fc2ブログ

十二単衣を着た悪魔

映画の予告編での弘徽殿の女御の美しさと強烈な台詞の数々。

「男は能力を形にして示せ」
「かわいい女はバカでもなれる。しかし、怖い女になるには能力がいる。」
「帝もなめた真似をしてくれるわ!」
「言いたいことを言って何が悪い。」
「身の丈にあったことだけをして傷つかぬよう生きるなど小物のすることです。」

一気に魅かれ原作を読んでみたくなりましたv( ̄Д ̄)v イエイ
ただ男にとって可愛い女って結構才能いるんじゃないかと思うんですけどね・・・



内容情報】(「BOOK」データベースより)
59もの会社から内定が出ぬまま大学を卒業した二流男の伊藤雷。それに比べ、弟は頭脳も容姿も超一流。ある日突然、『源氏物語』の世界にトリップしてしまった雷は、皇妃・弘徽殿女御と息子の一宮に出会う。一宮の弟こそが、全てが超一流の光源氏。雷は一宮に自分を重ね、光源氏を敵視する弘徽殿女御と手を組み暗躍を始めるが…。エンタメ超大作!!

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
内館牧子(ウチダテマキコ)
1948年秋田県生まれ。武蔵野美術大学卒業。東北大学大学院修士課程修了。脚本家。93年第一回橋田賞、2011年モンテカルロ・テレビ祭で三冠を受賞。00年より女性初の横綱審議委員会審議委員に就任し、10年に任期満了により退任。11年4月東日本大震災復興構想会議委員に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


以下ネタバレありの感想です。
未読の方はリターン下さい。



よろしいですね??
ではどうぞw

主人公である雷が一宮に共感し、弘徽殿の女御に影響されていく様が良かったです。
しかし女御様は1000年早いキャリアウーマンwで独立心溢れてて、冷静な判断能力に矜持も優しさもあってと凄くイイ女です。
時代が彼女に追い付いて追いついていない。歴史ではままあることです。その時代の常識と自身の性格が合っていれば楽に生きられますが合っていないと生きにくい。
平安時代で家族(特に優秀な弟)のことを思い出しながらも居場所を作っていく雷にほっとしますが、妻子を亡くしたあたりが悲しくて心に迫ります。
現代に戻って(しかもタイムスリップ前の姿と時代)でこれからどうしたらいいのか戸惑う主人公の様子は辛いものがあります。
「若い時に戻りたい」と言えるのは絶対ないからこそ言える台詞だと述懐していますが、これ本当にその通り!
何が向いているのか五里霧中 暗闇の中で色々試行錯誤した若い時・・・もう1回やれと言われてもしんどい予感しかしない。
まあやりたいことと自分の能力が把握出来ているので、行動に無駄がなくなるくらいのメリットはありますがね。
最後、源氏物語の研究者になろうと大学院入学を目指す という目標が見えて終わっているのでほっとしました


このお話で、好きなのが光源氏の「理想の女性は弘徽殿大后。」という部分。
これ以前なろうさんで見つけた弘徽殿の女御が主人公の小説でも似たような部分があったんです。
帝が天然鈍感キャラ、弘徽殿がどんな風でも倒れない 妖も避けて通る王者、桐壺更衣が弱そうに見せかけて実はヤンキーキャラ(だから天然な帝を見捨てられない)という小説とは全く違うキャラですが、光源氏のある種の理想は弘徽殿大后という点だけが一緒。
須磨から帰ってきた源氏と弘徽殿が酒を飲む話があるのですが、政敵として葬れなかった源氏を前に弘徽殿は敗者の気分だけど全然媚びないし毅然としているんです。で源氏は感服して彼女をもう一人の母上だと思っていたと語るんですね。
誰もが甘やかしてくれるなか偽りを見破るし、叱りもする という・・・うーんやっぱり現代だったらバリバリの政治家か起業家になれたでしょうね。

疑問なのが、弘徽殿の女御が正妃という書き方していること。
正妃に一番近い妃であるけど正妃ではないんじゃないかな・・・。
正妃というのは藤壺がなった中宮のこと。
だからこそ、後継ぎを生み且つ最古参である弘徽殿の女御が中宮になれなかったのって凄い屈辱だったんじゃないかな。
一条帝の生母が正にそれだったし。結構、源氏物語であ、この人がモデル?ってのが歴史人物にいてこれも楽しい。

参加してます(*´▽`*)ポチッとしてくれると素敵サイトさんが待ってます(^◇^)

節約・貯蓄ランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(一人暮らし)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
ご訪問ありがとうございます(≧▽≦) 名古屋OLが歴史・節約・日頃・二次小説のことを書き綴っています。 コメント大歓迎★ ですが、宣伝や本文に何も関係ないもの もしくは激しく不愉快、コピペ等、そういった類は、私の判断により 誠に勝手ながら削除の方向です。楽しく語りたいです♪ 二次創作小説もありますが、このサイトは個人作成のものであり、原作者・出版社とは一切関係がありません。私なりの解釈を加えた二次小説もございますので自己責任でご覧になって下さい。

雪月花桜

Author:雪月花桜
タイトル通り名古屋OLがブログしてます。
歴史を元にした小説なんかも大好きでそれらについても語ったり、一次小説なんかも書いてますす。好きな漫画(コナンやCLAMP etc)&小説(彩雲国物語)の二次小説をupしておりますし、OLなりの節約・日々の徒然をHappyに語っています。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
シンプルアーカイブ
フリーエリア
参考になるサイトさんがあります どうぞww↓
節約・貯蓄ランキング にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(一人暮らし)へ
にほんブログ村 参加してます(*´▽`*) にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
検索フォーム
リンク
当サイトはリンクフリーです。 リンクして頂けたら喜んで伺いますw
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる