fc2ブログ

共に不幸になる権利(一滴の水 番外編 蘭追憶編)


「ねえ。どうして?私には貴方と共に不幸になる権利もなかったの?」

師走の慌ただしい日々。とある駅の路地裏。
実家に帰る前に手作りのレモンパイと手荷物を抱えて、優花の元に顔を出しに行くことにした蘭の姿があった。
(結婚式に出席して貰ったお礼言わなくちゃ。あと近況報告でペンションのこととか話したいなぁ。)
客が少なければそのまま話が出来るが、多ければ挨拶だけしてぱっと帰って別の日に話そうかな、と占い師の優しい美貌の顔を浮かべながら、今後の予定の段取りを浮かべる。
(あ、優花さんだ…!今占っているお客さんだけ。しかも話が佳境っぽい。)
長くみても後30分くらいかなとそのまま次の客席に座る。
通りで簡易的な机と椅子だけでやっている占いなので、相談内容が聞こうとしなくても自然と耳に入る。
30代半ばと思しき華やかな美人のお客さんは最初、夫と上手くいかないという悩みだったのだが、徐々に昔の恋人の話になっていく-。
(結婚運占ってもらって、新一の話になった私みたい。)
彼女は所謂、いいところのお嬢様で、大学時代に旧家の末息子と恋に落ちた。
箱入りお嬢様だった彼女にとってそれが初めての恋人だったそうだ。
厳格な彼のお父様にも気に入られ、このまま結婚すると思っていたが、その彼の父親が急逝。
当主が亡くなって、その旧家が実はかなりの財政難に陥ってことが判明し、彼は大学を辞めざるをえなくなった。
しかも彼女は恋人に「今の家の状態では、貴女を幸せにできない。」と言って別れを告げられてしまう。
彼女はまだ恋心を抱いていたが、両親からも破産寸前の家に行くことなどないと猛反対されてしまい、良い子でお嬢様の彼女にはそれを跳ねのける強さなどなかった。そもそも、彼自身に振られてしまっている-。
そして二人は別れ、彼女は適齢期に親の勧める人と見合い結婚したが、初恋の彼を忘れられず、夫と上手くいかなくなった、ということらしい。
「”こんなに大変な家に嫁いで貰って、苦労させるわけにはいかない。”って言ってたって、この間、彼のお兄様から聞きました。」
「私のこと、なのに決めるのは彼、両親…。私も若くて 世の中ってそうなのかな って流されてしまったけど、私のこと、なのに。」
「幸せにしてくれって言ってないのに。」
「ねえ。どうして?私には貴方と共に不幸になる権利もなかったの?」
見捨てられたかのようにポツンと呟いた彼女の声は蘭の心に響いた。

(ああ…!分かる 分かるよ!お姉さんの気持ち、分かる!)
思わず彼女に声を掛けたくなるが我慢する。
「蘭、新一はな、お前を巻き込みたくないから、守りたいから黙っていたんだ!」
「新一君はもう別の世界の人よ。蘭 付いていけないわ。諦めなさい。」
両親の窘める声が甦る-。
「・・悪い。手が離せないんだ。」
苦しげな新一の声がする-。
他にも園子、目暮警部、世良ちゃん、高木刑事 色んな人の声が反芻する。
そのどれもが蘭を想い、危険から遠ざけようとしてくれていた。それは理解出来る、けれど-。
(ずっとモヤモヤが消えなかった。悲しかった。悔しかった。…さっきのお姉さんの言葉で分かった。)
自分のことであるのに、良かれと思って皆が選択肢を決めていたからだ。
告白の返事をせずに瀬川君に頷いてしまった蘭にその権利は最早ないかもしれない。
だが蘭には分かってしまう。
返事をしていても、誠実に向き合っていても新一はおそらく、組織の事を黙っているという選択肢を取るであろうことが。
それが彼の思い遣りからきていることでも蘭は悲しかった。組織の恐ろしさも守秘義務の大変さも理解した今でさえ。
知らされない 苦労も共有できない。失敗も挫折すらない-。だから成長も出来ない。
恋愛=幸せしか見えてなかった蘭には不幸になる覚悟と言ってもどこまで理解できたか。無理だったろう。けれども-。
目や耳を塞ぎ、綺麗なものだけを視界に写すような-。
(まるでガラスケースのお人形みたいな扱い…。)

”ペンションをやりたいから苦労させるかもしれない。でもついてきてくれないか?蘭さん。”
夫の顔が浮かぶ-。苦労させるかもしれないが共に居てほしいと正直に言ってくれた男性(ひと)。
(貴方と結婚出来て、本当に良かった。)
ペンション経営してまだ半年。
ようやっと軌道に乗り始めたけど、建築費用の借金はまだまだあるし、やることは山積み。
だが夫婦で共に同じことを築き上げる苦労は蘭を充実させていた。だからこそ思えることがある。
(さようなら。私をガラスケースのお人形扱いして大事にしてた新一。新一をヒーロー扱いしてた子供の私。近いと…近すぎてお互いの姿が見えなくなっちゃうんだね。)
お互いがお互いの中に理想を見過ぎたのだ。
大粒の涙を零した彼女を見て応援したい気持ちに駆られる。
(落ち着いたら声掛けてみようかな。あ、レモンパイ一緒に食べませんか?って誘ってみようかな。)
お節介かもしれない。拒否されるかもしれない。
でも蘭は知っているのだ。人は放っておいてほしい時もあるけれど、側に居てくれるだけでいい時もあると-。
それは大事な人だったり、反対に行きずりの人が良かったりと様々だけれど。
(私もお人形じゃない。貴女もお人形じゃない-。生きているんだから-。)

***************************************************
後書 蘭が結婚して初の里帰りする途中で優花さんに会いに行く話。
優花さんの元にきたお客さんの話を聞いて過去の自分を追憶する蘭。
幸せだからこそ、大人になったからこそ分かることがあります。
最後 実は迷いました。私は見ず知らずの人に一緒に食べませんか?ってやれません(踏み込まない優しさってあると思う)が蘭ちゃんはやりそうだな、と。(踏み込む優しさ)
こういうのって正解はないので、でも私には書けないので、声を掛けるつもりで終わらせました(笑)
続き どなたか書いて頂けたら嬉しいです(おい
楽しんで頂けたら幸いです。
感想頂けたらもっと嬉しいです。
ちなみに”共に歩む幸せを” http://haruharu786.blog11.fc2.com/blog-entry-1069.html の蘭幸せ編と題名は対称的になってます。

PS 実はハロウィンの映画ネタ 書きたかったのですが、コ哀ネタは殆どないし(こっそり二人で抜け出そうとするシーンくらいかな?何かネタありましたらお教え下さい。)、警察学校組は3年前なので夢の絆 チート新一にも救済出来ない~>< でも何か書きたい熱だけは沸き上がったので、昔読んだ探偵シリーズからネタを貰い、書いてみたのが本作品です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

久々の\(^o^)/

嬉しいです。°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

世の中、上手くいかない恋愛も結婚生活も山ほどありますからね。
この蘭は既に自分が幸せを見つけて落ち着いたからこそ、このモブさんのことをきちんと考えられたんでしょうね。
ダメンズ・ウォーカーしてた頃だったらこうはいかなかったでしょう。

蘭は神の寵愛とそれ故の甘やかしのせいで、こうなっちゃってる気がしますね。
本当に辛い事や危険な事からは遠ざけられる、危険な目に遭っても自力で解決する事はなく「ヒロイン」として助けられる…。
そう言う意味では正に「悲劇のヒロイン」かも。
主人公の新一の助けになるどころか、足枷にしかなれないという意味で。
…しかしそれを上回る罵詈雑言や暴力、集り行為の数々…。
それに実際組織関連に関しては、あの当時の蘭の性格からすると沈黙が最善なのは変わりませんしね。力になれる事はないし、寧ろ空手を過信して暴走する危険性が遥かに高いし。

本当に新/蘭って相性最悪なんですよね。
お互いを理想視し過ぎて、恋は盲目という言葉そのまんま。そして周りが勝手に盛り上げすぎて洗脳状態。
結婚しても性格の不一致で早々に離婚しそうです。

そう言えば、かなり昔の漫画で「女は幸せにしてくれそうな男より、この人となら不幸になっても構わないと言う男を選ぶ」というようなセリフがありましたっけ。
全てに当てはまる訳ではないし、お互いの性格や覚悟の仕方などもありますけど。

ただ最後の方の(さようなら。私をガラスケースの~)は、その「お姫様扱い」を望んでたのはお前だろーが!とイラっとしました。
いや、微妙に違うのは解るんですけど、大事にされたい、愛されたい、とことんまで尽くしてほしい、全部自分の望みを叶えろ、こんな我儘全開で来られたら…。
それでいて「人間」としても扱えって、高校生には無理難題としか。
―――すみません。
どうあっても蘭への不満が出てくる私の感想(;^ω^)

ハロ嫁は…私も滾ったんですが、逆行と女体化という特殊設定とはいえ、既に警察学校組書いちゃってるので、新たな切り口を模索してる最中です。
あの頃よりいろいろ情報が揃ってはいるのですが…難しい。

それでは失礼します。


お久しぶりです(((o(*゚▽゚*)o)))

エルリア様

おはようございます。
喜んで頂けてこちらこそ、嬉しいです。
感想ありがとうございます(((o(*゚▽゚*)o)))


ええ、世の中、上手くいかない恋愛も結婚生活も山ほどありますよね(((uдu*)ゥンゥン
はい。自分が満たされていると視野が広くなると書いてみました。


<蘭は神の寵愛とそれ故の甘やかしのせいで、こうなっちゃってる気がしますね。
<本当に辛い事や危険な事からは遠ざけられる、
<危険な目に遭っても自力で解決する事はなく「ヒロイン」として助けられる…。
<そう言う意味では正に「悲劇のヒロイン」かも。
<主人公の新一の助けになるどころか、足枷にしかなれないという意味で。
なるほどx2。


<それに実際組織関連に関しては、あの当時の蘭の性格からすると沈黙が最善なのは変わりませんしね。
<力になれる事はないし、寧ろ空手を過信して暴走する危険性が遥かに高いし。
そうなんです!
小説内蘭はそれを漠然とはいえ理解しつつも、知らされない哀しみ みたいなのを書いてます。
原作では理想的な新/蘭ってなってますが、エルリア様の言う通り相性最悪なんですよね。
多少の泣き言はありかもしれませんが黙って待つ or 戦うなら最低限自分のことは自分で何とかする の二択ならエンジェル呼びにも頷けるのに。
だから映画でも年々出番が無理やりか殆どないになっていく…。


「女は幸せにしてくれそうな男より、この人となら不幸になっても構わないと言う男を選ぶ」
ほー(赤井さん風)
納得、です。

<ただ最後の方の(さようなら。私をガラスケースの~)は、その「お姫様扱い」を
<望んでたのはお前だろーが!とイラっとしました。
<いや、微妙に違うのは解るんですけど、大事にされたい、愛されたい、
<とことんまで尽くしてほしい、全部自分の望みを叶えろ、こんな我儘全開で来られたら…。
<それでいて「人間」としても扱えって、高校生には無理難題としか。
現実にあるんですよ…。
身内毎で恐縮ですが、「アレ言わないで。コレ分かってるから言わないで。」と言うので当たり障りのない話題しか出来なくなったら「深い話がしたい。」ってorz
深い話をさせないようにしているのは彼女自身なのでが、その矛盾に気づいていないんですよ('◇')ゞ要は自分の都合の良いように動いてほしい(無自覚)です。
大人でも対応に四苦八苦しているので、高校生じゃ無理ゲーですよね。
…話を小説に戻しますと、大事にし過ぎて共に歩む等身大の相手ではなくなった というのを蘭ちゃんなりに表現した結果、”ガラスケースの人形”になりました。
もっと上手な文字化表現探してます。

―――いえいえ、全然構いませんよ(⋈◍>◡<◍)。✧♡
そう!ハロ嫁は警察学校組書きたいんですけど、3年前以上に逆行するか if生存ルートにするしかないんで、新シリーズにするか…
あ、夢の絆 小説内映画で死んだことにされているけど、実はモデルがいます(生きているパターン)で舞台挨拶、とかなら書けるかな??
コメントの返事書いているとネタが浮かびやすいです(笑)
それではまた


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

同意しまくり

みゅう様

こんにちは。
感想コメントお久しぶりで、嬉しいです(((o(*゚▽゚*)o)))
エルリア様といい蘭ちゃんネタだと皆様の反応がいい(笑)
「愛してる人と一緒にボロボロになるのもプライドよ!」って自立した女性が言うのがカッコいいですね。
蘭が足りないのってこういういところだと思います。
傷つく覚悟&泥を被り悪役になるかもしれない覚悟。


受け身で主体性のないヒロイン…(((uдu*)ゥンゥン
あ、でも主張する時だけはすごい我が出ますよね~すべて中途半端?
自分の都合の良いように解釈する…誰でも多少はあるものだけど、彼女の場合、それが新一君にだけ顕著なんですね。

<彼にとって彼女は与える側であって分かり合ったり、
<一緒になにかする対象ではないのでは?と思ったんですよね。
<そういう意味では哀ちゃんとコナン君て色々と分かち合えるというか、対等で相性がいい。
なるほどX2。
確かに、どっちもアリですけど蘭が神の寵愛で成長出来ないから、成長していく新一とどんどん差が開いて世界が違っていくんですよね。

<本来なら親がするのを全部新一君がしているようなイメージ?
<幼馴染みでありながら兄妹であり、親であり、友であり、家族でありみたいな?
それ、私も思いましたし、小説のそこかしこに書いておりますっ!親代わり・兄弟代わりで恋人って難しいと思う。10歳くらい差があるならともかく同じ年ではきつい。
だから家族に対する甘えと恋愛のあれこれとごっちゃになってしまっていますよね(((uдu*)ゥンゥン

確かに…!空手設定ない方が良かったですね。
それなら多少待たされている不安で愚痴が多いだけ で済んだのに。
みゅう様が書かれている通り、色々矛盾が多いですよね。
特に大和撫子設定でハイレグってさ(呆れ あ、他は結構語り尽くした感があるので割愛(笑)

確かに蘭アゲの為に他キャラ下げは読んでていやですよね💦
修学旅行編なんか特にそれ。
ストラップ取り返すのに、あんなに頑張った少年探偵団に対し哀ちゃんの反応が…。あんなキャラじゃなかったはずなのに('◇')ゞ

最優先が事件な彼と、自身を最優先にしてほしい蘭では確かに、相性悪いんですよね。
それではまた

雪月花桜より(^_-)-☆
プロフィール
ご訪問ありがとうございます(≧▽≦) 名古屋OLが歴史・節約・日頃・二次小説のことを書き綴っています。 コメント大歓迎★ ですが、宣伝や本文に何も関係ないもの もしくは激しく不愉快、コピペ等、そういった類は、私の判断により 誠に勝手ながら削除の方向です。楽しく語りたいです♪ 二次創作小説もありますが、このサイトは個人作成のものであり、原作者・出版社とは一切関係がありません。私なりの解釈を加えた二次小説もございますので自己責任でご覧になって下さい。

雪月花桜

Author:雪月花桜
タイトル通り名古屋OLがブログしてます。
歴史を元にした小説なんかも大好きでそれらについても語ったり、一次小説なんかも書いてますす。好きな漫画(コナンやCLAMP etc)&小説(彩雲国物語)の二次小説をupしておりますし、OLなりの節約・日々の徒然をHappyに語っています。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
シンプルアーカイブ
フリーエリア
参考になるサイトさんがあります どうぞww↓
節約・貯蓄ランキング にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(一人暮らし)へ
にほんブログ村 参加してます(*´▽`*) にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
検索フォーム
リンク
当サイトはリンクフリーです。 リンクして頂けたら喜んで伺いますw
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる