fc2ブログ

舞台裏で嗤う


原作の告白放置のまま時が過ぎたら・・・という感じの原作その後シリーズ 番外編です。
単独でもお楽しみ頂けますが、『茨姫は棘だらけの寝台で』『異次元イルミネーション』『チョコレートの行き先』『自らの蔦と棘で絡め取られて』『呪いが解けたその時には』を読んでからの方がより理解しやすいと存じます。
『呪いが解けたその時には』の舞台裏になります。
作品は、カテゴリ欄のコナン二次小説 ”原作 その後”にございます。
この記事の右上の”原作 その後”をクリックしても飛べます。




***注意書き***
本シリーズ作品はRANちゃん 毛利一家に優しくありませんので、ヒロインファンはご遠慮願います。
この注意書きを無視して読んでからの苦情や誹謗中傷のコメントは受け付けておりません。
このサイトは個人作成のものであり、原作者・出版社とは一切関係がありません。
私なりの解釈を加えた二次小説もございますので自己責任でご覧になって下さい。
*************




注意書き読まれましたね?
ではどうぞW


「猶予の時間切れ…。1年間もストーカーした挙句、白い衣装で結婚式に乗り込んでくるとかやるだけありますね。」
未だに彼を諦めきれないとは…と呟いた。
(別に諦めきれないだけならかまわない。想うだけなら自由だ。だが彼女はいつ何時暴走しかねない考えの足りない女だ。)
結婚式後に娘に幻想を見ている妃英理にも工藤氏を通じて警告してもらった。
彼女なりに娘に自覚を促したようだが、生来の思い込みの激しさはなかなか直らない。
占いで一人悲劇ヒロインごっこをしている と報告書が上がってくる。
そうこうしているうちに、組織の壊滅の関与に工藤新一がいたことがマスコミにリークされてしまう。
(また悲劇面されてはかなわない…。新一君を守る為に先手打つか。)


『黒の組織壊滅!立役者に日本警察の救世主:工藤新一!』
『潜伏期間中の真実!!」
『鬼気迫る命の遣り取り』
『各界の大物 軒並み逮捕の裏側』
テレビを見ながら、降谷零は冷然と微笑んだ。
「さあ、ツケ払いの時ですよ。」


江戸川コナンのお蔭で”偽りの名探偵”になれた毛利小五郎。
工藤新一に娘の精神的なお守を任せていることにも気づかず、法曹界で驕る”無敗の弁護士”。
「新一君が気に病むから元凶には手出ししませんよ。…感謝してほしいですね。」
脳裏に「俺が蘭に待っててほしいと言ったから。」と負い目を感じた若き本物の名探偵の困った顔が浮かんだ。
(それで済む段階を超えているよ。大体待っていたのは彼女だけじゃなかろうに。)
彼女を下手にテレビに出して被害者面されるのも、コナンやベルモットに関する話で組織に繋がる何か-思わぬ事を話されても困るという事情もある。彼女は意外に目敏い面もある。
(外面だけはいいからな。視聴者もあの涙目に騙されかねないし。何せあのベルモットすら一時”天使”なんて呼んでたくらいだ。僕からしたら堕天使だがな。)
そこからは組織で”情報屋”として潜り込んだ彼の独壇場だった。
(大衆を100%味方につける必要はない。少数派も絶対いるし…。重要なのは報道を通じて毛利蘭が空手で迷惑をかけ、泣き落としする女だと認知させることだ。)
更に言うなら新一が蘭の精神的支柱を担っていた イコール 毛利夫妻がその任を果たしていないという報道もされればいい。
それらを裏付ける事実が想定以上に出るわ出るわで半目で降谷は週刊誌を捲っていた。
「我が子と同い年の子にどれだけ負担掛ければ気が済むんだが。いくら新一君が聡明で優しいとはいえ限度がある。
気づいていないというのが更に罪深い。無知は罪だな、風見。」
「降谷さんが出るほどの案件ではありません。…コーヒーどうぞ。」
「ああ、ありがとう。書類はそこに置いてくれ。」

 
頃合いを見計らい、『眠りの小五郎と法曹界のクイーンの娘』が死闘から帰ってきた新一を1年以上ストーカーし、両親が慰謝料と賠償で500万払い、謝罪したという情報も流す。
(どうせあの女は「私、ストーカーなんてしてない!」「酷い!」とか今ごろバイト先で喚いているだろうがな。)
報道後の視聴者の反応はどうしても批判派と擁護派に別れる。
”英雄”に対し何て女と批判される一方で『思わせぶりな行動でもしたのでは?』という擁護論も出た。
「案の定だな。…例の映像をTV局へ。」
そして次の日、顔こそ隠してあるものの空手を放った映像が流れ、あっさりと『どんな事情があるにせよ、暴力はよくない』となった。
慰謝料が高額過ぎないか、元々お金持ちなのにこんなに取る必要あったのか?という観点からの切り口。
「亡くなった人間国宝のものであると記者に流せ。」
貴重な伝統文化作品が失われたと毛利蘭への批難が更に高まることになる。
「いい加減幕引きしましょうか。組織関連の情報はもっと重要なものもある。」
何を極秘にし、何を報道させるか またどこまでリークされてしまったかの確認等、やることは山ほどある。
はっきり言って付き纏い女だけに時間を割いていられない。

「工藤先生、DV被害の会への寄付の件で記者会見お願いします。」
「分かったよ。これで新一達が新婚旅行から帰るまでには、落ち着くかね?」
「そうさせます。」
「頼んだよ、降谷君。」
新婚旅行で組織壊滅で協力した国を訪問し大歓迎されて、帰国予定日がどんどん延びているのもこの際都合が良い。

『DV被害に遭われる方の避難シェルターの数が足りないと聞いております。是非お役立て頂きたい。』
この会見で工藤新一及び工藤一家を悪く言う世論はほぼなくなり、むしろ絶賛の域であった。
反対に毛利夫妻は謝罪と慰謝料を払うという最低限の事をしていたお蔭で、徹底的な制裁こそ免れたものの、やはり保護者としての資質を問われる事になった。
中でも英理は別居のきっかけが激マズ料理という最大級に下らないモノであり”育児放棄””母親失格”のそしりを受ける事になった。両事務所は閑古鳥が鳴く事になる。
(当然だな。)
そして蘭に関する報道は元々組織殲滅の添え物程度だったのでコレで幕を閉じ、別の逮捕されたセレブについて移っていったのだった。

「これで終わり…。後はご自由にどうぞ。」
「ただし一家揃って、新一君に縋るのはもう辞めて頂きたいものだね。」
”毛利家は娘だけではなく揃って英雄:工藤新一に集り続けた寄生虫一家”という大衆受けしそうな週刊誌の題名をちらりと見た後
嫣然と降谷零は舞台裏で嗤う-。
ベルモットが見たらバーボンがいると思ったことだろう。
(まあこれからが大変だがな。両親はほぼ無収入。
今まで新一君と鈴木財閥令嬢のバックアップがあったからこそ叶った贅沢や精神的優位がなくなったことを突き付けられるだろう。いやそれはもう分かっているはずだがな。)
それだけではない。
かっとなるとすぐ空手を使う悪癖。いつ誰が録画していても可笑しくない。
今はSNSというものもある。拡散して散々叩かれるだろう。
英雄 工藤新一の足を引っ張った幼馴染という名の”ストーカー女 毛利蘭”というだけで誹謗中傷を浴びたり、嫌がらせをされたりするだろう時にその悪癖がまた出たら…。
負のスパイラルだ。
(だが知ったことではない。)
これ以上こちらからは何もするつもりはないから、地味に誠実に日々を送れば、穏やかに暮らせるはずだ。
(”先生”頑張って下さいね。…それでは さようなら。)
「さて次の仕事だ。…この実業家の逮捕をマスコミに流せ。」
「はっ。」

母親が家出したというのは確かに同情の余地はある。
だが逆に言えばそれだけだ。しかも行方が分からないではなく、たまに会っていて母親負担で食事をしたり、買い物までしている。
その他の面で言えば、バイトもせず私立高校に通え、空手までやらせてもらっているし、父親も側にいる。友人もいた。
上を見ればきりがないが、むしろ恵まれた方ではないではないだろうか。
孤独な生い立ちの降谷からすればどうしてあそこまで悲劇のヒロインとして自分に酔えるか理解しがたい。
(あの環境で悲劇面出来るのなら、孤児とかどうなるんだか。)
(まあ幸せを感じるアンテナというのは人それぞれだからな。…)


真心として何を与えるか。
何を愛情として受け取るか。
そしてどんな形の幸せならば心が満たされるのか。
それは人によって違う。


(例えどんなに愛情を傾けようと、どんなに真心を込めようとも、そこがずれていては報われることはない。救われることはない。)
簡単に言えば需要と供給の不一致。
蘭の新一へのそれは「もっと もっと!」と際限のない欲に見えた。子供が親に求める無償の愛。
(あれは・・・求めてる相手が違うだろう。おそらく本当の相手は妃英理 母親だ。)
だがいい子の仮面をかぶり続けた彼女は気付かない。つまるところ、彼女はまだ精神的に幼いままなのだ。
「だから彼女と上手くいかなったのは君のせいじゃないよ。新一君。志保さんとお幸せに。」
新婚旅行で世界一周している工藤若夫妻に心からの幸せを祈る-。

********************
後書  原作その後シリーズ 『呪いが解けたその時には』の報道の裏話です。約1か月ぶりの小説upです(´∀`*)ウフフ
バーボン降臨…!><の巻です( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
最初に『呪いが解けたその時には』を書きながら、この舞台裏案が浮かんだ時には、優作氏や赤井さんも参戦して最強3人組…!
萌える…!とかって妄想してくふくふしていたのですが書き始めたら降谷さんにもっていかれました(笑)
かろうじてタッグを組んだ優作氏がちらり バーボン強し…!
実際、毛利一家だけなら、情報を武器にした公安の彼だけでなんとかなっちゃうだろうな という現実的な判断もあります。

最後の心の語りですが…昔 好きな推理小説シリーズで孤児達を引取り我が子と分け隔てなく育てるという過去が元で事件が起きるというパターンがいくつかありました。
実子の自分を特別に扱ってほしい(被害者となった娘視点)として、癇癪や我儘を起こしてたのが遠因で限りなく事故に近いが殺される。
亡き牧師の夫に従いつつも本当はその分のお金を使えばもっといい家に住めた等不服を言った牧師夫人は我が子を大事にしただけと話した犯人でした。
この二つは別の話なのですが、根底に流れるものが似ていると思います。
平等に愛するというのは素晴らしいことなのですが、それと同時に我が子を特別に想う 親に特別に想われたいのもまた人間。
愛情には色んな形があり、正解はないということ。
そしていくら愛情を示しても、それが子供の欲しい愛情の形ではないと救われないこともある ということ。(これが言いたかった!)
身内にこのギャップに苦しんでいる子がいます。
私は彼女は一番愛情やお金を注がれていたと思うのですが…彼女自身はそう思えないみたいで…難しいですね。

此処までお読みに頂き、ありがとうございました。
楽しんで頂けたら嬉しいです。
感想コメントや拍手頂けたらもっと嬉しいですヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

バーボンの微笑み'`,、('∀`) '`,、

降谷さんなら小手先で充分すぎますね。証拠証言映像等山ほどあるでしょうから。
擁護派が騒ぐ片端から潰していくのはらしくて(^^;)。

生かさず殺さず甘いと思わせつつきっちり罠に嵌まるのを眺めている(悪癖なんて蘭が自省してなければ今まで通り。パパラッチとでも騒いで記者達をを蹴り倒しそう)

工藤優作なら出版社に息子にされた仕打ちを語れば充分世論を煽ることになるのでは

赤井さんなんか出番所が眺めているので精一杯とか(こういう事は向いてなさそうなので)

蘭の不幸話、クラスメイトなら常に愚痴混じりで聞かされていたでしょう( -`Д´-)
本当に大変な子は蘭がどれだけ恵まれているのかの自慢話にしか聞こえなかったでしょうね。(ヽ´ω`)
むしろ笑って同情出来る子なんて園子以外といなかったのでは(笑える時点で園子も本気で同情してない)

まるで裸の王様

降谷さん無双

報道の舞台裏…待ってましたキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

本当にね。
降谷さんが思う通り、あの思い込みの激しさがなく、周囲の人の話(主に小五郎と園子。英理…?微妙ですねぇ)に耳を傾けていれば、あんなに何年も苦しまずに済んだのにね。
読者視点から見れば、やっぱり悲劇のヒロインぶりっ子な自殺未遂にまで追い詰められる事もなかったのにね。

ええ、工藤新一の復帰を待っていたのは別に蘭一人ではありません。
ていうか、あの「健気に新一を待ってる私」にイラっと来るのは、「普段は新一のことなんて忘れてるかのようにのほほんと暮らしてる」だけじゃなく、まるで「自分以外には新一を待ってる人なんていない」みたいな感じが透けて見えるからなんですよね。
他にも新一を待っている人がいると考えていたら、あそこまで「私は特別なのよ~♡」な傲慢かませないと思うんですが。
それはさておき。
確かに新一は「待っててくれ」とは言いました。
でもそれを魔法の言葉のように蘭が振りかざすのは違うでしょう。散々新一に「早く帰って来い」「腕が落ちた」とか罵詈雑言吐いておいて。
本当に蘭は外面最強ですからね。
降谷さんの危惧はご尤も。
だがしかし、降谷さんの手腕にかかれば世間知らずで近視眼的な小娘・蘭など相手になる訳がありません。

それでも出て来る事自体は仕方ない、蘭への擁護は次々と潰されていきます。
現在は以前に比べて、暴力に対する目が遥かに厳しくなってますからね。
蘭には「武道家の基本」が欠落してますから、これだけじゃなく、下宿していた昴さんに出合い頭に蹴りを入れた所も流せばよかったのに。
防犯カメラに残ってるんじゃないかと思うんですが…「架空の人物」なのはマズいんでしょうね。
他にも家人が誰もいないのに、勝手に合鍵使って上がり込んでるのも非常識の誹りは免れないと思うんですけどね。
お金持ちだから高額な慰謝料取るなって言うのは、そもそもそれがおかしいんじゃないかな?
それ言ったら、お金持ちはどれだけ人に迷惑かけられても我慢してろって事になるのでは?民事裁判に訴えても、加害者に何の罰もない(或いは軽すぎる)なんて憤りしか残りません。
一般的に「裕福な者」に対する妬み・僻みが言わせたんでしょうね、これ。

そしてサッサと蘭のことにカタをつける降谷さん+優作パパ。
そりゃ、組織戦の事後処理を考えれば蘭如きに何時までも構ってはいられませんものね。
毛利一家全員で、「取るに足りない者」扱いが( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
長年、新一にこれでもかと言わんばかりに依存し集り続けたツケを大人しく払って下さいね、としか。
そのくせ一家揃って新一を見下していたんですから、これから襲ってくるどんな不幸も苦労も自業自得!
小五郎は更に、英理の「無視」にまで気付いてしまって…結局一家離散状態になっちゃいますしね。
更にその後、英理と蘭は和解してやっと本当に親子になりますけど。
そう言えば、最初の頃にバイト先で空手でやらかした事も拡散されててもおかしくないんですよね。
もし空手がなくても、我慢の効かないヒステリックな性格だから、それだけでも悪評は高まる一方ですし。
幾ら外面が良くても、あの報道後ではそもそもの評価が最底辺だから、ちょっとした事でも尾ひれ背びれがつきまくって、SNSで拡散とかはされなくても近所での噂話には事欠かない状況。
そりゃ引き篭もりにもなります。
…自業自得だけどね(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

蘭は「両親の別居」と言うたった一つの不幸にしがみついて、他の幸福に全く気付いていないっぽいんですよね。
虐待されてる訳でもなく、普通に学校に通えて、部活まで出来て、衣食住に不自由なく、あちこちフラフラと遊び歩ける。――――どの辺が不幸なのか?
蘭の場合、降谷さんが言ってた「幸せを感じるアンテナ」が物凄く鈍いか、不良品なんじゃないかな?
何年もかかって、漸く「細やかだけど、ちょっとした事が幸せ」と言う境地を得ますが。
新一からの「恋心故の異性からの愛情」では、幾ら無尽蔵に注いでも、本質的に「母親の愛情」に飢えていてそれを求める蘭には、満足が出来ないって事ですね。

後書き。
まぁ、情報戦ならば、赤井さんがいなくても降谷さんだけで無双できますからね。
場所がアメリカなら逆になる可能性もありますが、寧ろ情報戦はCIAが専門だったかな?
全ての子どもに「慈愛」を注ぎたいのなら、「血の繋がった我が子」は持たない方がいいのかもしれませんね。
本人は尊い事をしている訳ですが、子どもの方はそうはいかない。
「どうして他の子と同じ扱いなの!」と言う不満は当然出てしまう。突き抜けてしまったら「私が可愛くないから、他の子を引き取ってるの?」とまで考えるようになるかもしれませんし。
人間である以上、親だって完璧なんて事は有り得ません。
そして親子であっても相性的に合わない人もいるので、難しい問題ですが…それが他人に依存して、我儘言いたい放題、集り放題していい理由にはならないからな!そこの似非ヒロイン!!

とりあえず、新志には全く被害が行かず幸せ一杯なハネムーンを満喫して帰ってこれるようで\(^o^)/
登場はしていないけど良かった良かった。

それでは失礼します。



感想コメントありがとうございますヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

水葵様

こんにちは。
早速の感想コメントありがとうございますヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪
バーボンの微笑み'`,、('∀`) '`,、の題名が秀逸でございますv( ̄Д ̄)v イエイ

<降谷さんなら小手先で充分すぎますね。証拠証言映像等山ほどあるでしょうから。
<擁護派が騒ぐ片端から潰していくのはらしくて(^^;)。
(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
片手間でやっておりますwww


<赤井さんなんか出番所が眺めているので精一杯とか(こういう事は向いてなさそうなので)
ニヒルに笑ってそうですけどね( ̄ー ̄)ニヤリ


<蘭の不幸話、クラスメイトなら常に愚痴混じりで聞かされていたでしょう( -`Д´-)
<本当に大変な子は蘭がどれだけ恵まれているのかの自慢話にしか聞こえなかったでしょうね。(ヽ´ω`)
<むしろ笑って同情出来る子なんて園子以外と
<いなかったのでは(笑える時点で園子も本気で同情してない)
<まるで裸の王様
本当に大変な子からしたら腹ただしいでしょうね。
あ-それだと園子以外友達がいないって説もありになります。(例のコンビニバイトの子は園子の友達ってことで)

それではまた
雪月花桜より(^_-)-☆

名感想v( ̄Д ̄)v イエイ

エルリア様

こんにちは!
またしても力の入った感想コメントありがとうございますヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪
お待ちしておりましたよv( ̄Д ̄)v イエイ


<報道の舞台裏…待ってましたキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
待って頂きありがとうございますキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! です(笑)

ええ、あの思い込みの激しさがなく、周囲の人の話(主に小五郎と園子。英理…?微妙ですねぇ)に耳を傾けていれば、
あんなに何年も苦しまずに済んだのですが…それができる子ならあそこまで思い込めていない とも言います。


<ええ、工藤新一の復帰を待っていたのは別に蘭一人ではありません。
<ていうか、あの「健気に新一を待ってる私」にイラっと来るのは、
<「普段は新一のことなんて忘れてるかのようにのほほんと暮らしてる」だけじゃなく、
<まるで「自分以外には新一を待ってる人なんていない」みたいな感じが透けて見えるからなんですよね。
<他にも新一を待っている人がいると考えていたら、あそこまで「私は特別なのよ~♡」な傲慢かませないと思うんですが。
(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
すっごく分かります。
やはりエルリア様と共感ポイントが似ています(*´艸`*)



確かに新一は「待っててくれ」とは言いましたが蘭はそれを免罪符に使ってますよね
私はそれが好きではなくて(;´Д`)


<「早く帰って来い」「腕が落ちた」とか罵詈雑言吐いておいて。
<本当に蘭は外面最強ですからね。
(゚д゚)(。_。)ウン(゚д゚)(。_。)ウン



<下宿していた昴さんに出合い頭に蹴りを入れた所も流せばよかったのに。
<防犯カメラに残ってるんじゃないかと思うんですが…「架空の人物」なのはマズいんでしょうね。
あ、その線もありましたね。


<他にも家人が誰もいないのに、勝手に合鍵使って上がり込んでるのも非常識の誹りは免れないと思うんですけどね。
これはね…頼まれたからとか何とか言わせない為なんですよ。
水掛け論になりがちな話題にはノータッチ がいいと思ったので。


<一般的に「裕福な者」に対する妬み・僻みが言わせたんでしょうね、これ。
それもありますが…一般の人がイメージするストーカー被害の謝罪額をはるかに越えていた為おこってます。



<そしてサッサと蘭のことにカタをつける降谷さん+優作パパ。
<そりゃ、組織戦の事後処理を考えれば蘭如きに何時までも構ってはいられませんものね。
<毛利一家全員で、「取るに足りない者」扱いが( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
そう!そうなんですよ(・∀・)ウン!!
やることいっぱいなんで!(力説
エルリア様の( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \頂き嬉しいですv( ̄Д ̄)v イエイ

 
<長年、新一にこれでもかと言わんばかりに依存し集り続けたツケを大人しく払って下さいね、としか。
<そのくせ一家揃って新一を見下していたんですから、これから襲ってくるどんな不幸も苦労も自業自得!
この一家揃って寄生虫!が書きたかったんです(鬼



<幾ら外面が良くても、あの報道後ではそもそもの評価が最底辺だから、
<ちょっとした事でも尾ひれ背びれがつきまくって、SNSで拡散とかはされなくても近所での噂話には事欠かない状況。
<そりゃ引き篭もりにもなります。
<…自業自得だけどね(* ̄▽ ̄)フフフッ♪
実は…その通りのことが起きてます流石 エルリア様!
一度悪い噂がついたら怖いのがSNSの世界。しかも本当のことなので(;'∀')
(* ̄▽ ̄)フフフッ♪のお顔が悪い顔( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \




ええ、情報戦ならば、赤井さんがいなくても降谷さんだけで無双できるので、こうなりました。
場所がアメリカなら赤井さん参戦も有り得たかもしれません。
CIAもいいかも。

<全ての子どもに「慈愛」を注ぎたいのなら、「血の繋がった我が子」は持たない方がいいのかもしれませんね。
<本人は尊い事をしている訳ですが、子どもの方はそうはいかない。
<「どうして他の子と同じ扱いなの!」と言う不満は当然出てしまう。突き抜けてしまったら
<「私が可愛くないから、他の子を引き取ってるの?」とまで考えるようになるかもしれませんし。
なるほど (・_・D フムフム と思いました。そうかもしれませんね。


<人間である以上、親だって完璧なんて事は有り得ません。
<そして親子であっても相性的に合わない人もいるので、難しい問題ですが…
<それが他人に依存して、我儘言いたい放題、集り放題していい理由にはならないからな!そこの似非ヒロイン!!
(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
そうなんですよね 小さい頃って親って何でも知ってて神様みたいに感じたことあったけど、そんなことないんですよね。
相性もあるし…。

<とりあえず、新志には全く被害が行かず幸せ一杯なハネムーンを満喫して帰ってこれるようで\(^o^)/
それが肝心なんです。
どなたか 各国の警察組織に大歓迎され、スカウト合戦に巻き込まれる わちゃわちゃいちゃいちゃの新志 新婚旅行話書いて頂けないものか(自分で書け)

エルリア様 如何ですか?(悪魔の囁き)( ̄ー ̄)ニヤリ

それではまた
雪月花桜より!(^^)!







プロフィール
ご訪問ありがとうございます(≧▽≦) 名古屋OLが歴史・節約・日頃・二次小説のことを書き綴っています。 コメント大歓迎★ ですが、宣伝や本文に何も関係ないもの もしくは激しく不愉快、コピペ等、そういった類は、私の判断により 誠に勝手ながら削除の方向です。楽しく語りたいです♪ 二次創作小説もありますが、このサイトは個人作成のものであり、原作者・出版社とは一切関係がありません。私なりの解釈を加えた二次小説もございますので自己責任でご覧になって下さい。

雪月花桜

Author:雪月花桜
タイトル通り名古屋OLがブログしてます。
歴史を元にした小説なんかも大好きでそれらについても語ったり、一次小説なんかも書いてますす。好きな漫画(コナンやCLAMP etc)&小説(彩雲国物語)の二次小説をupしておりますし、OLなりの節約・日々の徒然をHappyに語っています。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
シンプルアーカイブ
フリーエリア
参考になるサイトさんがあります どうぞww↓
節約・貯蓄ランキング にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(一人暮らし)へ
にほんブログ村 参加してます(*´▽`*) にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
検索フォーム
リンク
当サイトはリンクフリーです。 リンクして頂けたら喜んで伺いますw
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる