fc2ブログ

殺しの双曲線


最近再び推理マイブーム到来しておりますv( ̄Д ̄)v イエイ
読んだ本の一部をちょいちょい紹介していきますね。(全部は大変なので('◇')ゞ)
まずは好きなクローズドサークルをネットで検索し読んでみました。

『殺しの双曲線』
差出人不明で、東北の山荘への招待状が6名の男女に届けられた。彼らは半信半疑で出かけて行く。
雪に埋もれ、幸福感に酔っていた彼らはやがて恐怖のどん底に突き落とされた。
殺人が発生したのだ。しかも順々に……。クリスティ女史の名作「そして誰もいなくなった」に、異色の様式で挑戦する本格推理長篇。


suiri.jpg




鉄道ミステリで有名な西村京太郎先生の作品です。こういうのも書かれていたのですねΣ(゚Д゚)
雪月花桜の大好物(笑) クローズドサークル(⋈◍>◡<◍)。✧♡

以下ネタバレありの感想です。
未読の方はリターン願います。







小説の冒頭部で「双子トリック」が仕込まれていることが宣言されています。
最初これは強盗の双子組かと思うのですが、これが見事に作者の思うツボWWW
強盗双子は真犯人の双子に操られただけの人たちでした。

2箇所で同時進行する事件ということでこの題名なのだな~(・_・D フムフムと唸りました。
物語もさくさくと進み面白かったですし、読みやすかったです。

ただご都合主義の点がちらほらとあり…それはミステリだからと何とか納得させても
下記2点だけはどうしても引っ掛かりました。

・双子の入れ替えトリック 実行犯と山越えする担当と労力をフェアにしたかったのかもしれませんが…
この入れ替えトリック要らないと思うんですよね。
遺族、記者たち、警察でごった返していたであろう山荘なら、逆に双子とばれないよう片方が舞台メイクでも施して
さも新人記者のように紛れこむだけで良かったのではないでしょうか。
コナンのように別人みたいなのは無理でも、鬘・眼鏡・少々のメイクなどで印象が全く変わりますし、その後目立った行動を取らなければバレないと思うんですよね。

・何もしなかった って通勤ラッシュで彼らだけじゃないと思うんです。
ホームにだって人はいただろうし…ちょっと釈然としません。
咄嗟の時に動ける人ってそうはいないだろうから(大勢いると誰かやるという心理も働く)、被害者が気の毒になってきました。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
ご訪問ありがとうございます(≧▽≦) 名古屋OLが歴史・節約・日頃・二次小説のことを書き綴っています。 コメント大歓迎★ ですが、宣伝や本文に何も関係ないもの もしくは激しく不愉快、コピペ等、そういった類は、私の判断により 誠に勝手ながら削除の方向です。楽しく語りたいです♪ 二次創作小説もありますが、このサイトは個人作成のものであり、原作者・出版社とは一切関係がありません。私なりの解釈を加えた二次小説もございますので自己責任でご覧になって下さい。

雪月花桜

Author:雪月花桜
タイトル通り名古屋OLがブログしてます。
歴史を元にした小説なんかも大好きでそれらについても語ったり、一次小説なんかも書いてますす。好きな漫画(コナンやCLAMP etc)&小説(彩雲国物語)の二次小説をupしておりますし、OLなりの節約・日々の徒然をHappyに語っています。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
シンプルアーカイブ
フリーエリア
参考になるサイトさんがあります どうぞww↓
節約・貯蓄ランキング にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(一人暮らし)へ
にほんブログ村 参加してます(*´▽`*) にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
検索フォーム
リンク
当サイトはリンクフリーです。 リンクして頂けたら喜んで伺いますw
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる