fc2ブログ

黒牢城 米澤穂信著






<あらすじ>
本能寺の変より四年前、天正六年の冬。織田信長に叛旗を翻して有岡城に立て籠った荒木村重は、城内で起きる難事件に翻弄される。動揺する人心を落ち着かせるため、村重は、土牢の囚人にして織田方の軍師・黒田官兵衛に謎を解くよう求めた。
事件の裏には何が潜むのか。
戦と推理の果てに村重は、官兵衛は何を企む。
デビュー20周年の到達点。『満願』『王とサーカス』の著者が挑む戦国×ミステリの新王道。


以下ネタバレありの感想です。
ネタバレNGの方はリターン下さい。
よろしいですね???


それではどうぞ(*´▽`*)





<感想>
戦国時代のミステリー小説!
こういう手法もあるのかと目から鱗が落ちる気分でした。Σ(・ω・ノ)ノ!
織田信長に離反して毛利に付き、城に籠城して挟み撃ちで倒すために毛利の援軍を待ってる荒木村重が主人公である。
援軍が来ない中、見えない矢で殺害された人質・討ち取ったのに特定できない敵将の首級・密書を託した僧の殺人…不可解な事がおき、使者にやってきて捕まえて牢獄に入れている黒田官兵衛の知恵を借りながら解いて行くが実は…という感じ。


最後…犯人さえ捕まえれば問題ごとは収まると思っていたが・・・実は謀反人などいないという結末にぞわっとした。
不可解な出来事は室の千代保がやったことだが、それは当時の宗教観に是非を投げかけるものであって夫を裏切るものではなかった。そして官兵衛の策略”荒木村重の名を地に落とす”が成る-。
しかしその動機だった我が子の敵討ち(官兵衛が戻らなかったため、人質の嫡男が殺された)がまさかの半兵衛が匿っていたという結末 史実では知ってはいたものの官兵衛視点で読むと泣ける(´;ω;`)ウッ…
戦国という時代の悪因悪果・善因善果の両方がトランプの表裏のように感じる。
これ、映画化とかしたら凄いいいんじゃないかな。牢での武将二人の対峙中の静けさと籠城中の城の中での騒がしさを交互に繰り返して -静と動- でメリハリ付けたら見応えありそう。
 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
ご訪問ありがとうございます(≧▽≦) 名古屋OLが歴史・節約・日頃・二次小説のことを書き綴っています。 コメント大歓迎★ ですが、宣伝や本文に何も関係ないもの もしくは激しく不愉快、コピペ等、そういった類は、私の判断により 誠に勝手ながら削除の方向です。楽しく語りたいです♪ 二次創作小説もありますが、このサイトは個人作成のものであり、原作者・出版社とは一切関係がありません。私なりの解釈を加えた二次小説もございますので自己責任でご覧になって下さい。

雪月花桜

Author:雪月花桜
タイトル通り名古屋OLがブログしてます。
歴史を元にした小説なんかも大好きでそれらについても語ったり、一次小説なんかも書いてますす。好きな漫画(コナンやCLAMP etc)&小説(彩雲国物語)の二次小説をupしておりますし、OLなりの節約・日々の徒然をHappyに語っています。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
シンプルアーカイブ
フリーエリア
参考になるサイトさんがあります どうぞww↓
節約・貯蓄ランキング にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(一人暮らし)へ
にほんブログ村 参加してます(*´▽`*) にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
検索フォーム
リンク
当サイトはリンクフリーです。 リンクして頂けたら喜んで伺いますw
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる