達の前で、警備服のツナギ!

<今度は人魚姫の気分を満喫するのかな?
うわっ鋭い!
実は人魚姫モチーフバージョンも書いてみたいのですが・・
人魚姫って失恋でも行動しているじゃないですが・・引き換え蘭って本当に受け身でしっくりこなくて
最後の言葉を話せない 口パクパク+絶望だけ被るんですが・・それなら金魚姫でもよくない?とかギャグになりそう・・。
って構想中で苦戦しているネタは置いといてっと(笑)

そうですよねー
蘭って可愛くて、スタイル良くて、運動神経良くて、料理上手で、勉強も程々にできて、名探偵と敏腕弁護士の娘と
揃っているのに主体性なさすぎ ある時は、変に嫉妬全開マシーンになっているしゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

これだけ恵まれてるのに主体性がないために、ないない尽くしで行きついた先が短期の派遣ですか・・・。


<蘭ちゃんが叱られるのって【工藤新一少年の冒険】とアニオリを含めても【見えない凶器 蘭の初推理】くらいしかないような・・・。
【蘭の初推理】で叱られるのですかΣ(・ω・ノ)ノ!
へ~アニメ見てないので知らなかったです。

そしてこれまた皆さんに突っ込まれる、忘れているホテルへの謝罪!!ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
でもこれ謝罪される方も迷惑だから忘れてて丁度いいと思いますよ。
だってホテルが契約しているのはあくまでも派遣会社であって蘭ではないので謝罪されても正直扱いに困るんですよね。
多分蘭の気が済むだけな気がします。
現実にもいません?悪気もないし本人真剣なんだけど、それ貴方が気が済むからじゃない?って言動する人┐(´д`)┌ヤレヤレ

新一君と園子ちゃんの結婚式に出席すると大騒ぎしそうな気がする・・・
うーん((+_+))それ気のせいじゃないと思いますね。
だって工藤夫妻で出席しますから(^^♪
あ、それで打ちのめされて、暴れそうになったら予想してた鈴木財閥SPや赤井さんやらに気絶・確保で終わりでいいんじゃないですかね(作者の割に適当)

ええ、蘭ちゃんはこのままだと絶対に幸せにはなれません。
現実を直視する時間 反省が必要です。
そしてそれは新一や園子がいると過去に縋ってしまい出来ないので彼らと完全に縁が切れて現実で会えなくなってから、やっと自覚しそうな気がします。
どうなんでしょうね。
新一君という理想に近い男性を自身の怠慢でつかみ損ねた蘭は、理想が高くなりダメ恋愛を繰り返すのか
それとも、あんな扱いをするのは小さい頃から一緒にいた新一だけで、案外上手くいくのか・・。はてさて?


<ただもしも蘭ちゃんの望み通りに新一君が帰ってきて恋人同士になれたとしても蘭ちゃんが満たされることは無かったはずです。
<ずっとずーっと恋人の権利だとばかりに新一君に愛情をお金を時間をその他の多くのものを要求し続けたでしょう。
<猪突猛進に執拗に新一君を追いかけて勝手に事件に首を突っ込みそうだし(新一君の情報漏洩が疑われるのに「手伝ってあげた」という認識)、
<ありとあらゆる方法で事件を優先させる新一君を責めそうです。
ここら辺、すっごく同感です。


<蘭ちゃんは愛される事ばかりを求めて愛する事をしない。だから満たされないのにそれを新一君のせいにしてるとしか思えないです。
<愛される幸せが50%、愛する幸せが50%の両方を合わせて愛の幸せが100%だとして。
<新一君が蘭ちゃんの愛される幸せゲージの25%(少なく見えますが実際は相当な愛情です)を担っても総合的には少ないわけです。
<周囲がどれだけ愛しても半分の50%にしかならない。その不足分を新一君に要求するのは筋違いでしょう。
おお、深いイイお話が・・(*^▽^*)


結婚式に二回出席するというのは少し不思議ですか。
諸事情あって各々の出身地でやるというCPもいるので、共通の知り合いがいれば2回出席もアリかな?と思って書きました。
特に園子は財閥令嬢として、顔を繋いでおきたい人もいましたし、まだ日程決まっていなかった日本の結婚式に出席できない(財閥の仕事関連で顔出し中 設定あり)
可能性があったので、先に出席した感じです。
結果は日本の方も日程的にOKになったので参加します。
蘭は招待状出されません( ´艸`)



英理さん、お疲れ様ですが自業自得とも言えますね (*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
多分 良い子と思ってた娘のあまりの支離滅裂ぶりに愕然とすると思いますΣ(゚д゚lll)ガーン

確かにまろん様の指摘通り、夫婦が仲直りして一緒に暮らしているのであれば、今は無理でもいずれは(十年後ぐらい?)家族三人共揃って普通に幸せになれる可能性はありますし
そちらを推奨したいですが・・
<あの程度の喧嘩で家出して長年別居する人ですし、もし蘭ちゃんの特技の「責任転嫁」が英理さんからの遺伝なら
<「蘭をこんな娘に育てたのはあの人よ!私はもう付き合いきれない!!」とでも言いだしかねないかも。
まろん様のレスでその可能性もあったんだと目から鱗が落ちる気分でした。
此処まで英理さんが無責任とは思いたくないのですが・・そもそも7歳の我が子置いて家出という時点で無責任だし・・。

本当、毛利一家の今後を想像するのも楽しいですね( ^)o(^ )
それではまたW(*´▽`*)

まろん様へ 訂正

まろん様

先程のレスですが
”蘭ちゃんは急には止まれないの感想もあります。 ”
ではなく、感想ありがとうございました。でした。
失礼いたしました<m(__)m>

面白かったです。
正直言うと私も蘭は大嫌いなので……
なんか、好きになれないんですよね。特に妃先生の浮気を疑った回は酷すぎました。すぐ暴力振るう蘭が作中では天使扱いされてて謎過ぎます。

初めまして

まり様

初めまして!ですよね?
面白いとのお言葉ありがとうございます。万里様もお喜びになると思います。
確かにあれだけの行動してて天使扱いはちょっと可笑しいですよねぇ
それではm(__)m
非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

30代OLが歴史・節約・日頃・二次小説のことを書き綴っています。 コメント大歓迎★ ですが、宣伝や本文に何も関係ないもの もしくは激しく不愉快、コピペ等、そういった類は、私の判断により 誠に勝手ながら削除の方向です。楽しく語りたいです♪ 二次創作小説もありますが、このサイトは個人作成のものであり、原作者・出版社とは一切関係がありません。私なりの解釈を加えた二次小説もございますので自己責任でご覧になって下さい。

雪月花桜

Author:雪月花桜
タイトル通り歴史大好きな女がブログしてます。
歴史を元にした小説なんかも大好きでそれらについても語ったり、短編なんか書いてみたいです。
現在それ以外でも二次小説をupしておりますし、OLなりの節約・日々の徒然を語っています。

カテゴリ

最新記事

FC2カウンター

最新コメント

シンプルアーカイブ

検索フォーム

リンク

当サイトはリンクフリーです。 リンクして頂けたら喜んで伺いますw

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる