徳川美術館 雛祭り‏

2015.03.03 09:00|歴史
本日、雛祭りなので、先月行った徳川美術館 毎年恒例のひな祭りを記事にします。
尾張藩の大名夫人や姫君の持ち物が一杯で見応えあり、毎年人気なんだとか。
去年と同じのもあったけど、雛人形の道具まできちんとあってやっぱり感心してしまいます。
源氏物語の展示もやってて、写本もあって興味深く見させて頂きました~。
特に柳亭種彦著作の「偐紫田舎源氏』(にせむらさきいなかげんじ)」は、現物の挿絵が面白かった~(^^♪
これは、紫式部の『源氏物語』を下敷きにして、時代を平安時代から室町時代へ移している作品です。
あらすじは・・将軍足利義政の妾腹の子・光氏が、将軍位を狙う山名宗全を抑えるため、光源氏的な好色遍歴を装いながら、宗全が盗み隠していた足利氏の重宝類を次第に取り戻す一方、須磨・明石に流寓して西国の山名勢を牽制し、宗全一味をはかりごとで滅ぼした後、京都に戻り、将軍後見役となって栄華を極める。、というもの(笑)


後、特別公開で御殿雛飾りがありましたw
これは紫宸殿がモデルっぽい雛飾りで、建物が立派x2.お屋敷に似合いそうな平安時代を彷彿とさせます。

いけないx2 桃の節句ですのに(爆
撮影できた雛段で最後を飾ります(^^)/
徳川美術館 雛祭り‏
やっぱり華やかでいいですね~我が家にも昔8段のこういうのありました。
でも保管場所いるしで、お雛様とお内裏様以外処分(人形供養に出したとか)してしまいましたから、懐かしいです。

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

30代OLが歴史・節約・日頃・二次小説のことを書き綴っています。 コメント大歓迎★ ですが、宣伝や本文に何も関係ないもの もしくは激しく不愉快、コピペ等、そういった類は、私の判断により 誠に勝手ながら削除の方向です。楽しく語りたいです♪ 二次創作小説もありますが、このサイトは個人作成のものであり、原作者・出版社とは一切関係がありません。私なりの解釈を加えた二次小説もございますので自己責任でご覧になって下さい。

雪月花桜

Author:雪月花桜
タイトル通り歴史大好きな女がブログしてます。
歴史を元にした小説なんかも大好きでそれらについても語ったり、短編なんか書いてみたいです。
現在それ以外でも二次小説をupしておりますし、OLなりの節約・日々の徒然を語っています。

カテゴリ

最新記事

FC2カウンター

最新コメント

シンプルアーカイブ

検索フォーム

リンク

当サイトはリンクフリーです。 リンクして頂けたら喜んで伺いますw