fc2ブログ

翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件    麻耶雄嵩著

ミステリーとしては一風変わった麻耶さんのミステリー界を騒然とさせた衝撃のデビュー作をついに読んでみました。




内容紹介
首なし死体、密室、蘇る、死者、見立て殺人……。京都近郊に経つヨーロッパ中世の古城を彷彿させるゴチック調の館・蒼鴉城を「私」が訪れたとき、惨劇の幕はすでに切って落とされていた。事件の最中、満を持して登場するメルカトル鮎。そして迎える壮絶な結末! 


以下ネタバレありの感想です。
未読の方はリターン下さい。
よろしいですね??





大企業今鏡家の屋敷《蒼鴉城》という舞台。
呼ばれた名探偵、木更津悠也と小説家で彼の友人の香月実朝で王道か~と思ったら、途中で別の探偵 メルカトル鮎が来て
(あ、これが実朝の兄弟か~⇒別作品で知ってた)って思ってたら、まさかのあっという間に殺されしまう(゚Д゚;)
あんなに人を喰ってたタイプがあっさり退場と拍子抜け。
そして木更津の推理…。奇想天外過ぎて特に1カ所納得いかないなと思ったら、最後の最後にまさかの真相が・・・・・!
探偵が二人とも手玉に取られてしまう展開、ワトソン役が真相に辿り着き犯人を内部崩壊させる。
この圧倒的パワーとどんでん返しは好き。
歴史好きとしてはアナスタシア皇女が出てきたのは面白かったが、犯行の動機がこれまたどうも納得しがたい。
一家を殺された彼女なら自分の家族を大事にしそうなものだが…??
うーん。バカミスやアンチミステリと呼ばれてるこの方の作品はやはり読む人を選ぶと思う。

ただ90歳のおばあさん "ひさ=絹代=アナスタシア"にこんな犯罪出来る?とか実朝の母親 我が子を守るとはいえ、このやり方だと実朝は安全だがメルカトル鮎はあっと言う間に見つかるけど??というツッコミがすぐには浮かばなかったという辺りに、世界観にかなり呑まれていたというか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
ご訪問ありがとうございます(≧▽≦) 名古屋OLが歴史・節約・日頃・二次小説のことを書き綴っています。 コメント大歓迎★ ですが、宣伝や本文に何も関係ないもの もしくは激しく不愉快、コピペ等、そういった類は、私の判断により 誠に勝手ながら削除の方向です。楽しく語りたいです♪ 二次創作小説もありますが、このサイトは個人作成のものであり、原作者・出版社とは一切関係がありません。私なりの解釈を加えた二次小説もございますので自己責任でご覧になって下さい。

雪月花桜

Author:雪月花桜
タイトル通り名古屋OLがブログしてます。
歴史を元にした小説なんかも大好きでそれらについても語ったり、一次小説なんかも書いてますす。好きな漫画(コナンやCLAMP etc)&小説(彩雲国物語)の二次小説をupしておりますし、OLなりの節約・日々の徒然をHappyに語っています。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
シンプルアーカイブ
フリーエリア
参考になるサイトさんがあります どうぞww↓
節約・貯蓄ランキング にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(一人暮らし)へ
にほんブログ村 参加してます(*´▽`*) にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
検索フォーム
リンク
当サイトはリンクフリーです。 リンクして頂けたら喜んで伺いますw
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる