困った新人~妄想小話③~

コメント欄で繰り広げられた妄想小話第3弾でございます。


下記注意書きを読んでからお楽しみ下さい(((o(*゚▽゚*)o)))
*******注意書き******
ヒロインには優しくありません。厳しめですので、蘭ちゃん派、新蘭派の方は此処で周り右願います。
尚、他人様の作品であるという事で無断転載や引用、誹謗中傷は御止め願います。
また同じ理由で予告なく、掲載を取り下げるやもしれない事予め通知致します。

読みましたね??ではお楽しみ下さい。



黒藤真保様 がお仲間欲しい~と呟かれた際の
ご希望の蘭→新園でございます。本BLOG 初の新園~(/・ω・)/
雪月花桜と万里様 共同小話でございます。
(万里様ターンとあり、***で区切られるまでが頂きもの それ以外は当BLOG管理者が書いております。)
当初コメント欄より少しだけ加筆しました。


**********************************
告白放置で新一は、蘭を見限った。
事の次第を知った園子、蘭を責めて新一へ今まで囃し立て事を謝罪する。
「ごめん、新一君。」
「いや園子はちゃんと返事するように言ってくれてただろ?」
「え?何で知っているの?」
「ああ、コナンに聞いたんだ。」
「がきんちょに・・。」
「ああ、だからサンキュな。」
「そんな当たり前の事だよ。それより命の危険がある大変な事件だったんだって?それなのに蘭ってば。」溜息付く園子。
「国際的な犯罪組織が相手だって?・・鈴木財閥の力が必要ならいつでも言って頂戴!」
懸命に絶対とは言えないけどパパに頼んでみるからと言い募る園子を見直す新一。
「・・園子お前、イイ女だな。」
「え彡」
この過程で二人の距離が急接近し、恋が芽生える。
その様子を見た工藤夫妻 あらゆる面で園子の方が伴侶に相応しいと判断した両家で結婚話がとんとん拍子に進む。
蘭の言い分のみ聞いた毛利夫妻が、文句をつけるもそれは全て蘭側からの視点話であり、言いがかりであった。
その自作自演悲劇ヒロイン劇場ぶりがマスコミに暴露・攻撃される。
鈴木財閥と有名な工藤夫妻がタッグを組んだら、毛利一家が叶うわけなく一家で路頭に迷う。
(弁護士も探偵も信用商売だから)
高校すら中退して働く蘭が狭い休憩室で、パンかじっている時に中継でセレブ一家の特集で
新園が新婚らぶらぶ ハワイの別荘地での優雅な生活~であまりの違いに惨めさと失恋で
「うわあぁぁぁぁ~!!」
「どうして?」
「ずっと待っててあげたのにィっ!」
「新一いいい!!!園子おおお!」と泣きわめく。
しかし「煩い!!」とバイトの先輩に怒鳴られ涙目するも、誰も庇ってくれない 構ってくれない。
今までの私 可哀想なの 作戦が通じず、愕然とし、「それもこれも新一と園子が私を裏切ったせいだわ!」と恨むが
住む世界が違い過ぎるので最早どうにもならない。
たまに会いに行こうとしても鈴木財閥のSPにガードされて終わっていたのは余談である。


*****万里様提供 周りの大人の反応はターン*****
叱られてわざわざ人前でぐずぐず涙ぐむ蘭ちゃん、側で見ていた職員達にヒソヒソと、

「何あれ?こんな騒ぎ起こして迷惑かけといて謝りもしないってどういうこと?」
「もしかして自分が悪いと思ってないんじゃない?」
「まさか~、休憩中にあれだけ騒いどいて?それすら分かんないなんて、親御さんにどんなしつけされたのよ」
「ていうか、いい大人が人前で泣いて、恥ずかしくないのかしら?普通、泣くの我慢できないと思ったら、トイレとかに駆け込まない?」
「泣いたら誰か庇ってくれるとか思ってんじゃないの?」
「どうでもいいけど、まだ泣きたいならどっか行って欲しいわよねえ。こんな五月蝿くされちゃ休憩にならないわ。」
「本当にね。迷惑だって分からないのかしら?」
「あーあ、セレブ一家の特集終わっちゃった。工藤新一ファンなのに、騒がしくて全然聞こえなかったわ。」
「何か毛利さん工藤新一のファンみたいよ。さっき喚いてたけど、妄想入ったかなりヤバめの。」
「ああ、何か工藤新一と幼馴染とか恋人とか本当なら自分がそこに居たのにとか鈴木園子とは親友だったのに裏切りものとか色々妄想わめき散らしてたわね。怖いわー。」
「なにその図々し過ぎる妄想(笑) いくらなんでも設定盛りすぎでしょ。」
「まあ、自分があんなセレブ一家だったらな~、って空想するのは楽しいよね。それ口に出したらただのイタイ人だけどね(笑)」
あはははは、と軽快な笑い声で休憩終了。
誰にも同情されないどころか、新一と知り合いとすら信じてもらえない蘭ちゃんでした。

女性ばかりの職場という設定に(勝手に)したので容赦ありませんでしたー、残念!
皆冷たい!と嘆く蘭ですが、「赤の他人」に迷惑かけられたら普通の反応。
蘭ちゃん的には「私 可哀想なのに『迷惑』だなんて酷い!」という思考なので当然謝罪はなく、職場の先輩方に「非常識な新人」と見られて孤立していくのでした。
今までは「子供」としてはイイコだったので可愛がられてきたのが、社会に出ていきなり「大人」としての振る舞いを求められる。
自分自身は変わってないのに周りからの扱いは激変して、「どうして⁉今までこれで良かったのに!」と混乱する蘭ちゃん。
******************************************
そんなことを繰り返している内にバイトは頸になる。
いつしかあの鈴木財閥を敵に回した子という噂になり、蘭は正社員にもなれず、短期派遣で何とか日々を凌いでいくのであった-。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

幼馴染

セレブな新園と、小市民な蘭の落差ww。
まぁ、私も小市民ですが、家庭環境的に言えば蘭が二人の「幼馴染」になれた事自体が不思議ですよ。原作都合と言っちゃえばそれまでなんですが。
生まれは本人にはどうしようもない事ですが、蘭はこの二人と親しくなれた「奇跡」にもっと感謝して、そもそもの立場の違いをもっと弁えるべきではなかったかと。
園子は「普通の友達」が欲しかったでしょうし、新一も特別扱いなど望むタイプではありませんが、それでも高校生にもなればその辺りを考えないといけなかった。それをしないまま現在に至り、TVによってその差を見せつけられてしまった訳ですね。
もっとも、蘭が新一へ傲慢な態度さえしていなければ今も続いていたかも知れませんが、それでも学生時代と同じ親密さは保てないでしょうし。
身を置く場所が変われば、態度も変えるべきです。学生と社会人が同じな訳ないんですから。毛利夫妻はそんな基本すら教えてないんですか。いや、それどころではなかったかもですが…それでも必要最低限の事位は、ねぇ。
真面目くさった感想になっちゃいました。
でも「幼馴染」なら園子も同じ立場なのに、なぜ公式はああも華麗にその事実をスルーするのか。これも「都合」によりなんでしょう。

阿笠博士編(何時の間にか連載のように…)は、「コメント欄 妄想小話収集~」の方へ送らせて頂きます。
それでは失礼いたします。

社会の荒波

黒藤真保様


こんにちは!
コメントありがとうございます。
” いい新園だぁ〜!! ”とのお言葉 嬉しいです。
呟きに応え、UPした甲斐があります。
こちらこそ、本当にありがとうございますm(__)m

ですよねぇ 社会は泣き落としが通じるとは限らないし、そんな甘くない。

<味方が増えると思っているであろう蘭が、迷惑などの悪印象猛烈!!
ですよねぇ第二弾!
自分の非を認めないのは人間って私も本当最悪と思います。
心底同感。
自身を正義と思い込み、非を認めない様には苛っときますよね(しみじみ)

これから色々世間の荒波に揉まれて悟っていくと思いますよ( ̄ー ̄)ニヤリ
ただやっと理解した頃には、二人の幼馴染は手が届かない高みの世界にいることでしょう(鬼

それではまたW

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

感謝いっぱい☆彡

あおい様

こんにちは!
いつも感想コメントありがとうございます!
お忙しいのですね~
そんな中こちらの妄想小話が”最大のご褒美”となったなら、何よりです・

<学生で許されていたことが社会ではそうでもなく、大半が理不尽なことばっかりである。
ですよねぇ
学生時代と違う能力が求められますし。
ふぁいと、です(/・ω・)/

妄想小話シリーズ 続きますよ~(((o(*゚▽゚*)o)))

エルリア様のサイト・・ピクシブ 別ジャンルで活躍されているようですが
自身をアナログ人間と称していたので、HPはお持ちではないような気が致します。
機会があったら伺ってみますね♪


エルリア様-!!ここにファンがいますよ!(笑)って

それではまた(*´▽`*)

エルリア様-!!ここにファンがいますよ!(

エルリア様

こんにちは!
感想コメントありがとうございます(((o(*゚▽゚*)o)))
コメントあり過ぎてレス順番が逆になってしまいました(;^ω^)申し訳ございません💦
そうなんです!!
セレブな新園と、小市民な蘭の落差 こういうの大好物で(^^♪

確かに蘭が二人の「幼馴染」になれた事自体が「奇跡」ですよねぇ
もっと感謝してれば良かったのに、それが当たり前と思い込み ある意味傲慢になってしまったのが彼女の不幸です。
まあ分からなくはないんですよね 学生までは、そういう格差とは無縁に近い世界にいますから。
でも社会人となった時に一気に思い知る。
そして直接会う事も叶わず、テレビを介して知ることでより差が痛感(´;ω;`)ウッ…というパターンです。
現実世界でもままある事だよ、蘭ちゃん(鬼

<でも「幼馴染」なら園子も同じ立場なのに、なぜ公式はああも華麗にその事実をスルーするのか。これも「都合」によりなんでしょう。
本当にねえ 原作都合 ヒロイン都合主義ですよねぇ

そうそう、あおい様がエルリア様のサイトに行ってみたい-!!
と早速ファンになっていらっしゃいます。サイトお持ちでしょうか??
もしございまして、誰でもwelcomeなら次回のコメント欄 URL欄かコメント欄にでも記載 頂ければ幸いです。

それではまたW

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

新園の需要に驚きΣ(・ω・ノ)ノ!

紅玉様

こんにちは!
いつもコメントありがとうございます。
おお~こちらにも”新園、待ってました~\(^ー^)/”派がいらしましたかΣ(・ω・ノ)ノ!
意外と需要あるのかもしれない。

ええ、鈴木財閥の息のかかっていない会社・取引先は少なく、その上工藤夫妻が
世界中のセレブに顔が効きますので、両家を敵にした毛利一家の破滅は決定的です。
でもまあ、特に何もしていないおらず、事実を必要な方々に話しただけなのですが
彼らを敵にしたくない周りが気を利かせた感じです。
だから蘭は喚かなかれば、普通に働けたはずなんですけどね。
もう何処までセルフ自業自得を繰り返すのか(酷)

ですね~、アルバムを持ってきて見せたら信じて貰えるでしょうけど
自身の非を自覚してないから、、告白の返事の放棄や新一君をけなしていた事をナチュラルに暴露して
ますます孤立する未来しか浮かびません(笑)

新園は、セレブ万年ラブ夫婦として、雑誌等に取り上げられるでしょう。
で羨む皆の中で蘭が「そこにいるのは私のはずだったのにイイ!!」でエンドレス うん いつ抜け出せるかしら?(鬼

<新一君は探偵としてパトロンを大量にゲットし、そのパトロンが鈴木財閥の更なる飛躍に貢献するのを想像したら
<「あぁ、蘭ちゃん、新園と友人だったと言うのは説得力皆無だわ」と思いました。
確かにそうですね~
事件解決したセレブなど感謝して、新一ファンになりそうだし、鈴木財閥がバックにいたら
新なビジネス展開も生まれるでしょう。

それでは本日はエルリア様ご提供の皆に愚痴りも誰からも賛同が得られない蘭ちゃんをお楽しみ下さいませ(*^▽^*)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

世良ちゃん編キタ━(゚∀゚)━!

エルリア様

こんばんは☆彡
あ、やっぱり~ でもBLOGは放置状態でも、一応持ってらっしゃるんですね。
ええ、差し支えなかったらサイト名でも教えて下さいませ。
内容がほぼガンダムシードと続編のデスティニーの突込みブログなんですが、コナン記事は去年の映画感想 でもファンなら行きたいかも(^^♪

話変わりまして・・おおまさかの真純ちゃん編を頂けるとわw
実は、私も皆に愚痴り相手にされない といったコメント見て
真純ちゃん・和葉ちゃん 数行で妄想してました。
因みに世良ちゃんにはその時「探偵として言わせて貰うと君は彼の足引っ張ってばかりいるよ。」
バッサリでした(笑)
ですが。こちらの方が丁寧で書き込みも量も凄ーい°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°
そして確かに赤井さんが女性化する作品でもありましたけど
世良ちゃんの方が蘭より厳しい境遇なんですよね。
蘭は新一が帰ってこない私 可哀想 だけど世良ちゃんなんか父・兄殺害(実は生きてたけど)
ですよ!?
別居中とはいえ両親揃ってて、大事な人も生きている蘭のがめちゃ恵まれている。
そしてこちらの作品にもある通り、待っていただけの彼女と違い、世良ちゃんは良くも悪くも
自身で色々動いています。
怒っていいと思いますし、真相知ったら兄の命の恩人に全力で味方するでしょうね。

ありがとうございます~ こちらも是非にupさせて頂きますね。

そしてx100 真打の工藤夫妻編(有希子編)も書いて頂けるのですかΣ(・ω・ノ)ノ!
わーい(≧▽≦)
心待ちにしておりますね。

雪がちらつく名古屋より 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

感謝です(((o(*゚▽゚*)o)))

エルリア様

こんにちは!
コメント+BLOG 情報ありがとうございます<m(__)m>

「アメーバ」「エルリーナ」(名前が微妙に違います)でBLOGが分かるのですね~ コナンはその他諸々で3つ程、掲載されていらっしゃると。ただしメインは別作品と・・
あおい様 聞きましたかっ?Σ(・ω・ノ)ノ!
さあ旅立って下さい(笑)

おお、和葉ちゃん編も頂けるのですかΣ(゚Д゚)
喜びの舞✌('ω'✌ )三✌('ω')✌三( ✌'ω')✌(笑)
お待ちしております。
sidetitleプロフィールsidetitle
30代OLが歴史・節約・日頃・二次小説のことを書き綴っています。 コメント大歓迎★ ですが、宣伝や本文に何も関係ないもの もしくは激しく不愉快、コピペ等、そういった類は、私の判断により 誠に勝手ながら削除の方向です。楽しく語りたいです♪ 二次創作小説もありますが、このサイトは個人作成のものであり、原作者・出版社とは一切関係がありません。私なりの解釈を加えた二次小説もございますので自己責任でご覧になって下さい。

雪月花桜

Author:雪月花桜
タイトル通り歴史大好きな女がブログしてます。
歴史を元にした小説なんかも大好きでそれらについても語ったり、短編なんか書いてみたいです。
現在それ以外でも二次小説をupしておりますし、OLなりの節約・日々の徒然を語っています。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleお勧めサイトwsidetitle
私がいつも使用しているお勧めポイントサイト☆
マクロミルへ登録
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle
BLOGの感想・連絡はコメント欄が返信早いですが、こちらでも受け付けております。 お仕事も募集中です(≧▽≦)

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleリンクsidetitle
当サイトはリンクフリーです。 リンクして頂けたら喜んで伺いますw
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleランキングリンクsidetitle
参加している人気ブログランキングです。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ