FC2ブログ

つまみ食いの作法

2018.04.29 14:40|日記
執事の館 広報係の松原さんからまたしても楽しい伝書鳩が来ました🐓
まさかの”つまみ食い”についての作法を延々と(⌒▽⌒)アハハ! 楽しくて思わずupしちゃいます。
クスッと笑って頂けたら何よりです。
何だろう…松原さんとトークしに執事の館行きたくなるかもwwww


**********************************
お嬢様、ここだけの話で結構ですから、最近どなたかの目を盗み悪いことをなさいませんでしたか?
エスカレータの右側を歩いて上がられたり、時速60km規制のところをちょっとだけスピードを出されたり、
遅い時間にお菓子を頬張られたり、片付けをしないままお出かけになったり、あと、つまみ食いをしたり!

誰も見ていないから大丈夫、みんなしているから安全、そういう感覚でしてしまう悪いことがございます。
とりたてて罰則がなかったり、取り締まりがなかったり、とくに痛みがなければ、ついしてしまいますね。
わたくし松原にとっての「つまみ食い」も該当をいたしますが、これにはちゃんとした作法がございます。

よろしいですか、お嬢様。つまみ食いとは、ただ食材を前にして手を伸ばす所作ではございません。
まず現場を訪れるまえに、入念なイメージを描きます。配膳室にあろう食材、調味料、そしてレイアウト、
いま館内でお仕えしている使用人の名前と顔。ご帰宅を予定なさいます主のタイミングも重要であります。

入館はあくまで堂々と。ドアマンの浄心(じょうしん)に声をかけ、いま館内に入っても差し支えないか、
確かめたうえで玄関の扉を開くのです。そして秘密の通路を通って、使用人の待機スペースに入りますが、
ここで介添係の白壁(しらかべ)に捕まりますと、話が長くなってしまう傾向にありますから注意が必要。

そして給湯室。洗い場に進みます。すれ違う使用人に挨拶を欠かさず、時には礼を述べることもあります。
執事の館・準備委員会は係を横断してのタスクがございますから、誰かの力添えをもらう機会も数多くて。
最後に現場となります配膳室に入って、ひと呼吸。周囲を見渡して、いま置かれている食材を確かめます。

おっと、衛生用の青いグローブを忘れてはなりません。両手にしっかり装着をして、いざつまみ食いです!
松原の場合、真剣な表情を崩さないように心がけ、あくまでお嬢様のため、という体裁を保ちます。
ひとつ頬張っては首を傾げたり、うーんと唸ってみたり。美味しいときは美味しいと述べるのも礼儀です。

1回のつまみ食いにつき、口に運びますのは3~4種類ほど。ここで焼き菓子を前に置いてしまいますと、
後半が辛くなってしまいますから、さくらお嬢様にならってシェフ池下(いけした)の惣菜から攻めます。
飲み物は摂らずに、もし喉が乾いてしまった場合は、給湯室の春田(はるた)に試飲をリクエストします。

そうしてお腹が満たされましたら、衛生用の青いグローブを外して、速やかに配膳室を退出する次第です。
お疲れ様でございます。すれ違う使用人には欠かさず声を掛けて、ただし長居をしないように務める所存。
なるべく速やかに画像を整えて、Twitter を通じてお嬢様につm…試食の報告を差し上げる流れに。

お嬢様…呆れていらっしゃいますね。まさか「つまみ食いの作法」だけで6段落も消費をするとは、
わたくし松原自身も驚いておりますし、改めて「つまみ食い」の奥深さを実感している次第にございます。

コメント

非公開コメント

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

30代OLが歴史・節約・日頃・二次小説のことを書き綴っています。 コメント大歓迎★ ですが、宣伝や本文に何も関係ないもの もしくは激しく不愉快、コピペ等、そういった類は、私の判断により 誠に勝手ながら削除の方向です。楽しく語りたいです♪ 二次創作小説もありますが、このサイトは個人作成のものであり、原作者・出版社とは一切関係がありません。私なりの解釈を加えた二次小説もございますので自己責任でご覧になって下さい。

雪月花桜

Author:雪月花桜
タイトル通り歴史大好きな女がブログしてます。
歴史を元にした小説なんかも大好きでそれらについても語ったり、短編なんか書いてみたいです。
現在それ以外でも二次小説をupしておりますし、OLなりの節約・日々の徒然を語っています。

カテゴリ

最新記事

FC2カウンター

最新コメント

シンプルアーカイブ

検索フォーム

リンク

当サイトはリンクフリーです。 リンクして頂けたら喜んで伺いますw

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる