fc2ブログ

エンジェルのままではいられない


原作の告白放置のまま時が過ぎたら・・・という感じです。
『茨姫は棘だらけの寝台で』『異次元イルミネーション』の直後 蘭が有希子に泣きつく話です。ハロウィンネタが少しあります。
作品は、カテゴリ欄のコナン二次小説 ”原作 その後”にございます。
この記事の右上の”原作 その後”をクリックしても飛べます。



***注意書き***
本シリーズ作品はRANちゃんには優しくありませんので、ヒロインファンはご遠慮願います。
この注意書きを無視して読んでからの苦情や誹謗中傷のコメントは受け付けておりません。
このサイトは個人作成のものであり、原作者・出版社とは一切関係がありません。
私なりの解釈を加えた二次小説もございますので自己責任でご覧になって下さい。
*************



注意書き読まれましたね?
ではどうぞW

親友がかつてエンジェルと称した少女が目の前で泣いている。
その姿に有希子は過去の光景を思い出した。
幼い二人を迎えに行った公園でみた光景-。
壊れた水道管を何とかしようとしている息子と側で「新一がサッカーボールぶつけるから!」と泣きながら責めている蘭ちゃん。
(状況説明どうもありがとう、また新ちゃんがやんちゃしちゃったのね。蘭ちゃん、ごめんなさいね。)
さて水道局に電話しなきゃ、と思ったら制服姿の将来有望そうな男子学生たちの一人が電話してくれているようだ。
金網が邪魔で遠回りして駆けつけた時にはもう彼らはいなかった-。

あの時は別に何とも思わなかった光景だ。
7歳の蘭は事実を言っただけだし、新一が原因なのは確かだ。
ただ-。

「わ、わたし待ってたのに。新一が待ってろって言ってたから待ってたのに。」-蘭ちゃん、貴女自身の意思はないの?
「新一がロンドンで好きって言ったのに、心変わりするなんて。」-返事なかったら失恋したとみなして次の恋にいくわよ。
「何も言わなくても名探偵な新一なら私の気持ち分かってたはずなのに。」-だから返事しないでいい免罪符にはならないわよ。

有希子に言い募る理由も透けてみえる。
母親である自分に新一に言ってほしいのだ。叱ってほしいのだ。自分の元に戻るよう説得してほしいのだ。
(自分が返事しなかったことを棚に上げてよくも新ちゃんをこんなに悪役に出来るわね。)
一つ一つは事実だ。その点で蘭は嘘を言っていない。ただその背景に言ってないことがあるだけで。
無意識の故意、計算-というのが脳裏に浮かぶ。
好きな人や友人によく思われたくて誰しもやることだ。いつもよりお洒落したり、感じよく振舞ったりする。
ただ無意識にしていることと意識的にやっていることの領分がある。彼女のやっている事は意識的にやっているように見えるのに。
(蘭ちゃんは自覚的にやっていることすら、無意識だと思い込んでいる…?)
(シャロン貴女、彼女をエンジェルと呼んだわね。)
私は単純にいい子と捉えたけれど。
もう一度、有希子の脳裏に壊れた水道管を何とかしようとしている息子と側で「新一がサッカーボールぶつけるから!」と泣きながら責めている蘭が浮かぶ-。
(あれも考えようになっては泣いて新一を責めることで、私は悪くないです、ってアピールしているともとれるわ。)
何だかあの頃とやっていることが変わらない。
(精神的成長してない…?いやまさかね。)
穿ちすぎるかもしれない。考え過ぎかもしれない。
だが本当にどうしてかいいか分からないなら、オロオロするか、ただ泣くだけだろう。
何とかしたいなら保護者-あの時、1番近くにいた自分-に言いに来るか新一と一緒に水道管を押さえるだろう。
泣きながらでも事情説明しつつ、責めていることに幼女ながら女の計算を感じるのは同性だからか。
それとも彼女の本性が見えたからか。
身近な誰か相手に泣く、責めるで自分に不利なことは無意識に排除する。
それは-。
(それはエンジェルでいられるわ。)
自身の愚かさ、醜さから目を背けて他人に押し付けてしまえば、表面上は無垢な天使の出来上がり。
大女優二人がまんまと術中に嵌ったのは、彼女自身が全くの無意識だからだろう。
(少しでも自覚があるなら、演技が入っているならシャロンが、私が気づかないはずがない。)
おそらく蘭自身さえ気づいていないだろう。
(何かいい子でなきゃいけない イノセントでなきゃいけないって強い想いか思い込みがあるのかしら…?)
それは彼女自身でも気づかないほどの強迫観念のように思えてしまう。
まあそれを考えるのは有希子の仕事ではない。彼女の親である小五郎と英理の役目だ。
(心配しないわけではないけど、ここで私が心配したら、私が味方という勘違いがいつまでも修正されないものね。)
そう、今の有希子の仕事は蘭の希望を断ち切ること。

「そう。それで?」ひとしきり彼女の話を聞いた上で、放った声は思ったより低かった。
「ゆ、有希子さん。それで?って…。」そんなという悲劇的な顔をして悲しげに俯く。
英理や小五郎が側にいたら、取りなしたかもしれないがいない。工藤邸の居間で二人きり。こういうところに無意識の片鱗を感じる。
意識的にやっているなら、自分に有利な舞台を整えるのが定石だからだ。
(新ちゃんと志保ちゃんが、初詣から帰って来る前に決着をつけなくちゃ。)
周りに人がいないなら、返事をしなかったことや待っている間の態度がアレなことを指摘する時間も惜しい。
(どっちみち、小五郎ちゃんや園子ちゃんにも言われてるのに全然受け入れないって聞いているし。)
「新年の挨拶は終わったし、そろそろ帰って貰えるかしら?」
「し、新一は?」
「さっきも言ったわよね?出掛けていて帰宅いつになるか分からないって。」
帰るまで待たせてほしいと顔に書いてあるが、敢えて気付かない振りをする。
「蘭ちゃんも新年は家族水入らずで過ごしたらいいんじゃないかしら!あ、それとうちの鍵は返して頂戴。」
「え?でも。」
「新ちゃん、ちゃんと言ったわよね?夕飯作りに来るのも掃除しに来るのもいらないって。
なのにそれを理由に合鍵返して貰えないって嘆いていたから。」
笑顔に圧を加えて断れないように仕向ける。
渋々返した鍵を受け取りにっこりと微笑み、最後の通達をする-。
「蘭ちゃん、今までありがとう。幼馴染ってだけなのに新ちゃんの面倒をみてくれて。でもこれからは婚約者の志保ちゃんがしてくれるから、ただの幼馴染な蘭ちゃんがやる必要はないわ。」
華やかな笑顔で、縋る視線を諦めさせるよう誘導していく-。
(随分ひどい仕打ちをしていると思うかしらね?でも巡り廻っては蘭ちゃんの為なのよ。だって新ちゃんの心はもう志保ちゃんから動かないんだから、諦めさせるのも思いやり。)
絶望に染まった彼女の顔をみながらそう思う。
プロポーズ受けて貰えたとクリスマスイブに電話してきて今まで一等嬉しそうな息子の声が脳裏を過った。
同時に夫の優作がそろそろ堪忍袋の緒が切れかかっている様もひしひしと感じる。
待たせてしまった負い目がある息子の心情を重んじて待っていてくれているが、それもどこまでもつか-。
彼女が変わらなければ、社会的に潰しかねない。蘭が未成年である以上、毛利家もろとも対象になる可能性が高い。
だからこれは有希子から蘭への最後の情であると同時に最終警告だった。

(失恋を受け入れて、新ちゃんとの未来はないと分かってほしい。自分の中の嫉妬・醜さと向き合ってほしい。)
(多分それをしないでここまできちゃっているのね。)
そこを乗り越えて輝く力が蘭にあると信じているからこそ。
いずれにしても、無知なエンジェルのままではいられない-。
悄然とした彼女の背を見送り、そうして有希子は静かに扉を閉めた-。
玄関先で、最後に心から小さな声で呟く。
「蘭ちゃんにも素敵な恋人が出来ますように。」

*********************
後書 エルリア様のハロウィン ショート話に触発されて書いてみました(*´σー`)エヘヘ
け、結構厳しめに(今更感💦)エルリア様のおかげ様で本作品が出来ました。感謝申し上げます。

せっかくの有希子の通告ですが、蘭は受け入れられず、『自らの蔦と棘で絡め取られて』で新志結婚式直撃、被害はなかったものの遂に優作氏を激怒させ、『呪いが解けたその時には~後編~』のシーンへと相成ります。

此処までお読みに頂き、ありがとうございました。
楽しんで頂けたら嬉しいです。
感想コメントや拍手頂けたらもっと嬉しいですヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

エンジェル

海外の宗教画の天使を見ると、大体二種類に分かれてるんですよね。
大人の女性と小さな子ども。
その意味するところはこの際置いといて、どう考えても蘭は子どもの方ですね。

冒頭のあのシーン…私はあれ、本当にムカついたんです。
何もしていない、だけならまだしも「自分は何もしてません。悪いのは彼だけです」なんて、態々主張するか?
いえ、ストーリー的に説明する必要があったとしても、それは新一が警察学校組に自分でするでも良かった筈。
あの場に来たのが彼らだったからああいう対応してくれたけど、来た人によっては厳しく𠮟る…だけならいいけど理不尽に怒鳴る人だっているでしょう。
新一を助けもせずに、でも自分の事はちゃっかり安全圏に置くズルさ。
7歳の子どもなら仕方ない?
でもこれが蘭の素の行動なら、友達になりたくない人種。

そして10年経っても変わらない行動…。
有希子の突込みが一々尤も。
受け身にも程がある。
新一が「待っててくれ」と言ったから?じゃぁ、言われなかったら待ってなかったって事?と反論されたらどう答えるんだろうねぇ?
凄いね、この言った側の罪悪感を煽る言い方。
心変わりされた原因が自分にあると、全く思いもしない―――蘭がさっさと返事してきちんと恋人になっていたのに心変わりしたのなら、新一が責められてもおかしくはないけれど…実際は……。
何も言わなくても?
新一が言ってた事は覚えてないんだね?無理だって言ってたでしょ?新一はテレパシストじゃないんだよ。

これ、この後占いジプシーやってた時も同じ事するんですけど、どうして全くの第三者で事情を知らない相手と、有希子に対して同じ事するのか解らない。
有希子が元々蘭贔屓だからこそ、新一が蘭から心が離れた事、その理由をちゃんと説明してる、とは考えられない所が蘭の限界。
新一からは話さなくても、絶対有希子は説明を求めるだろうし。
それでなくても、自分の息子を貶されていい気分になる母親が(普通は)いる筈もなかろうに。
きっと「新一が私に不利になる事をする筈ない」と、それこそ無意識に思ってるんでしょう。
―――(何かいい子でいなきゃ~)それはもう、英理のせいでしょう。それ以外にはありません(キッパリ)

そうして有希子がとった行動は、蘭の期待とは正反対のもの。
そりゃ、そうですわ。
どんなに蘭を可愛がっていようとも、我が子を優先させるは当然。しかも新一の志保への想いが「子どもの淡い初恋、拗らせ思い込み」ではなく真剣なものだと解れば、尚の事。
ていうか…母親に言われたから女を乗り換えるような男で、本当にいいのか?
ああ、いいのか。
蘭が欲しいのは「工藤新一」じゃなく、自分に都合のいい、他人に自慢できるハイスぺでイケメンでお金持ちの下僕だもんね。その条件さえ合えば誰でもいいんだもんね。
「自分に都合のいい」「下僕」を除けば、後の順一さんもぴったり合致。彼が洗脳されるような子どもでなく、既に自立した大人で良かった。

そうして最後の頼みの綱だった有希子に拒絶された蘭は…有希子の思いやりも虚しくああいう行動を取って優作、更に降谷さんの手によって一家もろともフルボッコされてしまう、と。
自業自得だけど!
他人の忠告も思いやりも全て無視して、自分の思うがままに行動した結果。受け身なくせして変な行動力だけはあるからなぁ。
そのせいで、長い長い混迷の人生を送る羽目になるんですが…最後の最後にはそれなりの落ち着いた生活を送れるようにはなります。
有希子が信じた「輝く力」は…正直「う~ん?」という感じですが。
英理譲りの悪癖を蘭は克服出来るのか?
確か本編ラスト(園子との再会時)では36,7位だったから、それが出来ればまだチャンスはある。筈。
エンジェルではなく、生身の普通の女として。

それでは失礼します。







鋭い!

エルリア様

こんばんは。
いつも力作の感想文ありがとうございますヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

確かに、海外の宗教画の天使って女性か子供ですね(((uдu*)ゥンゥン
ええ、蘭は子どもの方ですね。
しかも子供ゆえの無知な残虐さ…例えるなら笑いながら蝶の羽根をもぐような…。


<あの場に来たのが彼らだったからああいう対応してくれたけど、
<来た人によっては厳しく𠮟る…だけならいいけど理不尽に怒鳴る人だっているでしょう。
<新一を助けもせずに、でも自分の事はちゃっかり安全圏に置くズルさ。
ああ!言われてみるど、その通りですね。
エルリア様の鋭い指摘にいつも感心しております。


続く蘭への突っ込みがもう首肯するしかない有様(笑)
<凄いね、この言った側の罪悪感を煽る言い方。
<心変わりされた原因が自分にあると、全く思いもしない
特にこの2行が(゚д゚)(。_。)ウンです。

<―――(何かいい子でいなきゃ~)それはもう、英理のせいでしょう。
<それ以外にはありません(キッパリ)
あ、やっぱり気が付かれました?(笑)
私はそれプラス小五郎がだらしないのもあるのかなって思い始めてます。
というのは家族の役割というのがあって、どちらがダラしないと片方はしっかりしなきゃってなるかなって。
実話なんですけど妻を亡くした夫ががっくりしつつも、意外に家事出来ているという…。
傍から見たら何も出来ないように見えたのがそれはただの家族の役割なだけだった という。この理論で行くと小五郎もやれば意外に出来る派に思えてきます。
だって7歳時に急に家事出来ないでしょうから、蘭がやれるようになるまでは小五郎さんがやってたんじゃないですかね??


<ていうか…母親に言われたから女を乗り換えるような男で、本当にいいのか?
そこまで頭回っていないんでしょうね。自分の味方になってくれるならいいんじゃないでしょうか。

<蘭が欲しいのは「工藤新一」じゃなく、自分に都合のいい、他人に自慢できるハイスぺでイケメンでお金持ちの下僕だもんね。
うわあ ずばっと切り込みましたね エルリア様www

<受け身なくせして変な行動力だけはあるからなぁ。
(゚д゚)(。_。)ウン(゚д゚)(。_。)ウン 本当にそれな のスタンプ押したいです(⌒▽⌒)アハハ!


英理譲りの悪癖を蘭は克服出来るんでしょうかね??(おい作者)
そういう欠点があると自覚したので、少しずつ何とか克服していくでしょうが、結婚にまで至れるか微妙。
その際は勿論エンジェルではなく、普通の女性として でしょうね。
エルリア様 書いてみませんか?(悪魔の微笑み)

それではまた

雪月花桜より(*´▽`*)




管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

アップしたいです~

エルリア様

こんにちは。
久しぶりの小説 楽しく読ませていただきました~。
ありがとうございます。

是非にアップさせて頂けないでしょうか?
題名はもちろんエルリア様にお任せ致します。
私なら…エンジェルからの卒業 とかでしょうか。

それではとりあえず御礼まで

エルリア様 感想です。 

エルリア様

こんにちは。
頂いた小説の感想です(´∀`*)ウフフ


<「君は甘える事と相手を貶す事を同一に考えてでもいるのか」
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! ずばっと言いますね。

そして続く内情。
まあこれはどっちもどっちですね。
交際初期から中期にかけてのお互いを様子見している時期 みたいな感じします。クリスマスに一人でいたくないからっていうのも薄っすら見えます。


<新一がどれだけ蘭を愛し、大切にしていてくれたかという証拠
やっと気づけたんですね。
それでも今までの悪癖は中々治らずというとこで「人間ってそうだよね。自覚しても悪い癖とか習慣って中々抜けないし(実体験)」(((uдu*)ゥンゥン

でもそうやって足搔いている方が実物大の女性って感じで好きです。
原作の無理やりなあげ エンジェル扱いは本当に矛盾が出てしまっていますので…

このまま頑張って四苦八苦して何とかお相手をと思う程度には応援しちゃいますね。

蘭がバレンタインに小五郎へチョコを送った年の年末…時間軸は合ってますが、蘭ちゃん新しい彼氏出来るの早いな(褒めてます)
これはアレかな 恋人は途切れず出来るけど、結婚にまでいかない女性パターン。
最初は順調だけど…ってやつですね。

それではまた

どうぞお願いします

私にしては珍しく、そこまで蘭に厳しくないお話。
流石にここで拗らせる事はもうないでしょうし。

タイトルは…そうですね…「卒業」というより「脱却」でしょうか。

今回の彼はマッチングアプリで知り合った人、という裏設定。だからお互い恋人、結婚相手を求めている前提で会ったのです。
告白し合った上での関係ではないので、様子見は正解です。ただ蘭の方が早く様子見から次の段階に行っちゃった、と。

蘭は第一印象は頗るいいタイプなので、出会いには苦労しないと思います。
それが続くかどうかは別問題。
少しずつでも矯正して行ければ何時かは…という感じでしょうか。

それでは失礼します。

ありがとうございます。エンジェルからの脱却で掲載させていただきます。

エルリア様

こんにちは。
仕事で大阪行ってとんぼ帰りしたばかりの雪月花桜です。
せめてちょっとでいいから観光したかったです(´;ω;`)ウゥゥ
掲載許可ありがとうございます。
それでは「エンジェルからの脱却」で今月中にupさせていただきますね!
感謝申し上げます。

そうですね。優しくはないですが、厳しくもないリアルなお話といったところでしょうか。
マッチングアプリで知り合った人…なるほど~だから様子見 だったんですね 納得。

蘭は第一印象は良いタイプなので、確かにマッチング成功率は高そう。
長続きするかは 結婚できるかは これからですね。


それではまた
プロフィール
ご訪問ありがとうございます(≧▽≦) 名古屋OLが歴史・節約・日頃・二次小説のことを書き綴っています。 コメント大歓迎★ ですが、宣伝や本文に何も関係ないもの もしくは激しく不愉快、コピペ等、そういった類は、私の判断により 誠に勝手ながら削除の方向です。楽しく語りたいです♪ 二次創作小説もありますが、このサイトは個人作成のものであり、原作者・出版社とは一切関係がありません。私なりの解釈を加えた二次小説もございますので自己責任でご覧になって下さい。

雪月花桜

Author:雪月花桜
タイトル通り名古屋OLがブログしてます。
歴史を元にした小説なんかも大好きでそれらについても語ったり、一次小説なんかも書いてますす。好きな漫画(コナンやCLAMP etc)&小説(彩雲国物語)の二次小説をupしておりますし、OLなりの節約・日々の徒然をHappyに語っています。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
シンプルアーカイブ
フリーエリア
参考になるサイトさんがあります どうぞww↓
節約・貯蓄ランキング にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(一人暮らし)へ
にほんブログ村 参加してます(*´▽`*) にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
検索フォーム
リンク
当サイトはリンクフリーです。 リンクして頂けたら喜んで伺いますw
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる