新春ミステリーツアー ⑦真田邸

2018.01.25 18:38|歴史
昨日 夕方より雪が降り、今朝はへっぴり腰でのろのろ通勤しました(;^ω^)安全第一☆彡
明日も、なのだろうか💦


松代城跡から少し歩いたところにある真田邸です。
これは、1862年(文久2年)、文久の改革の一環で参勤交代制度の緩和にともなって、妻子の帰国が許されたことから、松代城外に住まいとした屋敷です。
9代藩主:真田幸教が義母:貞松院の為に建て、「新御殿」とするよう命じました。
その後は真田幸教の隠居所、明治期以降は真田家の私邸として利用された。
敷地には、蔵、長屋、門、番所、庭園などが完存している。


式台付玄関。
輿のまま出入りしやすくなっているんだとかw
真田邸 1

ドラマに出て来そうな長ーい廊下。
真田邸 2

部屋の機能(格式)によって襖の絵柄が違う。

真田邸 3

絵になる庭園。
真田邸 4

蔵が幾つもある。見取り図見ると何と7つも(゚Д゚;)
真田邸 5

新春ミステリーツアー ⑥松代城跡

2018.01.23 18:31|歴史
松代城(まつしろじょう)は、長野県長野市松代町松代にある日本の城跡。
元々は海津城(かいづじょう)と呼ばれていた。ご存知、真田家のお城として有名~ww
真田の大河ドラマの為に修復し、オープニングの際に3秒(笑)写ったとか、地元ガイドの方にお話を伺う。
こういう零れ話的なの好き(*^▽^*)

松代城跡


松代城跡2

新春ミステリーツアー ⑤八角三重塔

2018.01.21 18:17|歴史
安楽寺の中に国宝に指定された八角三重塔があり、観て来ました~。拝観料300円なり☆彡
鎌倉時代末期 1920年代には建立された、日本最古の禅宗建築です。

国宝 八角三重塔

国宝 八角三重塔2

説明書き 四重塔に見えるが、初重は裳階(ひさし 又は霧よけの類)との事。
国宝 八角三重塔3

新春ミステリーツアー ④安楽寺

2018.01.20 18:13|歴史
更に自由時間があったので、北向観音より15分弱歩いて、曹洞宗 安楽寺にも行ってきました。

曹洞宗 安楽寺 1

曹洞宗 安楽寺 2

安楽寺開山と二世の和尚像もありました~。
安楽寺開山と二世の和尚像1

安楽寺開山と二世の和尚像2

新春ミステリーツアー ③北向観音

2018.01.19 18:21|歴史
お次は、信州の鎌倉と呼ばれる(知りませんでした(゚Д゚;))別所温泉です。

北向観音
北向観音

北向観音という名称は堂が北向きに建つことに由来。
記事にする為、少し調べたら・・・「北斗七星が世界の依怙(よりどころ)となるように我も又一切衆生のために常に依怙となって済度をなさん」という観音の誓願によるものと言われているんだとか。
また、善光寺が来世の利益、北向観音が現世の利益をもたらすということで善光寺のみの参拝では「片参り」になってしまうと言われる。(・_・D フムフム


天気に恵まれたので、北向観音からの眺めが最高°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°
北向観音からの眺め

愛染堂もありました。
愛染堂
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

30代OLが歴史・節約・日頃・二次小説のことを書き綴っています。 コメント大歓迎★ ですが、宣伝や本文に何も関係ないもの もしくは激しく不愉快、コピペ等、そういった類は、私の判断により 誠に勝手ながら削除の方向です。楽しく語りたいです♪ 二次創作小説もありますが、このサイトは個人作成のものであり、原作者・出版社とは一切関係がありません。私なりの解釈を加えた二次小説もございますので自己責任でご覧になって下さい。

雪月花桜

Author:雪月花桜
タイトル通り歴史大好きな女がブログしてます。
歴史を元にした小説なんかも大好きでそれらについても語ったり、短編なんか書いてみたいです。
現在それ以外でも二次小説をupしておりますし、OLなりの節約・日々の徒然を語っています。

カテゴリ

最新記事

FC2カウンター

最新コメント

シンプルアーカイブ

検索フォーム

リンク

当サイトはリンクフリーです。 リンクして頂けたら喜んで伺いますw

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる