fc2ブログ

チョコレートの行き先


原作の告白放置のまま時が過ぎたら・・・という感じです。
時系列は、『茨姫は棘だらけの寝台で』『異次元イルミネーション』の後ですので、2作品読んでからの方がより理解しやすいと存じます。
二作品は、カテゴリ欄のコナン二次小説 ”原作 その後”にございます。
この記事の右上の”原作 その後”をクリックしても飛べます。


***注意書き***
本シリーズ作品はRANちゃんには優しくありませんので、ヒロインファンはご遠慮願います。
この注意書きを無視して読んでからの苦情や誹謗中傷のコメントは受け付けておりません。
このサイトは個人作成のものであり、原作者・出版社とは一切関係がありません。
私なりの解釈を加えた二次小説もございますので自己責任でご覧になって下さい。
*************



注意書き読まれましたね?
ではどうぞW





勉強したら?
私はそう言いたくなるのを堪えて、部屋の入口から窓の外に視線をやった。
教室の入り口ではさも渡したいんです、と言わんばかりの表情で箱を持っている同級生がいて、関わりたくないからだ。
(毛利さん、自分の立場分かっているのかな?噂だと本命も滑り止めもこれからだって聞いたけど。)
なのに工藤君がいるこの特進クラスに突進しては冷たくあしらわれ悄然としたり、彼女でラブラブな宮野さんとの二人の世界に勝手に撃沈して去って行ったりと中々忙しい子である。
(そろそろ現実見た方がいいと思う。)
彼女のクラスは文系で下から数えて2番目、親友の鈴木さんは文系で上から2番目。
工藤君、彼女さんの宮野さんは私と同じ理系の特進クラス。
高校3年生になり、受験に備え、成績順に見事に分かれた3人である。
(あのクラスだと滑り止めさえ危なさそうだし。今日バレンタインだからって浮かれている場合じゃないでしょう。)
それが出来るのは工藤君みたいに東都でも余裕な天才か、私のように一足早く安全圏な学校で推薦貰えた人、くらいではないだろうか。
(いや浮かれているっていうより必死 かな。今更そんなに必死になるなら、告白されたとき、きちんと返事すればいいのに。)
そんな中、目を潤ませて入口で佇む毛利蘭の姿は何だかとても場違いだった。
(例えるなら、風景画の中にいきなりパステルカラーが入ったような…違和感。)
休憩時間中、おそらく工藤君を探す視線を向けてきた彼女だが、彼がいないと分かると肩を落として去って行った。
予鈴が鳴る。
この時期のほとんどの授業は自習。
最初こそ先生がいたが、いなくなった途端、既に進路が決まっている女子高校生3人が自然と集まり、それは始まった。

「ウザイ。」
「また来たし。」
「何なのあれ。」
「今日バレンタインだからでしょ。」
「「それは分かってるけどさ。」」
「工藤君に振られてるのに。」
厳密に言うと、工藤君の告白に無視という形で振ったのは毛利さんだが、ここ最近の相手にされてない付き纏いぶりから、振られ女の体を醸し出しているのは圧倒的に彼女である。
「振ったのに彼女出来たら惜しくなったとか最低っ!!」
「杏子、声押さえてっ!これから受験の子もいるんだからさ。」
「あ、さっちゃん。ごめんごめん。」
皆して囁き声に戻す。
「惜しくなったっていうより、高を括ってたんじゃない!?
工藤君が自分以外に靡くわけないから、いくら待たせても平気よ、みたいな。」
「うわあ 嫌な女度がアップしたわ。」
「でもありそう。鋭いね さっちゃん。」
「さて、受験生らしからぬ誰かさんの話題は置いといて~友チョコ交換しよう♪」
私は話題転換を試みた。
「しようしよう。」
「うわあ杏子のこれ凝っている~。」
「ふふふ。昨夜徹夜して作ったし!」
「何やってんの。せっかく受験終わったんだから寝なよ。」
「いや解放されたからこそ、こうやったる みたいな妙なテンションが…!」
「あはは。」
「私のはオレンジリキュール入り(⋈◍>◡<◍)。✧♡」
「おお!大人だ!ごめん 私が一番平凡かも…。」
「美味しそうだよ。定番って強いしね。」
誉めたら誉め返す これ女子の常識。
(毛利さんはそういうの丸無視だよね。鈴木さんなんか、比較対象として体よく利用されているように見えたし。
まあ当事者が気にしないならいいけど、気付いてないだけかもね…。)
彼女に肩入れし過ぎて、工藤君を好きな他の女子の気持ちを蔑ろにした鈴木さんは、最初好きではなかった。
暴走する彼女を必死に宥めていたのさえ、自業自得と思えたものだが、それが半年以上も続くと流石に同情の気持ちが沸いた。
(煽るだけ煽ってさっさと離れた元クラスメイトよか、責任感ある子だよね。)
その園子でさえ受験を眼の前にして既に半分蘭を見捨てていた。
(正直、鈴木さん自分の受験で手一杯よね。お家がお家だから、有名私大の経営関連の学科狙ってるらしいし。)

そしていつの間にかチョコ談義からさっきの話に戻っていた。
「にしてもあのいかにも手作りです ってチョコ 箱の様子からして、多分ケーキでホールサイズだよね。」
「本当 渡せなかったら自分一人で食べるのかな。」
「練習用とかあったらホールケーキ2・3個一人で食べるとかww」
「「きっつ(笑)-」」
「ねえねえそれよりも宮野さんが工藤君に贈ったチョコレート知りたくない?」
私は再び話題転換を試みた。
(どうせなら幸せなカップルの話題にあやかりたい。)
「え?何でさっちゃん知ってるの?」
「ふふふ、オレンジリキュール買いに行った時、デート中の二人に会ったのだ。」
「「何それいいな。」」
「ラム酒とシェリー酒買ってた。チョコレートに入れるんだって。」
「「へ~。」」
「あ、でねここからが本題なんだけど…二人とも5/4予定ある?GWだから家族と旅行とか…。」
「へ?ないけど」
「私もない。」
「あのね三重でイルミネーションで有名な花園あるじゃない?」
「うん。知ってる。有名だし。」
「テレビで紹介されて、いつか行ってみたいって思ってたとこだ!」
「其処でね二人が挙式するんだって、新婦友人枠で出席してくれないかって」
3人は特進クラスの中でも成績優秀で志保に勉強を教えて貰ったのをきっかけにそこそこ仲が良い。
「「何それ!!」」
話を遮る二人。ちょっと待って説明するから。*読者の方は『異次元イルミネーション』を参照願います*
「ええクリスマスにプロポーズした場所で挙式とかロマンティックwww」
「女子の憧れ!!」
「「そんなの出席するに決まっているじゃん!」」
「むしろ用事を蹴倒すわw」
「スケジュール帳に書いとかなきゃ バイト入れないように。」
「此処で嬉しいお知らせ。例のイルミネーション5/6までやってるんだよ。」
「「やったー!!ついでに見れる!」」
「流石に無理かと思ってた。冬季イルミネーションって2月3月くらいまでが多いし。」
「あそこ評判になってからイルミネーション期間伸びたのよ。」
「なるほどね。」
「ねえ、私結婚式とか初めてなんだけど…衣装とかご祝儀とかどうしたら…!」
「私も。」
「今週の土日にでも街に行く?レンタルって手段もあるし、親御さんに買って貰うにしても、大体の値段とか下見とかしといた方がよくない?」
「流石 さっちゃん賢い!」
「行く行く。」
盛り上がりながらも声量は控えめという器用なことをしていた彼女たちは、挙式で案内係を担当した彼女と同じく美男美女に感動することになる。*挙式の様子を知りたい方は『自らの蔦と棘で絡め取られて』を参照願います*

東都 某事務所。チョコレートケーキの山に挑む親子二人がいた。
「うッ。胸焼けしそうだぜ。」
「お父さん。もうちょっと頑張ってよ。もぐもぐ。」
「俺は言ったよな?こんなに作ってどうするんだって。しかもこんなに甘ったるい匂いばっかり。もういやだ。」
新一の愛情を失った蘭は思考がボーっとしがちで失敗作を量産していたのだった。
「自分で責任取って食えよな。俺出かけてくる。」
「あ、もうッ!!逃げた~。なんでこうなるのよ。結局新一には渡せなかったしィィィィ(´;ω;`)ウゥゥ」
後に残されたのは大量の生焼けのチョコレートケーキと蘭一人-。

***********************************
後書 ちょっと早いバレンタイン小説です。
原作その後シリーズ 番外編というか過去編といいますか。
甘い話のはずが…蘭ちゃん限定辛口な小説です あれ-??(・・?
『そうして幸せに暮らしました 後編』が書けず苦戦していたら、何故か浮かんできました('◇')ゞ
書き上げて気付いたのですが、蘭ちゃんより別人視点の方が筆進みます…後編は英理さん視点にしてみようかな(゜レ゜)
本作品は注意書きにもある通り、『茨姫は棘だらけの寝台で』『異次元イルミネーション』の後の高校3年生のバレンタイン小説になります。
よって新志は婚約者同士で一番甘い時期です(´∀`*)ウフフ
あ、この点はバレンタインらしいかも。でも出演してない。…どなたか書いて下さいませんか!(おい 作者)
本日木曜日ですが、朝から「今日金曜日じゃないの?」と思ってます。木曜あるあるですね(笑)

コメントや拍手頂けると作者が狂喜乱舞ゥレシ━.:*゚..:。:.━(Pq'v`◎*)━.:*゚:.。:.━ィィして次なる作品のエネルギーにもなりますので、宜しくお願い致します(((o(*゚▽゚*)o))) 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ホールケーキはない

もしも受け取ってくれる場合でも(。-ㅅ-。)

ホールケーキはない(ヾノ・∀・`)

デカすぎだろ(=゚ω゚)

丁重にお断りしますわ( ・´ー・`)

小五郎さん(。>д<)

元太くんでもいれば良かったですね。
しかし生焼け失敗作なんて父親に食べさせて身体壊したらどうする。
まぁ英理さんの料理でゲテモノ耐性はありそうですが。
成功作も外見だけで中がおかしいとかありそう。
いくら蘭が料理得意でも菓子類まで得意の描写がなかったので余計な心配してしまいます。
園子とか周りとの溝の現実逃避もあったとしたら、負の感情が篭ったバレンタイン…寝込みそう_φ(TдT )

感想コメント ありがとうございます。

RIOs様

おはようございます。
小説の感想はお久しぶりで嬉しいですヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪


<ホールケーキはない(ヾノ・∀・`)
<デカすぎだろ(=゚ω゚)
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
相変わらず絵文字が可愛いですねカワ(・∀・)イイ!!
愛情が妙に重い方向にいっちゃたのですよ('◇')ゞ


( ・´ー・`)の絵文字もまた心情を表している(⌒▽⌒)アハハ!


それではまた 2/14のバレンタイン当日にも小説up予定ですので宜しければいらして下さいませ。
雪月花桜より(≧▽≦)

いつも感想コメントありがとうございますヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

水葵様

おはようございます。
いつも感想コメントありがとうございます(*- -)(*_ _)ペコリ

とんだ災難な小五郎さんでした(。>д<)
あー確かに…!
元太くんでもいれば良かったです。何なら少年探偵団でも…!
でも生焼け失敗作なんて、容赦なく文句言いそう 彼らは(笑)
それで蘭姉ちゃんの化けの皮が剝がれるとか(鬼

<まぁ英理さんの料理でゲテモノ耐性はありそうですが。
<成功作も外見だけで中がおかしいとかありそう。
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
確かにね(((uдu*)ゥンゥン
見かけだけ成功で中身ゲテモノとか罠ですよねΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)

<いくら蘭が料理得意でも菓子類まで得意の描写がなかったので余計な心配してしまいます。
一応、アップルパイ教えて貰った回で先輩が意地悪でわざとダメなレシピ教えたのに
形は崩れたけど美味しかったって言う また無駄にヒロイン上げしている話があります。
分量 手順が違っていたら失敗するのが当たり前なので…こんな無理なアゲあり?と思いました。



<園子とか周りとの溝の現実逃避もあったとしたら、負の感情が篭ったバレンタイン…寝込みそう_φ(TдT )
生焼けチョコの残飯処理で寝込んでそうですけどね(鬼

この小説の楽しさは、3人組の会話と思ってます(作者の独断)
さっちゃんだけ姉 従姉たちの影響により20代30代みたいな言動してますが(笑)

それではまた 2/14のバレンタイン当日にも小説up予定ですので宜しければいらして下さいませ。
雪月花桜より(≧▽≦)

別の方の返信にツッコむのもなんですが…

アップルパイじゃなくレモンパイやで!(゜o゜)\(-_-)

新一の好物ですな(゚ω゚)

あとバレンタインにチョコもらうシーンとかで(´・∀・`)

一応美味しいってなってるから(._.)

まあ一応はできるのかな(*´ー`*)

少年探偵団を模したチョコあげたりしてたし(゚ω゚)

アップルパイじゃなくて檸檬パイ

RIOs様

こんにちは。
ツッコミキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
ご指摘ありがとうございました。
そうでした。アップルパイじゃなくて檸檬パイでした('◇')ゞ

少年探偵団を模したチョコ…。ああ、あった気がします(((uдu*)ゥンゥン
情報ありがとうございました。

水葵様 失礼いたしました。訂正です。

水葵様

こんにちは。
レスでアップルパイと書きましたが訂正です。
レモンパイでございました。失礼しました(*- -)(*_ _)ペコリ

何気に蘭ちゃん料理全般得意だよ 設定がチラホラあります。

重い!

…何だろうなぁ、初っ端から蘭が「健気乙女」アピールしてるように見えるのは、何故なのか。
悲しそーな、切なそーな顔して、じっと突っ立てれば誰かが「どうしたの?」と声をかけてくれるとでも考えてるような。
或いは新一その人が、かつてのように自分を気にしてくれるんじゃないかとか。
しかし、これまでの残念行動が知れ渡っているせいで、誰も気に留めないどころかウザがられていました。
特に女子にはウザがられそう。
目を潤ませて、とか…本当に「女」を最大限に利用してるよなぁ…。正に女に嫌われる女の典型。

―――――惜しくなったって言うより、高を括ってた
ホント、それな!
原作の言動はそれそのもの。私がどんな事をしたって、新一は私にメロメロなんだから大丈夫!返事なんかしなくったって、それを他人に自慢したって、罵詈雑言吐いたって、心配もしなくったって、新一は私を愛し続けるのよ!それが世界の真実!!
というのが原作蘭。
そんな中、続く女子トーク。
私が学生の頃は「友チョコ」なんて概念すらなかった気が…ゲフンゲフン。
更に手作りチョコなんて、作ろうと思った事すら…ゲフンゲフン。
でもでも林先生が言ってたもん。素人の手作りチョコなんて、チョコの味をマズくするだけの自己満足だって!――――と、残念JKのような事を口走ってみる。
おお、園子の評価が持ち直している。

そして…羨ましいな、クラスメート。
志保に友人認定されるなんて、きっと性格のいい子達なんでしょう。彼女、組織時代の事があって、人を見る目がシビアだから。
あ、蘭を明美さんに重ねてるのは、神の贔屓なのでノーカンで。
新志とクラスメートって事は頭もいいのですね。羨ましい。理系ってだけで、私は無理ですが。

ラストの小五郎…( ;∀;)
これからの未来を思うと、幸せな時期だったよな…まだ。
「もうちょっと頑張ってよ」じゃないぞ、蘭。小五郎が糖尿病にでもしたいのか、貴様。
新一に渡せなかったって…ここまで来ても受け身全開だった自分が悪いんだろ?本当に本気で渡したいんだったら、それこそ工藤邸にでも突撃すればよかったでしょ。人間国宝の壺割った時みたいに!
ていうか「婚約者」がいる男に本命チョコ渡そうとか!だからストーカーって言われるんだよ!!
それ以前に新一が甘いもの得意じゃないって知ってるんだったら、ホールのチョコケーキなんて寧ろ嫌がらせだろ!
甘さ控えめとかだったりするにしても、限度ってものがあるでしょうよ。

しかしお菓子作りって、手順や分量間違えるとほぼ間違いなく失敗する筈なんですけどね。オーブンの温度や時間が違っただけでも失敗するのに。
A先生、お菓子作りの知識ないんじゃないかしら?
知識あった上で「エンジェルな蘭は、どんな事も出来るんだよ!」なのか…。

ともあれ、ストーカー時代の蘭のお話、美味しく頂きました。14日も楽しみにしています。

それでは失礼します。





会話と結婚式に参加したい

エルリア様

こんにちは。
いつも感想コメントありがとうございますヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪


当たりです。
「健気乙女」アピールしているからですッ!(言いきり!)
今まではそれをしてれば新一・園子がすぐ来てくれましたから最早、脊髄反射になっているんですね(微妙な表現(;´Д`)

<悲しそーな、切なそーな顔して、じっと突っ立てれば誰かが「どうしたの?」と声をかけてくれるとでも考えてるような。
<或いは新一その人が、かつてのように自分を気にしてくれるんじゃないかとか。
ピンポーン !(^^)!x100!!


<目を潤ませて、とか…本当に「女」を最大限に利用してるよなぁ…。正に女に嫌われる女の典型。
男子はまだ構いそうです…それが更なる反感を呼びそう。
このお話は受験直前の学生が多いのでそれどころじゃない派と何回もやり過ぎて手の内丸見えなんだけど?最早 放置組と分かれており
どちらも相手にしなくなりました(鬼 作者


<―――――惜しくなったって言うより、高を括ってた
<ホント、それな!
全力同意ありがとうございますv( ̄Д ̄)v イエイ
これね書いている内に下りてきた言葉なんです。


<私が学生の頃は「友チョコ」なんて概念すらなかった気が…ゲフンゲフン。
<更に手作りチョコなんて、作ろうと思った事すら…ゲフンゲフン。
<でもでも林先生が言ってたもん。素人の手作りチョコなんて、チョコの味をマズくするだけの自己満足だって!――――と、残念JKのような事を口走ってみる。
ゲフンゲフンなエルリア様 楽しいです(⌒▽⌒)アハハ!

<おお、園子の評価が持ち直している。
ええ、流石に言っても言っても聞き入れない蘭と園子だと、蘭を増長させた原因の一つとはいえ、まともな方に同情がいくと思います。


ええ、クラスメート いいですよね。結婚式私も出席したい!


<ラストの小五郎…( ;∀;)
<これからの未来を思うと、幸せな時期だったよな…まだ。
そうですね(しみじみ
後編で小五郎の行方も書けたらと思ってます。


<新一に渡せなかったって…ここまで来ても受け身全開だった自分が悪いんだろ?
<本当に本気で渡したいんだったら、それこそ工藤邸にでも突撃すればよかったでしょ。人間国宝の壺割った時みたいに!
突進して撃沈→涙目棒立ち作戦でスルー とループで繰り返してて今丁度、棒立ち時期だったのです( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \ 
私も鬼発想です(*´σー`)エヘヘ


<ていうか「婚約者」がいる男に本命チョコ渡そうとか!だからストーカーって言われるんだよ!!
<それ以前に新一が甘いもの得意じゃないって知ってるんだったら、ホールのチョコケーキなんて寧ろ嫌がらせだろ!
御尤も!(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪


本当にね…A先生、お菓子作りの知識ないと思います。
あってもあのエピソードやりたくて「エンジェルな蘭は、どんな事も出来るんだよ!」に話持っていきそう。

美味しく頂けたなら何よりです。
こちらこそ感想ありがとうございます。
それではまた
雪月花桜より(≧▽≦)



重い女

おはようございます。お久し振りです、秋乃です。
蘭!何て重くてウザイ女なんだ。振っているのにホールケーキとかあり得ない‼
片想いで渡すチョコじゃないね!もしも男の方も告白されて悪い気はしなくてもホールケーキ見て引くよ、普通!ホールケーキは両想いに許されたカップルチョコだと思う。
第一婚約者のいる男にチョコ渡すとか言語道断!本当に諦めの悪い女だ。
そんなに執着するのなら何ですぐさま返事を返さなかったのか?原作の返事の仕方も私的に無し!だし。言葉で返すべきでしょう。
ストーカーで逮捕されちゃえ(笑)

恋愛は受験よりも殺人事件よりも重い(by蘭)(←アホ)

こんにちは、万里です。
雪月様からのバレンタインプレゼント・『チョコレートの行き先』の感想です。


初っぱなから蘭ちゃんの必殺技“涙目棒立ち”が総スルーされててウケるヶラ((´∀`*))ヶラ

<教室の入り口ではさも渡したいんです、と言わんばかりの表情で箱を持っている
新一が来てくれるのは無理でも、誰かが声をかけてくれる(優しい言葉限定)のを待ってるんですよね。
わかります。
永遠に待ってろバーカ(爆)

<(例えるなら、風景画の中にいきなりパステルカラーが入ったような…違和感。)
パステルカラーとか優しい表現ですね、杏子さん(かな?誰が誰なのかよく分かってない(^_^;))
私だったら「人間の集団の中にゴリラが一頭混じってるような違和感」とか例えそう(毒)


<(あのクラスだと滑り止めさえ危なさそうだし。今日バレンタインだからって浮かれている場合じゃないでしょう。)
まあ、殺人現場でも余裕で恋愛脳ひけらかす蘭ちゃんにとって、受験シーズンごとき怯む理由にはならないかな!
もっとも、後者の方がサボると自分に「浪人」という実害及ぶけどね。


そして恒例!
モブ子ちゃん達の楽しいお話~ヽ(*>∇<)ノ

おお!三人とも志保さんと仲が良いんですね、羨ましいぞ~(≧∀≦*)
新一君と志保さんの結婚式とか何の予定を蹴り倒してでも駆け付けねば!!
これが『異次元イルミネーション』に続くんですね!

<惜しくなったっていうより、高を括ってたんじゃない!?
<工藤君が自分以外に靡くわけないから、いくら待たせても平気よ、みたいな
その通り!よく分かってるね貴女!!(*’ω’ノノ゙☆パチパチ


<誉めたら誉め返す これ女子の常識。
<毛利さんはそういうの丸無視だよね。
<鈴木さんなんか、比較対象として体よく利用されているように見えたし。

ヤバいな…言われてみれば、園子は蘭をもはや媚売ってるレベルで褒め称えてたけど、蘭が園子を誉めてるシーンを1つも思い出せない…((゚□゚;))
いや、マジです。
蘭て園子の良いところを誉めた時ありましたっけ??
園子の“男漁り”(←蘭の発言)に着いて行っては「園子って本当に仕方ないな~」とか言うだけで、
「尻軽な友人に付き合ってあげてる清純一途な自分」を演出してるとこしか思い出せないぞ!(人はそれを自演乙という。)
この現象は、メタ的な観点から分析すると、作り手が蘭を優遇したいがために、園子というキャラを「蘭を持ち上げる役目」「蘭の引き立て役」として作り出したからでしょう。それが“園子”というキャラクターの存在意義。
園子は蘭を無条件で称賛し味方し続けるし、もしかしたら蘭に園子を誉めさせよう、という発想自体が浮かばないのかもしれません。だって、園子は「一人のキャラクター」ではなく「蘭の付属品」に過ぎないから。
同じような現象は、新一にも起こってますよね。
新一は、実態がどれほどかけ離れていようと蘭を“天使”と褒め称える。
対して蘭の方は、新一を貶すばかりで誉めたことなど1度もない。
(頼りにしてはいるけれど、あれは所謂“ドラえもん扱い”。依存はあれど敬意はない。)
新一は主人公なので作中の色々なキャラに認められてますが、唯一ヒロインのはずの蘭にだけは認められない。
本当に、蘭は新一や園子のことを「一人の人間」として大切に思っているのか疑問です。


モブ子ちゃん達が友チョコでわちゃわちゃしながら新志萌え語りしているのがとても羨ましい!(*^o^)/\(^-^*)
志保と新一のバレンタインもちょっと触れられててヾ(o≧∀≦o)ノ゙
『一滴の水』のバレンタインのイメージですね。

確かに、受験生にも少しは息抜きが必要です。
でも蘭の場合、その“少しは”の準備期間が多分とっても長い。
「何作ろうかな~」とか本屋でレシピ本漁り、家に帰ってもレシピ本ばかりみて、教科書開いたとしても頭の中はバレンタイン妄想で勉強は捗らず、材料買いに行くのに丸1日費やし、数日間は“練習”で費やし、やっと渡す用のチョコレートを作り終えたと思ったらそこからピンクの妄想が始まりやはり勉強が手につかず…
で、当日は新一に相手にされず、やっとバレンタインが終わったかと思いきや、今度は悲劇のヒロイン劇場に忙しくてやはり勉強は手につかない…
うん。
誘拐や殺人よりも恋が大事な彼女なら、きっとこんな感じ。(断言)


結局渡せなかった上に、家にはまだまだ失敗作のホールケーキが…(;´д`)ウゲエ
しかし、新一に突撃はしなかったところを見るに、蘭も本当は望みがないことを分かってるんじゃないかと。
今までだったら新一が要らない言っても強引に家まで押し掛けて「お茶入れてあげるから一緒に食べよう!」やらかすと思うし。
どうやら
<突進しては冷たくあしらわれ悄然としたり、
<彼女でラブラブな宮野さんとの二人の世界に勝手に撃沈して去って行ったりと
で徐々に現実が見えてきた様子。
まあ、『一滴の水』みたく、
突撃したら新志のラブラブバレンタインを目撃Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン
でも面白いですけどね☆

しかし、ホールケーキかあ…。
恋人でもない相手からの手作りなんて気味が悪いにも程があるわ、更に一人じゃ食べきれず冷蔵庫占領するわで、完全な禁じ手ですねえ┐(´д`)┌ヤレヤレ
まあ、「幼馴染みだから!」とか思ったんでしょう。
理由にはならないわな。
蘭ちゃんの気持ち悪さって、
恋人以外がやったらアウトなことを『幼馴染みだから!』で散々やらかすところ
にあるんだと思います。
(まあ、DVは恋人でもアウトですが。)



楽しいバレンタイン話をありがとうございました!
それでは失礼いたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お久しぶりのコメントありがとうございます。

秋乃様

おはようございます。
コメント欄ではお久し振りです。


<蘭!何て重くてウザイ女なんだ。振っているのにホールケーキとかあり得ない‼
皆に言われるx2

<片想いで渡すチョコじゃないね!もしも男の方も告白されて悪い気はしなくてもホールケーキ見て引くよ、普通!ホールケーキは両想いに許されたカップルチョコだと思う。
そこはほら今まで特別感が抜けてない子なので(;^_^A


<そんなに執着するのなら何ですぐさま返事を返さなかったのか?原作の返事の仕方も私的に無し!だし。言葉で返すべきでしょう。
(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
婚約はね…信じてないんですよ(ちーん)
だって信じてたら、自らの蔦と棘で絡め取られての挙式特攻なんてしないと思いません??( ̄ー ̄)ニヤリ

それではまた
雪月花桜より(≧▽≦)

万里様の真骨頂かと思います。続きモブ子話書いて下さいませんかね(早速悪魔の囁き)

万里様

おはようございます。
感想コメントありがとうございますヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

恋愛は受験よりも殺人事件よりも重い(by蘭)(←アホ)の題名が秀逸、です(鬼


<蘭ちゃんの必殺技“涙目棒立ち”が総スルーされててウケるヶラ((´∀`*))ヶラ
(*´σー`)エヘヘ
お褒めの言葉ありがとうございます。


<<教室の入り口ではさも渡したいんです、と言わんばかりの表情で箱を持っている
<新一が来てくれるのは無理でも、誰かが声をかけてくれる(優しい言葉限定)のを待ってるんですよね。
<わかります。
<永遠に待ってろバーカ(爆)
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
万里様も初っ端から飛ばしますね。


ええと語り手はさっちゃんです。分かりにくかったですかね(;´Д`)申し訳ございません。
話題展開を試みようとして口火を切るのはさっちゃんばかりですので…よく読んで頂ければ分かるかな~って(;^_^A
まあ敢えて誰か分からなくても楽しめるようにも書いてますので、心配ご無用

はい恒例のモブ子ちゃん達の楽しいお話~ヽ(*>∇<)ノでございます。
むしろ万里様の真骨頂かと思います。続きモブ子話書いて下さいませんかね(早速悪魔の囁き)


<新一君と志保さんの結婚式とか何の予定を蹴り倒してでも駆け付けねば!!
<これが『異次元イルミネーション』に続くんですね!
(((uдu*)ゥンゥンその通りです。
私も出席したいです。


<<惜しくなったっていうより、高を括ってたんじゃない!?
<<工藤君が自分以外に靡くわけないから、いくら待たせても平気よ、みたいな
<その通り!よく分かってるね貴女!!(*’ω’ノノ゙☆パチパチ
拍手ありがとうございますヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪
万里様節 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!と楽しんです。


<ヤバいな…言われてみれば、園子は蘭をもはや媚売ってるレベルで褒め称えてたけど、蘭が園子を誉めてるシーンを1つも思い出せない…((゚□゚;))
<「尻軽な友人に付き合ってあげてる清純一途な自分」を演出してるとこしか思い出せないぞ!(人はそれを自演乙という。)
<この現象は、メタ的な観点から分析すると、作り手が蘭を優遇したいがために、園子というキャラを
<「蘭を持ち上げる役目」「蘭の引き立て役」として作り出したからでしょう。それが“園子”というキャラクターの存在意義。
やっぱりそう思われます!?
作者の中で園子の立ち位置はそれプラス財閥令嬢ということで色々事件に関われる布石としかしてないわけで…。
だから蘭ちゃんがいないと結構姉御肌のイイキャラなのに、いると途端に彼女の引き立て役になっちゃうんですね。


<対して蘭の方は、新一を貶すばかりで誉めたことなど1度もない。
<(頼りにしてはいるけれど、あれは所謂“ドラえもん扱い”。依存はあれど敬意はない。)
ドラえもん!!Σ(゚Д゚)
なんと斬新な感想でしょうか。
でも凄く納得。以前の園子 クレジットカード説と同じく目から鱗が落ちる気分。


<モブ子ちゃん達が友チョコでわちゃわちゃしながら新志萌え語りしているのがとても羨ましい!(*^o^)/\(^-^*)
<志保と新一のバレンタインもちょっと触れられててヾ(o≧∀≦o)ノ゙
<『一滴の水』のバレンタインのイメージですね。
(´∀`*)ウフフ
そうわちゃわちゃが書きたくて…。



<でも蘭の場合、その“少しは”の準備期間が多分とっても長い。
<「何作ろうかな~」とか本屋でレシピ本漁り、家に帰ってもレシピ本ばかりみて、教科書開いたとしても頭の中はバレンタイン妄想で勉強は捗らず、材料買いに行くのに丸1日費やし、数日間は“練習”で費やし、やっと渡す用のチョコレートを作り終えたと思ったらそこからピンクの妄想が始まりやはり勉強が手につかず…
<で、当日は新一に相手にされず、やっとバレンタインが終わったかと思いきや、今度は悲劇のヒロイン劇場に忙しくてやはり勉強は手につかない…
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
凄い 万里様。やっぱり書きません??
ゲスト小説いつでもお待ちしております(*- -)(*_ _)ペコリ


<突撃したら新志のラブラブバレンタインを目撃Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン
<でも面白いですけどね☆
ネタはありますね。さあ書きましょう 万里様!(お茶とチョコレートとペンと原稿用紙 用意)


<恋人でもない相手からの手作りなんて気味が悪いにも程があるわ、更に一人じゃ食べきれず冷蔵庫占領するわで、完全な禁じ手ですねえ┐(´д`)┌ヤレヤレ
<まあ、「幼馴染みだから!」とか思ったんでしょう。
皆様にもツッコミされてます(⌒▽⌒)アハハ!
そこが彼女ですから!(誉めてない)


それではまた
雪月花桜より(≧▽≦)








続くのは『自らの蔦と棘で絡め取られて』

万里様

こんにちは。
先程のレスで訂正です。
此方の話は『茨姫は棘だらけの寝台で』『異次元イルミネーション』の後であり、続く挙式話は『自らの蔦と棘で絡め取られて』です。

以上失礼致しました(*- -)(*_ _)ペコリ

SS最高です(≧▽≦)

桐様

こんにちは。
楽しんで頂けて何よりです。
感想コメントありがとうございますヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

はい。痛い女丸出しです('◇')ゞ

<的を得てますね♪
<渡して何になるのか。また自分のところへ戻ってくれると思ったのでしょうか。
鋭い!桐様キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


<渡せなくて、食べさせられる小五郎さんも気の毒に(‘◇’)ゞ
<というよりも蘭ちゃん、自分で作ったのだから責任もって自分で食べるということはしないんですね。
あ、これですね。二人で処分してたところに最初に小五郎さんがギブアップして逃げたってとこです。
きっと彼は階下で珈琲飲んで口直ししていることでしょう。

皆様仰る『渡すのにホールケーキはないなあ。』(⌒▽⌒)アハハ!
激しく同感 ありがとうございますv( ̄Д ̄)v イエイ


<「どうして、受け取ってくれないの!!せっかく作ったのに!!」
<怒りをあらわにして問い詰めると
<「だって、俺志保がくれたので十分だし」
<「そのチョコレートもさ。2人で何しようかって相談して、2人で作ったんだ!(^^)!」
<のろけながらそう語る新一君に
<ショックを受ける蘭ちゃんΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)
<私とはそんなこと一度もしなかったのに(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
<と固まった蘭ちゃんが目に浮かびました。


うわあ もしも無理に渡そうとしてたらショートショートすっごく楽しいです。
思わず全文載せてしまったくらい。
いいですね。二人で作った惚気話で自然撃退とか(´∀`*)ウフフ

それではまた 近日中に小説upしますのでまたお目にかかれることを祈って
雪月花桜より(≧▽≦)

彼女持ちにホールケーキはちょっと・・・

お久しぶりです!小説は読ませて頂いていたのですが最近忙しくてコメントを送る時間がなかったのですが覚えていてくださっているでしょうか・・・|д-)

受験目前なのに恋愛脳全開なのはいつものことですが、それにしても彼女持ちの人にホールケーキを渡そうとする神経が・・・うん・・・安定の蘭ちゃんですね!←
まぁ例え新一がフリーの状態でもホールケーキは流石にうぇってなりそうですけど・・・(確か新一って甘いもの苦手でしたよね?ならビターだったとしてもホールはキツいと思います・・・)

お久しぶりですヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

ゆり様

お久しぶりです!勿論覚えておりますよ。
久しぶりのコメント嬉しいですヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪
お忙しい中 ありがとうございます。
私はコロナウイルスの関係で取引先中国がさっぱり稼働せず…。絶賛暇です!(おい

<受験目前なのに恋愛脳全開なのはいつものことですが、
<それにしても彼女持ちの人にホールケーキを渡そうとする神経が・・・うん・・・安定の蘭ちゃんですね!←
皆さんに言われるwww
まあそれが蘭ちゃんですから。


<まぁ例え新一がフリーの状態でもホールケーキは流石にうぇってなりそうですけど・・・
<(確か新一って甘いもの苦手でしたよね?ならビターだったとしてもホールはキツいと思います・・・)
ええそうですね。
でも映画でも新一の誕生日に自分の趣味の映画誘う子ですから…('◇')ゞ
なのに天使扱いされている原作に違和感感じます。
そこは誘う人の好みだろうと思った雪月花桜です。

雪月花桜より(≧▽≦)

失礼します。

だいぶ遅くなりましたが、脱字があったので報告いたします。
後半の東都 某事務所〜からの文章にあるチョコレートケーキのところがチョコレートケーとなっていました。
感想でないものですみませんでしたm(_ _)m

ご指摘ありがとうございます。

美波様

こんにちは!
脱字のご指摘ありがとうございました。
すぐ訂正させて頂きました。

なんて器用な間違いをするんだと自分にツッコミしました。
それではまた
プロフィール
ご訪問ありがとうございます(≧▽≦) 名古屋OLが歴史・節約・日頃・二次小説のことを書き綴っています。 コメント大歓迎★ ですが、宣伝や本文に何も関係ないもの もしくは激しく不愉快、コピペ等、そういった類は、私の判断により 誠に勝手ながら削除の方向です。楽しく語りたいです♪ 二次創作小説もありますが、このサイトは個人作成のものであり、原作者・出版社とは一切関係がありません。私なりの解釈を加えた二次小説もございますので自己責任でご覧になって下さい。

雪月花桜

Author:雪月花桜
タイトル通り名古屋OLがブログしてます。
歴史を元にした小説なんかも大好きでそれらについても語ったり、一次小説なんかも書いてますす。好きな漫画(コナンやCLAMP etc)&小説(彩雲国物語)の二次小説をupしておりますし、OLなりの節約・日々の徒然をHappyに語っています。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
シンプルアーカイブ
フリーエリア
参考になるサイトさんがあります どうぞww↓
節約・貯蓄ランキング にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(一人暮らし)へ
にほんブログ村 参加してます(*´▽`*) にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
検索フォーム
リンク
当サイトはリンクフリーです。 リンクして頂けたら喜んで伺いますw
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる