fc2ブログ

一滴の水 志保編⑥

「お姉ちゃんは大丈夫だから、志保は自分の事だけ考えてね。」
笑顔でそう言う姉こそを守りたくて、少女が研究を続けた日々があった。
姉が自分の為に、自身以外にも大切な人を作らせようとしていたのを知っていたけれど
物心つく前に両親が他界した為、少女にとって姉だけが唯一の家族で大事な人だった。

『Ladies&Gentlemen!It’s show time!!』
その言葉と煙幕と共に合同結婚式が始まった。
最初に博士とフサエの結婚式、次に自分達の番だった。
新郎姿の阿笠博士が新婦姿の志保と腕を組み、これまた新郎姿の新一の元に誘うという、傍から見たら不可思議な光景が展開されていた。
既に新婦の父親の如く、涙でうるうるしている博士である。
(ちょっと早過ぎやしないかしら?)
「新一、志保君を頼んだぞ。」
「ああ、博士。」
神妙なそれでいて自信に満ちた彼はいつもより数段カッコイイと思うのは惚れた欲目だろうか?
式は滞りなく進み、神父の言葉が紡がれる。
*****************************************
汝【工藤新一】は、この女【宮野志保】を妻とし
良き時も悪き時も、富める時も貧しき時も、
病める時も健やかなる時も、共に歩み、
他の者に依らず、死が二人を分かつまで、
愛を誓い、妻を想い、妻のみに添うことを、
神聖なる婚姻の契約のもとに、誓いますか?
*****************************************
「誓います。」
こっそり横目で見た、静かに告げる彼の横顔が凛としていて見惚れる。
”自分の運命から逃げるんじゃねーぞ”
爆破数秒前のバスから命掛けで助けてくれた。
”心配すんな!やばくなったら俺が何とかしてやっからよ。”
本当に組織を何とかしてしまった彼。
今までの彼の言動が鮮やかに蘇る。
ああ、なんて愛おしいのだろう。
(きっと私は世界一幸せな女だわ。)
同じ誓いの言葉が花嫁にも向けられ、迷う事なく首肯する。
この男性とずっとずっと一緒にいたい。
”「死が二人を分かつまで”
―いいえ 例え死が訪れようとも、私はずっと貴方に恋をし続ける―。


「おめでとう。志保お姉さん!!綺麗~!!」
「おめでとうございます。宮野のお姉さん。お綺麗です!」
「おめでとーっ!宮野のねーちゃん。」
「ちょっと元太君。食べながらお祝い言わないで下さいよ。失礼ですよ。」
「いいじゃねーかよ。このサンドイッチ、スゲー旨いんだぞ。光彦も食えよ。もぐもぐ。」
「元太君~。こんなに綺麗な花嫁さんの前でそれないんじゃない?」
歩美が元太を呆れた目で見てから、キラキラした憧れの眼差しでまた志保を見上げる。
(変わらないわね、この子達。)
挙式後のガーデンパーティで少年探偵団と志保はにこやかに談笑していた。
「ちなみにこの後、展望レストランで食事あるから、それ以上食べるとはいらなくなるわよ?」
(とりあえずには小嶋君には、この後の予定を伝えておいてあげよう。)
「あっ!しまった・・!!やべー食べらんなかったら、どうしよう。」
「心配ないと思うよ。」「心配要りませんよ。」
ほぼ同時の歩美と光彦の突っ込みに志保は思わず噴き出してしまった。
(ふふ幸せね。そうだ・・!忘れない内に。)
「歩美ちゃん。これ、どうぞ。」
年上の女性らしく、歩美をちゃん付けし、ブーケを差し出す。
(同じ男性を愛した私の親友へ)
江戸川コナンは、歩美の初恋の人は、もう二度現れないし、真実も告げられない。
その事を思うと罪悪感が襲うし、心が締め付けられる。
それでも、大事な事を教えてくれた親友へできる限りの感謝を示したい。
”逃げたくない。逃げてばっかじゃ勝てないもん、ぜーったい!”
(ありがとう、吉田さん。)
心の中でのみ、今だけと言い聞かせながら灰原哀になる。
「ええ!!あの、あのもらっていいんですか?」
「もちろんよ。どうぞ。」
「あ、ありがとうございます!!うわあ綺麗!!」ぱああと顔を輝かせる歩美。
「次は歩美ちゃんの番ですね!」
「何だそれ?」
「花嫁のブーケもらった女性が次の花嫁って云われてるんですよ。」
「へえ~。」
子供たちの様子を微笑ましく眺めながら、志保の思考はもう一人の女性に向っていた。
(蘭さん・・。もう一人の同じ男性を愛したお姉ちゃんに似た人。)
天然な夫は気付いていないが、志保はホテルで会った時に、彼女の心がまだ新一にあると気付いてしまった。
(バレンタインの時は半信半疑だったけどね。)
待ち切れず作った彼氏はどうとか経緯はよく分からない。
けれどあれは恋する女性の眼だった。
それでも、と思う。
(それでも新一が選んだのは、選んでくれたのは私。蘭さん、ごめんなさいね。私譲れないわ。だって彼を愛しているもの。)
今まで色んな事を諦めてきた、かつての彼女だったら、優しい命の恩人に譲っていたかもしれない。
かつて震えながら身をもって、哀を庇ってくれた女性。
でももう彼の側にいる心地良さ、抱かれる安心感を知ってしまった。
新一の存在は志保にとって、空気や水のように必要不可欠なものだ。
「志保!」「志保君~!」「志保さん!」友人らに囲まれた夫と父とも慕う博士とフサエが笑顔で手招きしている。
背後に見える銀杏並木の金色のせいだろうか、やけに眩しく感じる。
(お姉ちゃん、私幸せよ。)志保は飛び切りの笑顔で、3人に腕を振った。

「お姉ちゃんは大丈夫だから、志保は自分の事だけ考えてね。」
笑顔でそう言う姉こそを守りたくて、少女が研究を続けた日々があった。
その姉が自分を助ける為に死んだ時、彼女の世界は灰色になった。
姉を看取った少年を責めながら泣いたけれど、その少年こそが少女を助けてくれた
彼が掛け替えのない男性になった時、世界に色が戻った。
否、より色鮮やかな世界が、其処にはあった。
少年だけではなく、周りの人たちも自分にとって大事な人達になった事に気付いた時、自身以外にも大切な人を作らせようとしていた姉の想いを知る。
(自分を愛してくれる、信用してくれる人がいる。それがこんなにも幸福なものなのね、お姉ちゃん。)
***************************************************
後書 歩美ちゃん⇒蘭ちゃん⇒明美さんと結婚式で思いを馳せる志保さんです。
ブーケを歩美ちゃんに渡す志保さんが書けて満足です(^◇^)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

志保編で

志保編で結婚式の様子が多少わかりました。元太は変わらないですね。歩美ちゃんはコナンがいなくなった分、そして初恋が叶わなかった分新しい恋をして幸せになって欲しいと志保はやはり思うのでしょうね。

銀杏並木の金色

あおい様

こんにちは!一番のりな志保さんへの祝福ありがとうございます!(^0_0^)
あおい様も幸せになって頂き何よりです☆ その言葉で私も幸せwww
そうですね~次はブーケをもらった歩美ちゃんの番ですね!
お相手は光彦君か元太君か、はたまたコナン似の誰かだったりして(^-^)

<銀杏並木の金色・・・なんてロマンチックな響き!
<まあ、阿笠博士とフサエさんの素敵な思い出ですもの・・・
ね~私もそんな素敵なお庭でパーティしたいです(●^o^●)

いつもありがとうございます(*^^)v

結婚式のほんの一幕

イン様

こんにちは。感想コメントありがとうございます!
そうですね、これは結婚式のほんの一幕です。
新一は高校・大学の友人にもみくちゃにされてますし(笑
ええ、元太は通常運転です 書きやすい!(爆
<歩美ちゃんはコナンがいなくなった分、そして初恋が叶わなかった分新しい恋をして幸せになって欲しいと志保はやはり思うのでしょうね。
そうですね。コナンが先にいなくなった時の歩美ちゃんの落ち込み振りを身近で見ていた哀(志保さん)は
もう二度と一緒に少年探偵団は出来ずとも、彼女の幸せを心から祈っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

志保さんの幸せ

万里様

こんにちは!
志保さんの幸せが伝わって何よりです☆祝福ありがとうございます( ^-^)ノ
<幸せの絶頂の志保さんと、すぐ近くでドン底の蘭ちゃん。この光と影は本当に見事としか。
<「じゃあな、蘭。幸せにな。俺も志保と幸せになる。」と言い今回の志保さんと言い、
<新志カップルにとって蘭ちゃんが綺麗な思い出にされてるのが実物とのギャップ凄くてすごく面白いです(笑)
<まあ蘭ちゃん的にも「最悪のストーカー女」として記憶されるよりも「優しい幼馴染み」と思われたままで良かったのでは?( ・∇・)
対比大好きな物書きです♪

<志保さんと歩美ちゃんのやり取りが超可愛くて微笑ましいです(*^^*)
<子供達も志保さんと新一君カップルになついてくれていて良かった。蘭ちゃんが見たらまたショック受けそうです
<(新一お兄さんの彼女の座を奪われた&自分は知らされもしないのに子供達は招待されている)。本人それどころじゃなくて良かったね☆
可愛いですか。良かった~★
ええ、蘭ちゃんが彼氏といるとこ見てたし、いつかのレスで書いた通り新一は組織倒した頼れるお兄さん
&志保さんは命の恩人なお姉さんなので博士宅で知り合いめちゃ懐いてます(^-^)

結婚小話、突っ込みが的確過ぎました?(爆
<突っ込み入れてほしいところを分かって下さって嬉しいです(*^^*)
それはX2 結局ツボが一緒ですね。あの小話皆様からの反応も多くて楽しいですよ。
是非感想コメント続き(下)を覗いて見て下さいまし(笑

<蘭ちゃんが彼氏を作ってしまった経緯について、
<>>ちょっと苦しいというのは、新一一筋な彼女が他の男にいくかってトコですね。
<>>でも付き合ってくれた恩義と淋しさに耐えきれず的な恋愛脳で、何とかリアルっぽいかな、どうでしょう☆
<確かに蘭ちゃんが新一君以外と付き合うというのは意外でしたが、私は自然な展開だと思いましたよ。むしろこんな説得力ある展開考えられてすごいです(*゜Q゜*)。
<蘭ちゃんは他人には過剰に良い顔してしまう、嫌われたくないという強迫観念すらありそうで、
<他人の好意をはねのけるのは苦手。そして酷く寂しがり。更に身内には過剰に甘ったれなので、
<「デートしてくれない新一への当て付け」+「新一なら私の気持ちを分かってくれるはず」とか超理論展開して、件の行動に走りそう。
<八方美人で内弁慶でその場の情に流されやすい、他人に優しく身内に我が儘な彼女らしい失敗だと思いました。
<蘭ちゃんはきっと、少女漫画みたく新一君が瀬川君から自分を奪い返してくれる展開を無意識に期待してたんだろうなあ。
<まったく夢見る乙女なんだから(もちろん褒めてません)
やっぱりそう思われます!?無意識の計算ですが、そういうのもちらと思いました。
彼女ならやりそうだな、と。でも聞くと「そんな事考えてないもん」とか言うんですよ、きっと(ヤレヤレ)
説得力ある展開+走りそうな行動と言われ、ほっと一安心!いつも感想、感謝しております。

そろそろ終わりが近づいておりますが、お楽しみ下さいませ♪
番外編もございますので(●^o^●)

幸せ☆

新一君、志保ちゃん結婚おめでとうございます!

花嫁の幸せが伝わってくるような感じで、なんだかこっちまで嬉しくなりますね。


しかも、歩美にブーケを渡すシーンがまた可愛らしい。

今だけは灰原哀としてお礼を言うなんて・・・☆

蘭ちゃんに対してもやっと劣等感も取れて、向き合えたし。

ほんとに幸せになれてよかったです!


私の小説の志保ちゃんも幸せになれたし、なんだかWで嬉しいです!!


以上、コメントでした!





W HAPPY

咲様

こんばんは!
新一君、志保ちゃんへの祝辞ありがとうございます!
花嫁の幸せが伝わってくるような感じですか、良かった~☆彡
嬉しくなって頂けて何よりです。
<しかも、歩美にブーケを渡すシーンがまた可愛らしい。
<今だけは灰原哀としてお礼を言うなんて・・・☆
イラストにしたら背後に哀ちゃんがいますね(^_-)-☆

<蘭ちゃんに対してもやっと劣等感も取れて、向き合えたし。
ええ、徐々に幸せになれて劣等感はなくなりました。
そして新一君の事も「譲れない」大事な人になりました(ここが書きたかった・・!!)

本当に咲様の小説の志保ちゃんも幸せになれたしで、W HAPPYですね、確かに☆彡
コメントありがとうございました!

プロフィール
ご訪問ありがとうございます(≧▽≦) 名古屋OLが歴史・節約・日頃・二次小説のことを書き綴っています。 コメント大歓迎★ ですが、宣伝や本文に何も関係ないもの もしくは激しく不愉快、コピペ等、そういった類は、私の判断により 誠に勝手ながら削除の方向です。楽しく語りたいです♪ 二次創作小説もありますが、このサイトは個人作成のものであり、原作者・出版社とは一切関係がありません。私なりの解釈を加えた二次小説もございますので自己責任でご覧になって下さい。

雪月花桜

Author:雪月花桜
タイトル通り名古屋OLがブログしてます。
歴史を元にした小説なんかも大好きでそれらについても語ったり、一次小説なんかも書いてますす。好きな漫画(コナンやCLAMP etc)&小説(彩雲国物語)の二次小説をupしておりますし、OLなりの節約・日々の徒然をHappyに語っています。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
シンプルアーカイブ
フリーエリア
参考になるサイトさんがあります どうぞww↓
節約・貯蓄ランキング にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(一人暮らし)へ
にほんブログ村 参加してます(*´▽`*) にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
検索フォーム
リンク
当サイトはリンクフリーです。 リンクして頂けたら喜んで伺いますw
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる