fc2ブログ

大奥19巻 完結 よしながふみ著

大奥19巻 完結していたのは知っていたけれど、単行本が2月に出ていたと全く気付かなくて先月に読みました(笑)
いや~長年に及ぶ女将軍の愛と人間ドラマが凄かった(・∀・)ウン!!

【内容情報】(出版社より)
16年に亘る超傑作がついに完結!!
安寧と言われた江戸時代にも終幕が。
江戸城明け渡しのその時、大奥では何が!?
そして、江戸城を追われた大奥面々のその後は!?
よしながふみ渾身のメッセージが込められた熱き一冊です!
2021年2月刊






以下ネタバレありの感想です。
未読の方はリターン下さい。



それではどうぞw
この「大奥」の慶喜は何と戦を勝に丸投げ!錦の御旗に恐れをなし、部下も見棄てる有様(ひどい)
史実でもこれはやらかしてます(おい
そして馬鹿にしていた天璋院・静寛院宮へ取り成しを頼む始末(これも史実通りなんだけど)
ちか子は慶喜の為に交渉なんか嫌だと拒否するけど、彼の為ではないと天璋院に説得され動くことに。

結局、勝海舟VS西郷隆盛の直談判の場に密かに集合した面子はなんと瀧山・天璋院・武家の男に変装したちか子!
なんという豪華メンバーΣ(・ω・ノ)ノ!
隣の部屋で勝と西郷の話し合いを聞いていたちか子は西郷の女将軍を認めない言葉に怒りを感じて、いきなり襖を開けて西郷に猛抗議して脅しまでかける!ここが凄い!滝山は和宮が本当に御台になられたのだと涙するシーンがいい・・・><
和宮が内親王であると知ったと同時に天璋院が差し出した宸翰の内容を読んだ西郷は、和宮様が女性なら将軍が男性であったに違いとわざわざ自論を展開し、無血開城の条件を呑む。

その後最後の花見で女性の姿に戻った美しい女宮 静寛院宮の姿が!
その姿に『ああ、そういうことであったのか』と、ひれ伏す家来たちは納得する静かで美しい情景が素敵・・・・・!


そして引き渡し当日。瀧山が江戸城以外で生きていくのが思い描けないと自害を図るが、察した仲野が駆け付けたことと、天璋院が馬を走らせ、薩摩藩に医者の手配を頼み、一命をとりとめます。
実は懐に忍ばせた亡き家定の形見の懐中時計も自害失敗した原因ってのがいいです。
亡き家定、和宮、天璋院 皆に叱られ、養子にした仲野にも泣かれ、死ぬことを禁じられる瀧山。
この時の医者の話で家定が毒殺ではなく、妊娠ゆえの病死だったと語られ心のつかえが取れる天璋院。

時は流れ、明治。実業家になった瀧山に雇ってくれと言ってる胤篤がいました(笑)主従逆転www
そして瀧山のシルクハットを追いかけた胤篤は、小さい頃に留学したことで有名な津田梅子に出会う。
その話す内容がいいv( ̄Д ̄)v イエイ

「内緒ですが私はその昔、将軍の御台所だった男なのです。この国はかつて代々女が将軍の座に就いていたのでございますよ・・・」( ̄ー ̄)ニヤリ

女だって国を動かす人物になることはできるのだと、梅子に彼なりのエールを送って終焉です。

めっちゃ良かったです!!(((uдu*)ゥンゥン
よしながふみ先生、お疲れさまでしたヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
ご訪問ありがとうございます(≧▽≦) 名古屋OLが歴史・節約・日頃・二次小説のことを書き綴っています。 コメント大歓迎★ ですが、宣伝や本文に何も関係ないもの もしくは激しく不愉快、コピペ等、そういった類は、私の判断により 誠に勝手ながら削除の方向です。楽しく語りたいです♪ 二次創作小説もありますが、このサイトは個人作成のものであり、原作者・出版社とは一切関係がありません。私なりの解釈を加えた二次小説もございますので自己責任でご覧になって下さい。

雪月花桜

Author:雪月花桜
タイトル通り名古屋OLがブログしてます。
歴史を元にした小説なんかも大好きでそれらについても語ったり、一次小説なんかも書いてますす。好きな漫画(コナンやCLAMP etc)&小説(彩雲国物語)の二次小説をupしておりますし、OLなりの節約・日々の徒然をHappyに語っています。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
シンプルアーカイブ
フリーエリア
参考になるサイトさんがあります どうぞww↓
節約・貯蓄ランキング にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(一人暮らし)へ
にほんブログ村 参加してます(*´▽`*) にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
検索フォーム
リンク
当サイトはリンクフリーです。 リンクして頂けたら喜んで伺いますw
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる