「伴華楼(バンガロウ)」1F  揚揮荘②

2012.03.26 09:07|歴史
揚揮荘(表札は「揚荘」と書かれています)は、日泰寺から姫ヶ池通に至る覚王山の東斜面一帯約1万坪にあった松坂屋の初代社長伊藤次郎左衛門祐民氏の別邸。
別邸とは言っても、戦前からテニスコートや弓道場や野外ステージ等様々な建物があり、また当時良いホテルがなかった名古屋での迎賓館、社交場として、また、アジアの留学生の寄宿生活を送る国際的なコミュニティとしての役割をはたしてきました。
空襲やマンション開発を経て、現在残っているのは、分断された2箇所の敷地3千坪ほどと数棟の建物のみ。
その中で北園の代表的建物「伴華楼(バンガロウ)」があります。

1階の洋風建築の上に尾張徳川家から移築された2階の和室が乗っかった造りになっています。
松坂屋暖簾#8207;
松坂屋暖簾や昔の資料が展示。

洋間中からの眺め#8207;中からの眺め#8207;2アールデコ#8207;
本来はここを玄関と使っていたそう。銅像の奥が今で言うクラーク。

外から眺めるとこう。
五色玉#8207;
五色玉(丸いカラフルな石)がお洒落www

奥に洋間があり暖炉もあります。
1階洋間#8207;

次は2Fへ

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

30代OLが歴史・節約・日頃・二次小説のことを書き綴っています。 コメント大歓迎★ ですが、宣伝や本文に何も関係ないもの もしくは激しく不愉快、コピペ等、そういった類は、私の判断により 誠に勝手ながら削除の方向です。楽しく語りたいです♪ 二次創作小説もありますが、このサイトは個人作成のものであり、原作者・出版社とは一切関係がありません。私なりの解釈を加えた二次小説もございますので自己責任でご覧になって下さい。

雪月花桜

Author:雪月花桜
タイトル通り歴史大好きな女がブログしてます。
歴史を元にした小説なんかも大好きでそれらについても語ったり、短編なんか書いてみたいです。
現在それ以外でも二次小説をupしておりますし、OLなりの節約・日々の徒然を語っています。

カテゴリ

最新記事

FC2カウンター

最新コメント

シンプルアーカイブ

検索フォーム

リンク

当サイトはリンクフリーです。 リンクして頂けたら喜んで伺いますw

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる