「重要なこと」と「緊急のこと」

2018.07.10 21:16|日記
第496号:立派なタスク。 という題名で執事の館より気になるお便りがあったのでup。


********
お嬢様、この頃あとまわしになさっている事柄はございませんか。お勉強やお仕事の下調べや報告、
お家のことでしたらお掃除、洗い物、書類の整理もございますし、夏に向けた衣替えをして良いころかと。
何もかも完璧にして過ごされますと息が詰まりますけれど、今できることを後にするのは控えましょうね。

過去にも述べましたが、ひとは「重要なこと」と「緊急のこと」の2つに直面したとき、後者を選びがち。
パッと見ると、どちらも大切なように思えますが、世の中には「さほど重要ではないけど緊急のこと」が、
まことに多くございます。そして、それを優先することが正しいと信じて疑わないひとが多数を占めます。

そして「重要ではないこと」とされやすいのが、いま、お嬢様が後回しになさる事柄かと存じます。
何故ならば、それらはさほど難しくはございませんけれど、取り掛かるのが少し面倒だったりするのです。
あとまわしにして他のことをしたほうが、ずうっと気が楽になるのですから、当然のことと申せましょう。

しかし厄介なのは、小さいけれど「重要なこと」を後回しにしたとき、着手を保留しているという事実が、
お嬢様の脳裏にずっと存在するということです。その数が増してくると、いっそう負担が増します。
あれもしていない、これもしていない。なのに目の前には「さほど重要ではないけど緊急のこと」がある!

そうして(実際にはほとんど動いていないのに)心が疲弊してしまうのです。もし、疲れきった心のまま、
何かをしようとしても思うように動きづらいのは、過去のご経験の中でお心当たりがあろうかと存じます。
一事が万事。大きなことに取り組むのも大いに結構にございますけれど、小さなことも大事にしましょう。

ところで「重要なこと」と「緊急のこと」を見分ける方法は、慣れるまですこし難しいかもしれませんね。
こつは「どれくらい緊急か」を評価すること。反射的に今すぐせねばならない、と思われていたことでも、
冷静になると時間を掛けても良かったり、他者に委任できたりします。まずは、そこから致しましょうか。

「重要なこと」にせよ「緊急のこと」にせよ、未完のタスクが山積いたしますと、誰でも心が折れますね。
こう申し上げているわたくし松原とて例外ではなくて、月に数回ほどタスクの見直しを余儀なくされます。
とはいえ、特別なことではありません。いま抱えている事柄を iPhone のメモ帳に箇条書きするだけです。

過去のお便りでも述べておりますように、こうしてタスクを洗い出す方法はお嬢様にも役立ちます。
まず頭の中に並べていた大小さまざまな「重要なこと」を視覚化し、忘れてもよい状況を作り出すのです。
そして「書き出す」という行為は、それ自体がタスクであり、完了した時点で得られる達成感も重要です。

これはお仕事でもお勉強でも、お家のことでも通用する手法でして、もし更に精度を高めたいのであれば、
それぞれのタスクに「重要度」と「緊急度」の2つを添えることをお勧めいたします。ただし、このあと
優先すべき事項は「重要度」の高いタスクでございます。「緊急度」は、ある程度の調整できるはずです。

いろいろと難しそうに述べましたが、簡単に申し上げますと、いま「あとまわし」になさる事柄を並べて、
順番に実行していくだけのこと。これをせずに放置なさいますと、手詰まりの状態になってしまいますよ。
欲をいえば、この書き出し作業を習慣にできると良いですね。土曜日は書き出しの日としては如何ですか?

もし、それをなさる気力もなければ、何もせず、何も考えずにぼんやりする時間を確保してくださいませ。
そうして少しでも元気になったら、もっともっと小さなタスクをこなし、手応えを得るようにしましょう。
ティーカップを持ち上げて口に含み、焼きたてのマドレーヌを頬張る。これも立派なタスクにございます。
********
前このタスクについて殆ど同じ事を別の講師さんから学んだ事を思い出しました。
仕事でもプライベートでも、取り敢えず書き出してみるだけでも、頭でぐるぐる考えているより(・∀・)イイ!!

コメント

非公開コメント

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

30代OLが歴史・節約・日頃・二次小説のことを書き綴っています。 コメント大歓迎★ ですが、宣伝や本文に何も関係ないもの もしくは激しく不愉快、コピペ等、そういった類は、私の判断により 誠に勝手ながら削除の方向です。楽しく語りたいです♪ 二次創作小説もありますが、このサイトは個人作成のものであり、原作者・出版社とは一切関係がありません。私なりの解釈を加えた二次小説もございますので自己責任でご覧になって下さい。

雪月花桜

Author:雪月花桜
タイトル通り歴史大好きな女がブログしてます。
歴史を元にした小説なんかも大好きでそれらについても語ったり、短編なんか書いてみたいです。
現在それ以外でも二次小説をupしておりますし、OLなりの節約・日々の徒然を語っています。

カテゴリ

最新記事

FC2カウンター

最新コメント

シンプルアーカイブ

検索フォーム

リンク

当サイトはリンクフリーです。 リンクして頂けたら喜んで伺いますw

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる